母乳のために、どんな食事がいい? [3カ月]

バランスのいい食事がベスト

ママの母乳は、赤ちゃんにとっては何よりの栄養です。ママの体から出るだけに、どんな食事をするかによって母乳に含まれる栄養素が変わるのでは?と心配してしまいますが、基本的に食べるものによって何か栄養の中身が変わることはありません。

ただ、母体の栄養不足や偏った食事がまったく影響を与えないとは言い切れません。産後の体はアンバランスになりがちですし、母乳育児にはエネルギーが必要ですので、栄養価が高く、バランスのいい食事を心がけたいものです。

普通のときと同じように、旬の野菜や肉や魚、海藻類などをバランスよく食べた上で、水分を水や薄味のスープなどでたくさん摂ることが、いい母乳を出すコツです。

甘いものやアルコール、カフェインは?

授乳時期は、エネルギーをたくさん使うことから、どうしてもおなかがすいて、甘いものや油っぽいものを食べがちです。しかし、エネルギー過多で肥満の原因になったり、乳腺を詰まらせる可能性もあるので、なるべく控えめにしましょう。

アルコール類は母乳を通じて赤ちゃんにも飲ませることになってしまいますから、永遠に飲めないわけではなく、授乳期だけの我慢です。母乳を出すとのどが渇くので、どうしても水分をたくさん摂る必要がありますが、コーヒーや紅茶など、カフェインの多いものは、アルコールと同じように母乳から赤ちゃんに伝わる可能性もあります。なるべく避けて、麦茶や水などにしましょう。

赤ちゃんが直接飲んでも大丈夫なものであれば、ママが飲んでも絶対に大丈夫。そう考えるとわかりやすいのでは?

監修:猪熊 弘子(いのくま・ひろこ)

1965年生まれ。日本女子大学文学部英文学科卒。子どもや保育などを主なテーマに、雑誌や書籍の編集・執筆、翻訳、講演などを行う。双子を含む4児の母。『AERA with Baby』編集統括。著書に『お父さんの面積』(農文協)『なんで子どもを殺すの?』(講談社)など、翻訳書に『ムハマド・ユヌス自伝』『貧困のない世界を目指す(共に早川書房)など。

お気に入りに追加

コンシェルからあなたへ

新着情報

  • その後の集団生活への影響も?!赤ちゃんの夜更かし朝寝坊にはこう対処する!

    生後1年くらいまでに、赤ちゃんのねんねのリズムが確立されてきます。この時期に早寝早起きの習慣をつけることは大切ですが、大人の生活リズムの影響で寝るのが遅くなってしまう赤ちゃんもいます。ここでは、赤ちゃんの夜更かし朝寝坊の対処法をご紹介します。 赤ちゃんの...

  • 1才6カ月~3才ごろの甘え泣き、イヤイヤ泣きとどうつきあう?

    赤ちゃんに逆戻りしたような甘え泣き、気分屋のようなイヤイヤ泣きは、大人がじょうずにつきあってあげることが大切です。時にはとことんつきあい、時には作戦をとり入れて乗り切っていきましょう。 【1才6カ月~2才ごろの甘え泣き】赤ちゃんがやりたいことと親の都合が...

  • パパと一緒に乗り越えよう!赤ちゃんの夜泣きの対策

    新米のママにとって、赤ちゃんの夜泣きが始まると、どう対応すればいいのか分からずオロオロしてしまうことも。なかなか泣き止まないと、ママの睡眠時間も短くなってしまい体力が消耗してしまいます。ここでは、赤ちゃんの夜泣きの原因と対処法をご紹介します。 夜泣きって...

  • 清水克彦の「頭のいい子が育つママとパパの習慣」~第27回 お父さん、お母さんの情報とのつき合い方が重要

    ←第26回 バラエティー番組派?ニュース番組派? 活字を読む習慣を  子どもに、思考力や判断力、表現力をつけさせるには、家庭環境も重要なカギとなります。幼少期や学童期の子どもは、お父さんやお母さんの姿勢を見ていますから、知らずしらずのうちに...

  • 詳しく知りたい!出生前診断で分かることとリスクについて

    出生前診断には何種類かの方法があり、受けることで染色体異常や先天性の病気などが分かります。妊娠9週位から18週位までの間に行いますが、いろいろなリスクがあることも事実です。診断の結果、赤ちゃんに異常が認められた場合どう受け止めるか、夫婦でよく話し合っておく...

  • 尿もれ&セックス、だれにも言えない産後の下半身のお悩み解決法

    出産が終わってほっとしたのもつかの間。産後のママは、尿もれやパパとのセックスなど、まわりに相談しにくい悩みを抱えることも多いもの。そんなお悩みを解決するヒントをご紹介します。 尿もれに効く骨盤底筋体操 産後1カ月のママの8~9割に、尿もれ体験がある...

  • 2人目の妊娠…ママの体はどうケアする?

    2人目の妊娠は、何もかも初めての経験の初産と違って慣れていることもありますが、まだ小さい赤ちゃんのお世話をしながら対処しなければいけないので結構たいへんです。ここでは、上の子の年齢によって、2人目を妊娠したママが気を付けたいことをご紹介します。 上の子の...

  • スキンシップが大事!上の子と上手にコミュニケーションをとる方法

    2人目の妊娠がわかったら、上の子のお世話が今までのようにできなくなる心配が出てきますよね。安定期に入るまでは、重いものを持つなど無理は禁物。ではどのようにコミュニケーションをとってあげると良いのでしょうか。 抱っこができない時期を乗り越えるには? 上の...

おすすめ情報

  • 育児を楽しみながら、ゆったりと過ごしましょう [3カ月]

    まだまだ体は回復途中です 産後すぐ同様に、この時期も「乳腺炎」には要注意。張りを感じる程度ならおっぱいを冷やすなどして様子を見てもよいですが、高熱が出た場合はすぐに病院に連絡をしましょう。 また、会陰にできた傷などの影響で、排便に違和感を覚えたり便秘になるケ...

  • 赤ちゃんのためのホームケア

    赤ちゃんの様子がちょっと気になる……。こんなときお母さんが迷うのは、家庭で様子を見ていてよいのか、病院へ連れていくべきかということでしょう。赤ちゃんに多い発熱、ケイレン(ひきつけ)、せき、嘔吐(吐く)、下痢、発疹、泣く、口の中が痛い」この8つの症状について、病...

  • 予防接種がはじまります [3カ月]

    予防接種のメリットとデメリットって? 予防接種は、感染症の原因となるウイルスや細菌をもとにつくったワクチンを体内にいれることで、その感染症に対する抵抗力(免疫)をつけます。すると、その感染症にかからないか、かかっても症状が軽くてすむようになるのです。 ただ...

パートナー紹介




おすすめ情報



gooのお知らせ
品川シーズンテラス今春、いよいよ誕生!品川駅港南口から徒歩6分。国際ビジネス拠点のランドマーク「品川シーズンテラス」
いまgooいまgoo「いま」の話題が楽しめる「いまgoo」、おもわず話したくなる話題で、楽しむ・シェアする・盛り上がる!
一番安い自動車保険は?一番安い自動車保険は?《利用者800万人突破》最大21社に無料で一括見積もり。安くなった平均額は30,597円!
goo電子書籍特集とある家庭のペットとして暮らす魔王と、その飼い主である少年の物語。ときに隣の家の勇者におびえ――。