赤ちゃんに多い目の病気(1)

眼科選びのポイント

眼科医の中には赤ちゃんの診察が苦手な医師もいます。近所の眼科では不安なときは、かかりつけの小児科医に相談し、小児眼科の専門医を紹介してもらうとよいでしょう。
正しい診断と処置がされないと斜視など手遅れになる病気もあります。眼科を受診して納得のいく説明が受けられない場合は、他院を受診してください。

斜視(しゃし)

黒目の位置がずれて見える

一見、斜視のように見えても問題のない場合がほとんどです。

原因&症状

片方の目の視力が極端に落ちてしまう心配が
遺伝、遠視、眼球を動かす筋肉のマヒ、脳や眼球内の病気など、斜視の種類によって原因は異なり、原因不明のことも少なくありません。斜視があると左右どちらかの目だけでものを見るので、見ていないほうの目の視力が極端に落ち、正しく発達しないことがあるので要注意。乳児期は、斜視に見えても実は正常な「偽斜視」の場合も少なくありません。

治療&ケア

めがねやアイパッチを使って矯正。手術が必要な場合も
遠視による斜視の場合はめがねで矯正し、治らない場合は両目でものを見る力の発達が妨げられないよう早めに手術する必要があります。弱視の傾向がある場合はアイパッチという眼帯で片目を遮断し、もう片方の目の視力の発達を促します。弱視になりにくい外斜視や上下斜視の場合、また視力や外見に問題がなければ手術せず様子を見ることも。

●斜視の種類

外斜視

黒目が外側に寄っているタイプ。新生児で黒目の位置が安定しないため、外斜視に見える場合も。一般的に3才以降に多く見られる。

内斜視

黒目が内側(鼻側)に寄っているタイプ。赤ちゃんに多いのはこのタイプの斜視ですが、実は偽内斜視で問題ないことも多い。

上下斜視

黒目が目の上側に寄っていて、目の下側に白目が見える状態を上斜視。反対に黒目が下側に寄っている状態が下斜視。

●どうやって判断するの?

1フラッシュをたいて、赤ちゃんの顔の写真を撮る。
21m以下の近距離と3m以上の遠い距離から、両方撮る。
3角膜(黒目)に映るフラッシュの光の反射を確認。
*赤ちゃんの目に負担がかかるので、近距離で続けて何度もフラッシュ撮影をするのはやめましょう。
目に問題がなければ、フラッシュの白い光は両目とも黒目の中心に映ります。斜視だと光が黒目の中心ではなくズレた位置に。新生児は目の位置が不安定なのでチェックは3カ月以降に。

●赤ちゃんに多い偽内斜視って?

赤ちゃんは目と目の間が広いため、黒目の内側にある白目が見えにくく、黒目が内側に寄っているように見えることがあります。これが偽内斜視。成長して顔立ちが立体的になってくると、寄り目には見えなくなります。

ふつう
外見上は内側に黒目が寄っているように見えます。

つまむ
しかし鼻筋を指でつまむと、黒目がちゃんと目の中心にあることがわかります。

結膜炎(けつまくえん)

ひどい目やに、充血、熱が出ることも

原因によって治療法が異なります。細菌性は要注意!

原因&症状

細菌、ウイルス、アレルギーが原因です
細菌感染、ウイルス感染、アレルギー性が主な原因です。細菌性は黄色っぽい多量の目やに、白目の充血、まぶたの強い充血や腫張が特徴。細菌性は重症化しやすいので症状を見つけたら早めに受診を。ウイルス性は目が開けられないほどの目やに、充血、発熱、耳の前のリンパ節のはれ、アレルギー性は目やには少なめで強いかゆみ、涙がたくさん出ます。

治療&ケア

登園はストップ、こすらせないよう気をつけて
原因に応じて抗菌薬や消炎剤、抗アレルギー剤などを用います。点眼薬、眼軟膏、飲み薬などは医師の指示どおりに使うことが大事。ウイルスには有効な治療法がないので、自然治癒するまで約2週間かかります。うつるので医師の許可があるまで登園は控えて。また目をこすると、細菌感染を併発する心配があるので、できるだけこすらせないように。

●アレルギー性結膜炎

上まぶたを裏返して見ると、強い充血と膨張が見られます。でこぼこした多数の小さな隆起も見られるのが結膜炎の特徴です。

お気に入りに追加

コンシェルからあなたへ

新着情報

  • 赤ちゃんが寝返りする頃

    首がすわった赤ちゃんが迎える次の大きなステップは、寝返りです。寝返りは、これまであおむけの風景しか知らなかった赤ちゃんが、またひとつ違う世界を知るきっかけでもあります。ここでは、寝返りについて、まとめてみました。 赤ちゃんの寝返りは足から あおむけの姿...

  • 【野菜の栄養とうまみがたっぷり。具もスープも使える 野菜スープの作り方】

    離乳食はごく薄味に仕上げるため、だしや野菜スープでうまみを補うと赤ちゃんの食欲もUP!うまみと栄養がたっぷりの野菜スープは、煮てこすだけの簡単ステップ。おすすめ野菜や便利な保存方法とあわせ、料理研究家の中村陽子先生に教えていただきます。 ■野菜スープの作...

  • 赤ちゃんのあせも対策 ~春&初夏編~

    赤ちゃんをあせもから守るために 春になり気温が上昇してくると、増えるのが赤ちゃんのあせも。赤ちゃんは大人より体温が高く、汗っかき。だから、赤ちゃんにとってあせもは夏場だけの肌トラブルではないんです。 そこで、今の季節からしっかりを対策を行っておきましょ...

  • 首がすわる頃の赤ちゃんは?

    生まれたばかりの赤ちゃんは、まだ首がふらふらしていて、抱っこするのも大変で気を使いますよね。赤ちゃんの首がすわったかどうかは、成長をはかる上で最初に来る、わかりやすい大きなステップです。ここでは、首がすわる頃までの赤ちゃんについて、簡単にまとめてみました。...

  • 清水克彦の「頭のいい子が育つママとパパの習慣」~第25回 親は時代の変化に敏感になろう

    ←第24回 けんかの作法を教えよう 大学入試が大きく変わる  新年度を迎え、保育所や幼稚園、小中学校にも活気が戻ってきました。  今回は、そういう入園および入学の時期だからこそ、お父さんやお母さんに、是非とも知っておいていただきたい話をさ...

  • 赤ちゃんから幼児へ、大変だった子育ても一段落の12か月

    毎日その成長を見守ってきた赤ちゃんも、1歳の誕生日を迎えることになりました。生後12か月の赤ちゃんは、いったいどのようなことができるようになっているのでしょうか。体の動きについて詳しくまとめてみたので、ぜひ参考にしてみてください 一人で立てるようになる ...

  • 言葉や動作、11ヶ月の赤ちゃんの成長と変化を知ろう!

    ハイハイでの移動が速くなったり、食事も母乳から離乳食がメインに変化する頃が11か月の赤ちゃん。動作によっては危険なこともあるので、ますます目が離せません。月齢11ヶ月の赤ちゃんの知っておきたい成長と変化、コミュニケーションの取り方などをご紹介します。 動...

  • お姉ちゃんが教えてくれた!

    二人目の妊活中、当事あまり体調がよくなくそのせいか生理周期が乱れ、排卵日の予測がしにくく、生理が遅れるたびにフライングで検査してはだめ、遅れて生理が来るたびに毎月がっくりしてました。毎月生理予定日が来るたびに2才の娘に「お母さんのお腹に赤ちゃんいるかな?」...

おすすめ情報

  • 赤ちゃんに多い目の病気(2)

    弱視(じゃくし) 片目、あるいは両目の視力が発達しない /早期に見つけ、正しい治療を行えば正常な視力を獲得 原因&症状 片目の場合は定期健診で見つかることが多い弱視は視力の発達障害のことで、小児特有の現象。斜視や屈折異常(遠視、近視、乱視)、片目の遮蔽...

  • ママの気がかりQ&A(耳の心配)

    わが子のことは何でも気になる! ママの気がかりQ&A 耳の心配 耳薬をいやがる場合、どうしたらいいですか?(8カ月) 薬が冷たいとめまいを起こすことがあります。冷蔵庫で保存していた場合は、使う前にママが薬のボトルを握ってまず温めてください。そして赤ちゃんを...

  • 赤ちゃんに多い耳の病気(2)

    難聴(なんちょう) 耳の聞こえが悪い、つまった感じがする 早期に発見し、聴覚&言語訓練を早くすることが大事。 原因&症状 何回呼んでも振り向かない、聞き返すときは心配頭部の外傷や遺伝、風疹などの胎内感染、出産時の仮死、乳幼児期のおたふくかぜなどが原因の...

パートナー紹介




おすすめ情報



gooのお知らせ
品川シーズンテラス今春、いよいよ誕生!品川駅港南口から徒歩6分。国際ビジネス拠点のランドマーク「品川シーズンテラス」
いまgooいまgoo「いま」の話題が楽しめる「いまgoo」、おもわず話したくなる話題で、楽しむ・シェアする・盛り上がる!
一番安い自動車保険は?一番安い自動車保険は?《利用者800万人突破》最大21社に無料で一括見積もり。安くなった平均額は30,597円!
goo電子書籍特集とある家庭のペットとして暮らす魔王と、その飼い主である少年の物語。ときに隣の家の勇者におびえ――。