教えてウォッチャー

「教えてウォッチャー」について

  • 教えて!ウォッチャー [おばあちゃんと呼ばないで]

    おばあちゃんと呼ばないで 筆者が子どもの頃は、どの家でも祖父母を「おじいちゃん(さん)」「おばあちゃん(さん)」と呼んでいましたが、団塊以下の世代では孫にそう呼ばせたがらない人が増えているようです。団塊の世代といえば、北野武さん、高田純次さん、平野レミさんとい

  • 教えて!ウォッチャー [夫抜きで夫の実家に行きますか?]

    夫抜きで夫の実家に行きますか?  今年の夏休みももうすぐ終わり。お盆休み、あるいは夏休みを利用してひさしぶりに実家に顔を出したという人も多いのではないでしょうか。 ゆっくりくつろげるはずの実家ですが、教えて!gooにはこんな質問が寄せられています。 「夫な

  • 教えて!ウォッチャー [大地震への備えは万全ですか?]

    大地震への備えは万全ですか?  去る9月1日は、防災の日。  1923年(大正12年)のこの日に起きた“関東大震災の教訓を忘れない”ということから、1960年(昭和35年)に制定されたそうです。  首都圏を巻き込むといわれる首都直下型地震や東海地震などは以前

  • 教えて!ウォッチャー [おでんの人気の具は?]

    おでんの人気の具は?  すっかり涼しくなってきて、おでんが恋しい季節です。昔は家で作るものでしたが、今やおでんといえば、コンビニで買うものという感じですよねぇ。コンビニの普及でおでんは全国区のものですが、もともとは「関東炊き」といわれたものがおでんを指したよう

  • 教えて!ウォッチャー [バスで「子供を静かにして」と注意されたら?]

    バスで「子供を静かにして」と注意されたら?  電車やバスなどの公共交通機関は、さまざまな事情を抱え、多種多様な価値観を持った人間が一緒に乗り合わせています。教えて!gooにこんな質問が投稿されました。 「バスで「お子さんを静かにさせてください」のアナウンス」

  • 教えて!ウォッチャー [お宮参りの主導権は、どっちの親?]

    お宮参りの主導権は、どっちの親?  赤ちゃんが生まれて最初のイベントといえばお宮参りではないでしょうか。教えて!gooにもお宮参りに関して、さまざまな質問が寄せられていました。 「お宮参りの段取り?どんな手順で行うのでしょうか?」 「お宮参りの段取りがいま

  • 教えて!ウォッチャー [インフル対策で気になる、除菌・殺菌・抗菌の違い]

    インフル対策で気になる、除菌・殺菌・抗菌の違い インフルエンザ本格流行の季節。今年は、「新型インフルエンザ」と「季節性インフルエンザ」が入り乱れて余計にややこしい。  基本的な予防法は新型も季節性も同じ。とりあえず奨励されているのが「石鹸でよく手を洗いましょ

  • 教えて!ウォッチャー [なぜ親は子供に「変な名前」をつけるのか?]

    なぜ親は子供に「変な名前」をつけるのか? 妊娠・出産を終え、親が初めて子供にプレゼントするもの…それは「名前」ではないでしょうか?産まれてきた子供にとって、名前は一生付き合っていく大切なものです。 ここ数年、教えて!gooに子供の名付けに悩む親からの相談が増

  • 教えて!ウォッチャー [家族写真の入った年賀状って抵抗ある?]

    家族写真の入った年賀状って抵抗ある? 12月に入るとそろそろ考えなければならないのが年賀状。とくに家庭をもつ人は家族写真を入れた“写真入り年賀状”を作成することも多いのではないでしょうか?教えて!gooにこんな質問がありました。 「家族写真の入った年賀状って

  • 教えて!ウォッチャー [日本は、世界一「お弁当」にこだわる国?]

    日本は、世界一「お弁当」にこだわる国? 今年は厳しい経済状況の中で、ランチは「外食」から「お弁当」に切り替えた人も多いのでは?節約志向が高まり、たくさんのお弁当本やお弁当レシピサイト、また自前でお弁当を作る男性「弁当男子」も出現し、ちょっとした「お弁当ブーム」

  1  2  3  4  5  6  7  8  次のページ→

パートナー紹介




おすすめ情報



gooのお知らせ
あなたの好きなデザインテーマは1~12月までの季節感テーマのデザインや、環境活動に貢献できる緑のgooなど、好きなデザインテーマを設定しよう
gooをスタートページに設定しようタイムリーなニュースやメール、天気など、便利な情報が集約! 地震や津波など防災情報もお知らせするgooトップページを設定しよう
一番安い自動車保険は?一番安い自動車保険は?《利用者800万人突破》最大21社に無料で一括見積もり。安くなった平均額は30,597円!
goo電子書籍特集とある家庭のペットとして暮らす魔王と、その飼い主である少年の物語。ときに隣の家の勇者におびえ――。