首を動かす~首すわりまで

生まれたばかりのころは無力に見えた赤ちゃんも、お誕生ごろまでには運動機能が飛躍的に発達し、やがてかわいいあんよが始まるようになります。最初の発達、首すわりはいつごろなのかな? おすわりは? 立っちは? 言葉が出るのはいつごろ? 今週から全8回にわたって、赤ちゃんの体の発達についてお届けします。第1回目は、首を動かす~首すわり編です。

首もかなりしっかりして、音のするほうへ顔を向けるように

首が「はっきり」とすわってくるのは、だいたい4~5カ月からですから、まだ先になります。しかし、生まれたころに比べると、グラグラすることがだんだん少なくなって、個人差はありますが、2カ月に入ると、しばらくの間なら縦に抱いたままで姿勢を保てるようになる赤ちゃんも多くなってきます。また、仰向けに寝かせておいて名前を呼ぶと、声のするほうへ顔を向けるようになりますが、これも首がだんだんとしっかりしてきたからです。腹ばいにすると顔と肩を少し持ち上げて、左右を見ることもできるようになってきます。

4~5カ月になると、首すわりが完成し、自分から手を伸ばして外の世界にかかわっていく

首すわりが完成する

赤ちゃんの運動機能は頭に近いところから始まり、首、腕、腰とだんだんに下がっていきます。また、体の中心から末端のほうに向かって進んでいきます。
一番最初は、まず目でものを追う追視ができるようになります。次に首がすわり、もう少し下におりると、今度は手が前に出るようになります。それからさらに、腰まで自由になると寝返り、おすわりができるようになります。もっと下がって、足のひざまでくると高ばい、そして、つかまり立ちからあんよへと進んでいきます。頭に近いところから始まった運動機能の発達がこのように足まできたら、運動面に関しては一応、一人前になったと言えるわけです。

首すわりとは、自由に頭を動かせるようになることです

まず、赤ちゃんの体の発達を見る最初のチェックポイントの、首すわり。4カ月の末には、90%の赤ちゃんは首すわりが完成しています。立て抱きにしても、もう首がグラグラすることもなく、しっかりと安定しているでしょう。あおむけに寝かせて手を持って引き起こしても、頭はちゃんとついて上がってきます。うつぶせにすれば、両手で肩を支えて、しっかりと頭を上げることもできます。こうなったら首すわりが完成したと言えます。
首すわりは、赤ちゃんの体の発達を見る最初の大きなチェックポイントになっているため、いつ完成するか気にしているかたも多いようですが、しかし、この「首すわり」については、まだ誤解も多いのです。
まず、゛首すわり″という言葉です。首すわりと言うと、首がまっすぐ支えられるようになることととらえられがちです。そのため「うちの子は2カ月から首がすわりました」などと言うお母さんもいます。しかし、これはお母さんの早合点。立て抱きにしたときに少しの間赤ちゃんの首がまっすぐになっていることはありますが、それだけで首がすわったとは言えません。
医学的には、首がすわったと判断するのは、
1)腹ばいにすると頭を持ち上げる。
2)あおむけにして両手を持って引き起こすと首がついてくる。
3)たて抱きにして体を傾けたときに首をまっすぐに保てる。
などの条件を満たしたときです。

英語では首すわりのことを「ヘッド・コントロール」と言います。つまり、自分の頭を支えられるだけでなく、どんな姿勢をとっても、自由に頭を動かせるようにならないと、ほんとうに首がすわったとは言えないのです。

首すわりは5カ月いっぱいに完成すれば問題ない

新生児のときから、赤ちゃんは首すわりへ向けての準備をしています。  最初はうつぶせで首をわずかに左右に動かすようになります。次に、少しあごを上げられるようになります。さらに月齢が進むと、あごを上げたままの状態で、自由に首を動かして左右を見ることができるようになります。こうなって初めて首すわりが完成したと言えます。このように首が自由に動かせるようになるのが5カ月ぐらいです。
保健所の健診などで「首のすわりがおそい」と言われて精密検査に来る赤ちゃんをおおぜいみていますが、その中でほんとうに問題があるのはごくわずか。数パーセントにすぎません。首すわりというのは、保健婦さんでさえも判定に困ってしまう、むずかしいものなのです。
もし、3~4カ月健診あたりでまだ首がすわってないと言われても、厳密にいえば、5カ月いっぱいぐらいまでに完成すればなんら問題はありません。
同じ月齢のほかの子ができているのに、うちの子はまだ、なんて心配するお母さんが多いようですが、発達はほかの赤ちゃんとの競争ではありません。無事にできるようになること、すなわち運動機能に問題がないことがたいせつなのです。
この時期に発達が周りにいる他の赤ちゃんより遅れたからといって、これからなにもかも他人とりおくれるということはありません。お母さんはあまりあせらずに、安心して赤ちゃんの発達を見守ってください。

「赤ちゃんの体と心の発達24カ月」(榊原洋一先生著・主婦の友社)より

お気に入りに追加

コンシェルからあなたへ

新着情報

おすすめ情報

  • 赤ちゃんの心と体の発達AtoZ 【伝い歩き編】

    まだまだはいはいの子も多いときですが、つかまり立ちができる赤ちゃんは、そろそろ伝い歩きの時期。今週は伝い歩きのプロセスと、一段と旺盛になる好奇心を中心に見てみましょう。いたずらも多くなるときなので、ママは環境整備をしっかりと。 目で見て、目的を持って移動し、...

  • 赤ちゃんの心と体の発達AtoZ 【はいはい編】

    おすわりがじょうずになったなと思っていたら、はいはいの気配が見えて、びっくりしているママも多いかもしれませんね。シリーズでお届けしている「赤ちゃんの心と体の発達AtoZ」、今週は赤ちゃんのはいはいについて詳しくご紹介しましょう。 はいはいして移動できるように...

  • 赤ちゃんの心と体の発達AtoZ 【あんよ~その他編】

    お誕生近くなると、ほとんどの赤ちゃんははいはいがじょうずになり、たっちしている子もいるはず。早い子ではあんよを始める子も。首すわり、寝返り、おすわり、はいはい、つかまり立ち、伝い歩きと発達してきた運動機能も、あんよに到達して一つの節目に。 歩き始め、言葉が出...

パートナー紹介