PART1-1 「子育てがつらい」と感じるのはこんなとき!

想像では、楽しいはずだったかわいいわが子との時間。現実は怒ってばかりいたり、思うように何もできなかったり……
イライラして「子育てってつらい……」と感じるのは「私だけがダメなママだから?」と思っていませんか?
でも養老孟司先生によると「そもそも育児はつらいもの」なよう。
アンケートでも「子育てがつらい」と思ったことのない人はわずか1%。だれもが感じる子育てのつらさのワケ、そしてつらさの乗り切りかたを、じっくりさぐってみました。

※アンケートは、雑誌「Como」(主婦の友社刊)の読者100人を対象に行ったものです。

「子育てがつらい」と思ったことがありますか?

だれもがみんな子育てにつらさを感じているのです。「ない」の1%も最近は「ない」けれど、以前はつらいと感じたことも「あった」というコメント付きでした。

「子育てがつらい」と感じる頻度は?

ママの感じ方なので基準はさまざまで、「ときどき」には、1日のうち「ときどき」と1週間のうち「ときどき」など違いが。

「子育てがつらい」と感じる”ひきがね”のできごとは?

自分のと子どものとを合わせると、なんといっても育児の大敵は病気。ストレスがたまっていると、子どものわがままもこたえます。

「子育てがつらい」のはどうして?

「ママ同士の付き合い」「子育てだけで終わってしまうあせり」「自慢できるような子どもに育っていない」という意見も多数でした。

だれだって楽しく子育てしたいけど、さまざまな理由が重なり合って、子育てをつらく感じるときがあります。子育ては逃げるわけにもいかないもの。出口が見つからずにママのつらさが深まるのはどうやらこんなときのよう…。

思うような育児ができない

「子育てがつらい」のは、子どもをすぐに叱ったりして「自分が理想とする育児ができない」のが理由という人が多数。ささいなことで子どもを叱ってしまう自分にイライラし、そしてイライラする自分を情けなく思うという悪循環にママたちは悩んでしまうよう。また、子育てから逃げだしたいとすら思ってる自分に自己嫌悪してしまう!「いいママでいなくちゃ」と思うからこそさらにつらくなってしまう、そんな姿が見えてきます。

叱ってばかりで、育児を楽しむことができない自分に自己嫌悪

上の子を3才で幼稚園に入園させてほっとしたのも束の間、今は下の子がうるさくて、第2の子育てがつらい時代の真っただ中です。私だって、子どもと楽しい時間を過ごしたいと思ってるんですよ。でも朝の家事が終わらないうちから、外へ遊びにいきたがってわめき、お昼になっても家に入らない、お昼寝はしてくれない、子どもは2人とも外に出ると友だちとケンカばかり、買い物にでかければ店内を走り回って、商品を落としてこわす、ファミレスでもじっとしていないので、おちついて食事もできない。いくら言ってもそれこそ「子ども」なので、ききわけがなくてイライラしてしまいます。外出がおっくうになってきますが、でも、家で過ごすことが多くなると、私のストレスがたまってしまって、子どもにあたることも多くなる!そうすると「なんで叱ってばかりで、育児を楽しむことができないのだろう」と自己嫌悪。子育てってつらいなあ、と感じます(30才・子ども4才、2才)

やけどをさせて母親失格と言われ、自分に自信をなくしてます

子どもを産む前は子どもが大好きだったけど、子育ては子ども好きだけではできないと実感しているこのごろ。長男はごねだすと物を投げたりしながら大泣きする。そういうときは「むこうの部屋に行って泣いて、落ち着いてから来なさい。ママの前で泣いてるとママも何をするかわからないから。ママも落ち着くから」と言います。すると長男はほかの部屋で大泣きしてから落ち着いて出てきて「ごめんなさい」と言う。ここまでなるのにずいぶん時間がかかりました。
でも子どもとはなんとかがんばっていても、まわりからの心ない言葉には動揺させられる。長男がやけどしたときに見知らぬ女性から「やけどなんかさせたら母親失格」と言われたり、歯医者から「虫歯ができるなんて、子育てがヘタ」と言われたりすると泣いてしまう。子育てはつらいと思うことも多いから、おだやかな気持ちで対応できない。うまく母親ができない自分に自信をなくしています。(30才・子ども8才)

子どもを叱ってる自分がみじめで泣いてしまうことも

子どもが生まれる前、子育ては楽しいことばかりだと思っていました。雑誌や新聞などでお母さんの孤独な子育てについての記事を読んでいたけど、芸能人が楽しそうに子育てを語る写真などいっぱい見たせいかな?子育ての本を読んで「子どもは個性的なもの」「お母さんが余裕があれば、子どももゆったり育つ」「絶対にたたいてはいけない」などはできると思っていました。ところが!ちがいました。子どもは私の都合なんかかまわずにすぐに泣く!叫ぶ!おしっこをする!外へ出たがる!嫌いなものは食べない!それは個性なんて生やさしいもんじゃなくて強烈な自己主張の連続。私の優雅な子育ての夢はふっとび、すぐに叱り、たたく生活に。「やさしい母」でない自分がいやでいやでしょうがない。子どもを叱りながらも、怒鳴ってる自分が惨めで悲しくて、泣いてしまうこともあります。もうむちゃくちゃな毎日です。 (34才・子ども4才、2才)

自分の心をコントロールできないとき、子育てがつらい

3人目が生まれてからとっても子育てがつらいと感じるようになりました。たぶん子どもたちも「つらい」と感じていると思います。自分の時間が本当になくなり、私はすぐにおこってしまい、上の2人のケンカも日に日に荒っぽくなり、本当に悪循環している感じ。子どもと一日中つきあって、その合間に家事をすると、疲れて家事をやり残して寝てしまう。期限内にしておかなければならない銀行の手続きなど、そういうちょっとしたことが片づかず、家事もたまってくると、気持ちが追い詰められて、ドンドンつらくなってくるんです。
あと、私は子どもをよくたたいてしまいます、悪いことをしたときだけなのですが、それがエスカレートしているようで、子どもに悪いと思って子どもの寝顔に「ごめんね」と毎晩語りかけています(それならたたかなきゃいいのに!)。自分の心をコントロールできないとき、子育てがつらいなって思います。(27才・子ども5才、4才、2才)

子どもを素直に愛せない自分が嫌いです

うちの子は人見知りがはげしく、なかなか友達ともなじめません。性格だからしょうがないと思っても、友達と仲よく遊ぶ子どもがうらやましくて自分の子にイライラしてしまう。子どもは「ママ大好き」といってくれますが、素直に愛せないのがつらいです。(30才・子ども5才)

子どもを預けて働きたいと思う自分に自己嫌悪

保育園に子どもを預けて働いてる人をみるといいなあと思ってしまう。でも子どもを預けてまで働く意義が見つからないし、仕事もないけど。みんなそんなこと言ってないから、子どもと離れたいと思う私って母親失格なのかと悩んじゃう。(32才・子ども4才、3才)

育てにマニュアルがないのはわかってるけど

私は学校でも会社でも優秀だったのに、学歴もない若いママたちが、私より余裕をもって楽しそうに育児していて……みんなが遊んでるときも勉強したのはなんだったの?と感じます。子育て劣等生の自分を認めるのは辛い。(35才・子ども4才)

撮影:石川正勝
イラスト:なかのくみこ
取材・文:桜井千穂

お気に入りに追加

コンシェルからあなたへ

新着情報

  • 個人差は大きい、けど知りたい離乳食のステップアップの仕方

    離乳食のステップアップの速度は、個人差が大きいものです。お子さんはペースが速いタイプなのか、ゆっくり進むタイプなのかを見極め、お子さんに合った進み方でステップアップしていくことが離乳食をスムーズに進める鍵にもなります。 1回食のタイミングと調理形態 離...

  • 突然の切迫診断→寝たきり

    そろそろ産休が近付いてきたとワクワクし始めた頃突然の切迫診断。産休前に1ヶ月ほど有給をプラスし自宅安静になりました。 私の両親は亡くなっており、義母も入院中で夫と二人で頑張りました。 夫が帰宅してから家事をして私のご飯まで作ってくれる...

  • できれば我慢!妊娠中に避けたい食べ物や飲み物

    妊娠中に食べてはいけない!はっきりと定められているものはありませんが、お腹の赤ちゃんのためにもできれば避けたほうがいいというものはいくつかあります。加工食品など塩分や脂肪分、糖分の多いものには注意が必要です。 調味料に気を付けて! 調理に使用する砂糖や...

  • 清水克彦の「頭のいい子が育つママとパパの習慣」~第33回 ご先祖さまを大切に

    ←第32回 季節感や地域の行事を大切に 親子できちんとお墓参り  前回、私は、この連載の中で、お父さんやお母さんは「季節感や季節の行事を大切に」と述べました。  そうすることによって、仕事や家事に追われる日々に、ホッとできる瞬間が...

  • 9月中旬出産ママのおすすめ出産準備マストアイテム&ウエアの着せ方教えます!

    3人目ベビーを9月中旬に出産したママは、お下がりを活用しながらお気に入りを買い足して、かしこい出産準備をしていました! 退院後すぐに涼しくなるけど、室内はあたたかいこの時期。ウエアや肌着選びも参考にしてみてくださいね♪ 【9月12日生まれ】3人目Baby...

  • 食事が赤ちゃんを作る!妊娠中に積極的に食べたいもの

    妊娠中は、お母さんが食べたものがお腹の赤ちゃんの体を作るため、なるべく栄養のあるものを意識して食べることが大切です。カロリーの計算や栄養学の知識がないという人は、ヘルシーで栄養バランスの優れた食材を意識して摂るようにしましょう。 主食は未精製のものに変え...

  • 保育士しながら妊婦生活。ハードな環境だったけれど、子どもたちから元気をもらって頑張れた!

    私は、障がいを持ったお子さんや、発達に心配のあるお子さんの療育施設で働いております。 妊娠がわかったのは、昨年4月半ばでした(妊娠2ヶ月)。 新年度を迎えたばかりで、とにかくバタバタ。 私は主任保育士でしたので、日々の保育の他、毎日...

  • 赤ちゃんの夜泣きも楽になる?「小児はり」でママの笑顔も増える!

    赤ちゃんの夜泣きが続くとママもつらいものですよね。実はほとんどの赤ちゃんは夜泣きをします。夜泣きの原因は熱いと眠れないとかいろいろですが、言葉をしゃべることのできない赤ちゃんは泣くことで、必死に訴えてる訳ですね。昔から夜泣きをする子供をかんの虫といって、大...

おすすめ情報

  • PART1-2 「子育てがつらい」と感じるのはこんなとき!

    24時間束縛されている 赤ちゃんの時期がすぎても、一人で長時間留守番させておくことも、寝てる子をおいて遊びにいくこともできず、まだまだ24時間束縛された状態は続きます。アンケートでも、夫や両親に子どもを預けて1週間にたった1時間でもいいからひとりで気軽に出か...

  • PART2 わたしたちはこうして乗り越えてます!

    いくらつらくても、子育てを放棄するわけにはいきません。どうにかして乗り越えようと先輩ママたちはいろいろ工夫しています。子育てをつらく感じたとき、少しでも役に立って、ちょっとでもハッピーになるアイディアを紹介します。 【第1位】ママ同士でおしゃべり マ...

  • PART1-4 「子育てがつらい」と感じるのはこんなとき!

    その他 まだまだこんな時「子育てがつらい」 いつもはがんばっていても、病気になると気も弱くなって子育てに自信がなくなるもの。それに子育てでは無視できない近所づきあいや義父母とのつきあいも、子育てを複雑にしてつらさを感じる原因にもなります。また、がんばったか...

パートナー紹介




おすすめ情報



gooのお知らせ
あなたの好きなデザインテーマは1~12月までの季節感テーマのデザインや、環境活動に貢献できる緑のgooなど、好きなデザインテーマを設定しよう
gooをスタートページに設定しようタイムリーなニュースやメール、天気など、便利な情報が集約! 地震や津波など防災情報もお知らせするgooトップページを設定しよう
一番安い自動車保険は?一番安い自動車保険は?《利用者800万人突破》最大21社に無料で一括見積もり。安くなった平均額は30,597円!
goo電子書籍特集とある家庭のペットとして暮らす魔王と、その飼い主である少年の物語。ときに隣の家の勇者におびえ――。