首を動かす~首すわりまで

生まれたばかりのころは無力に見えた赤ちゃんも、お誕生ごろまでには運動機能が飛躍的に発達し、やがてかわいいあんよが始まるようになります。最初の発達、首すわりはいつごろなのかな? おすわりは? 立っちは? 言葉が出るのはいつごろ? 今週から全8回にわたって、赤ちゃんの体の発達についてお届けします。第1回目は、首を動かす~首すわり編です。

首もかなりしっかりして、音のするほうへ顔を向けるように

首が「はっきり」とすわってくるのは、だいたい4~5カ月からですから、まだ先になります。しかし、生まれたころに比べると、グラグラすることがだんだん少なくなって、個人差はありますが、2カ月に入ると、しばらくの間なら縦に抱いたままで姿勢を保てるようになる赤ちゃんも多くなってきます。また、仰向けに寝かせておいて名前を呼ぶと、声のするほうへ顔を向けるようになりますが、これも首がだんだんとしっかりしてきたからです。腹ばいにすると顔と肩を少し持ち上げて、左右を見ることもできるようになってきます。

4~5カ月になると、首すわりが完成し、自分から手を伸ばして外の世界にかかわっていく

首すわりが完成する

赤ちゃんの運動機能は頭に近いところから始まり、首、腕、腰とだんだんに下がっていきます。また、体の中心から末端のほうに向かって進んでいきます。
一番最初は、まず目でものを追う追視ができるようになります。次に首がすわり、もう少し下におりると、今度は手が前に出るようになります。それからさらに、腰まで自由になると寝返り、おすわりができるようになります。もっと下がって、足のひざまでくると高ばい、そして、つかまり立ちからあんよへと進んでいきます。頭に近いところから始まった運動機能の発達がこのように足まできたら、運動面に関しては一応、一人前になったと言えるわけです。

首すわりとは、自由に頭を動かせるようになることです

まず、赤ちゃんの体の発達を見る最初のチェックポイントの、首すわり。4カ月の末には、90%の赤ちゃんは首すわりが完成しています。立て抱きにしても、もう首がグラグラすることもなく、しっかりと安定しているでしょう。あおむけに寝かせて手を持って引き起こしても、頭はちゃんとついて上がってきます。うつぶせにすれば、両手で肩を支えて、しっかりと頭を上げることもできます。こうなったら首すわりが完成したと言えます。
首すわりは、赤ちゃんの体の発達を見る最初の大きなチェックポイントになっているため、いつ完成するか気にしているかたも多いようですが、しかし、この「首すわり」については、まだ誤解も多いのです。
まず、゛首すわり″という言葉です。首すわりと言うと、首がまっすぐ支えられるようになることととらえられがちです。そのため「うちの子は2カ月から首がすわりました」などと言うお母さんもいます。しかし、これはお母さんの早合点。立て抱きにしたときに少しの間赤ちゃんの首がまっすぐになっていることはありますが、それだけで首がすわったとは言えません。
医学的には、首がすわったと判断するのは、
1)腹ばいにすると頭を持ち上げる。
2)あおむけにして両手を持って引き起こすと首がついてくる。
3)たて抱きにして体を傾けたときに首をまっすぐに保てる。
などの条件を満たしたときです。

英語では首すわりのことを「ヘッド・コントロール」と言います。つまり、自分の頭を支えられるだけでなく、どんな姿勢をとっても、自由に頭を動かせるようにならないと、ほんとうに首がすわったとは言えないのです。

首すわりは5カ月いっぱいに完成すれば問題ない

新生児のときから、赤ちゃんは首すわりへ向けての準備をしています。  最初はうつぶせで首をわずかに左右に動かすようになります。次に、少しあごを上げられるようになります。さらに月齢が進むと、あごを上げたままの状態で、自由に首を動かして左右を見ることができるようになります。こうなって初めて首すわりが完成したと言えます。このように首が自由に動かせるようになるのが5カ月ぐらいです。
保健所の健診などで「首のすわりがおそい」と言われて精密検査に来る赤ちゃんをおおぜいみていますが、その中でほんとうに問題があるのはごくわずか。数パーセントにすぎません。首すわりというのは、保健婦さんでさえも判定に困ってしまう、むずかしいものなのです。
もし、3~4カ月健診あたりでまだ首がすわってないと言われても、厳密にいえば、5カ月いっぱいぐらいまでに完成すればなんら問題はありません。
同じ月齢のほかの子ができているのに、うちの子はまだ、なんて心配するお母さんが多いようですが、発達はほかの赤ちゃんとの競争ではありません。無事にできるようになること、すなわち運動機能に問題がないことがたいせつなのです。
この時期に発達が周りにいる他の赤ちゃんより遅れたからといって、これからなにもかも他人とりおくれるということはありません。お母さんはあまりあせらずに、安心して赤ちゃんの発達を見守ってください。

「赤ちゃんの体と心の発達24カ月」(榊原洋一先生著・主婦の友社)より

お気に入りに追加

コンシェルからあなたへ

新着情報

  • 「くもん、いくもん♪」特集~みんなが頑張っているKUMONってどんなところ?

    英検3・4級、小学生合格者の4人に1人がKUMONの生徒です。夏の特別学習受付中!こどもと一緒に学ぶ数字盤や日本地図パズルゲームや、マンガでわかる無料体験学習などコーナーが充実!...

  • 暑い日でもさっぱり!栄養もしっかりとれる冷製メニュー

    鶏肉と青じその冷製パスタ カロリー:746kcal/1人分・調理時間:60分 青じそに、ビタミンAが豊富に含まれており、強い抗菌・防腐作用を持っているので食中毒予防にも効果が期待できます。「鶏肉と青じその冷製パスタ」のレシピを見る フレッシュトマトの...

  • つわり~みんなの育児事典~

    つわり つわりは妊娠4~6週ごろから始まり、11~12週で終わるのが最も一般的ですが、なかには15~16週ごろまで続いたり、出産直前まで悩まされる人もいるなど、個人差があります。 症状も人それぞれで、空腹時に胸がムカムカする、においに敏感になって気...

  • みんなの育児事典・キーワード集

    「gooベビー みんなの育児事典」は、妊娠期や育児期に触れるキーワードから「みんな」の知識と経験を集め、これらを総合的・多角的に提供することで、日々の子育てに役立てていただくことを目的としています。 人気の言葉 妊娠・出産 つわり| 脚のむ...

  • 「かかりつけ医」へじょうずに受診! チェックシート

    「かかりつけ医」ができたら、じょうずな受診のコツをおさえて、お医者さんと「いい関係」を築いていきましょう。初めての育児、わからないことや不安なことは、遠慮なく聞くこと、不安や疑問を持ち帰らないようにすることがポイント。受診の際には下記のシートでチェック! ...

  • ママとベビーのHappy子育て術・第14回 子どもに伝えたい人生のしくみ『類は友を呼ぶ』

    ←第13回 子どもに伝えたい人生のしくみ『与えるものが受け取るもの』 人は自分と同じ波長の人を引き寄せる  人生のしくみの3回目は「類は友を呼ぶ」です。 このことわざも物理の法則をわかりやすく伝えています。  ●「...

  • 清水克彦の「頭のいい子が育つママとパパの習慣」~第8回 大切なのは小さな約束を守ること

    ←第7回 親の態度が子どもの「レジリエンス」を左右する 小さな約束こそ案外重要!  「明日の午前中には、お店の地図とか添付してメールを送っておきますよ」  近く行う打合せの場所などを伝える際、このように言う人がいます。  「じゃあ、...

  • 脚のむくみ~みんなの育児事典~

    脚のむくみ 妊娠中はホルモンの影響などで体に水分がたまりやすくなっています。そのためむくみも生じやすい状態に。塩分が強い食事に心当たりがあれば、少し控えるようにしてみましょう。 また、体の締め付けがある下着や洋服は避け、なるべくラクに感じるものを身...

おすすめ情報

パートナー紹介




gooのお知らせ
品川シーズンテラス今春、いよいよ誕生!品川駅港南口から徒歩6分。国際ビジネス拠点のランドマーク「品川シーズンテラス」
いまgooいまgoo「いま」の話題が楽しめる「いまgoo」、おもわず話したくなる話題で、楽しむ・シェアする・盛り上がる!
看護師の転職ナビ看護師の転職ナビ夜勤も多く、神経を使う仕事なのに年収低くありませんか?あなた専任エージェントがサポートします!
災害用伝言サービスから節電サポートまでNTTグループ内の災害対策リンク集で、万が一のための情報を知っておこう。
goo電子書籍特集仕事の飲み会で初恋の人に再会し、トキメキを感じるつぐみ。でも彼は車イスに乗る障害者になっていた。