突発性発疹

Part1全身の病気編 ■熱が主症状の病気

突発性発疹

高い熱が3~4日続き、熱が下がると同時に、おなかや背中に赤い発疹が出る病気。生後6~12カ月に多く、初めての発熱がこの病気という子も多いので、あわてずに経過観察を。
季節を問わずに発生し、はしかや水ぼうそうのように感染力が強くないのが特徴です。

どんな病気?

突発性発疹

それまで元気だった赤ちゃんが急に38~39度、ときには40度近い高熱を出します。高熱のわりには元気で、熱は3~4日続いたあと、ストンと平熱か37度台くらいまで下がります。それと同時か翌日くらいに、おなかや背中を中心に大小不規則な赤い発疹が出て、半日くらいで全身に広がります。
2~3日は発疹も目立ちますが、だんだん薄くなって消えていきます。あまりかゆみはありませんが、ときにはかゆがったりすることもあります。また平熱に戻ったあとも、数日間はぐずる赤ちゃんもいるようです。40度近い熱が出ることもあるので親は不安になりますが、高熱のわりに赤ちゃんは機嫌もよく、元気もあるなど、全身状態がいいのも特徴のひとつです。

ほとんどが1才までにかかります

90%は1才未満でかかり、特に生後6カ月から1才くらいまでにかかる赤ちゃんが多いようです。遅くても2才ぐらいまでにかかり、一度かかると再びかかることはほとんどありません。初めての発熱がこの病気という子も少なくありません。
原因はヒトヘルぺスウイルス6型です。しかし、原因ウイルスが特定できたのはわりと最近のことで、まだわかっていない点も多い病気です。現在わかっているのは、季節を問わずに発生することと、はしかや水ぼうそうのウイルスほどは感染力が強くないということです。

ケアは?

熱の出始めに熱性けいれんを起こす赤ちゃんもいます。また、突発性発疹という確定診断ができるのは、熱が下がって発疹が出てから。この間はほかの病気の可能性も否定できないので、高熱=突発性発疹と思い込まず、熱が出た時点で一度受診すること。

水分補給と安静を心がけて

突発性発疹

熱の時期は水分をまめに補給し、全身状態に変化がないかどうかもよく観察しましょう。特に生後2カ月未満の赤ちゃんの高熱には要注意。ほかの重い病気の可能性もあるので、必ず小児科を受診してください。また、以前に熱性けいれんを起こしたことがある子も、必ず診察を受けること。
突発性発疹と診断が確定したあとは、安静と水分補給に気をつけておけば、特に心配のいらない病気です。特別の薬なしでも軽快していくし、合併症などもほとんどありません。
なお、どの子も一度は経験する病気と思われていますが、中にはかからない子もいます。2~3才までにかからなければ、そのあとにかかることはまずありません。

読者の体験

高熱を繰り返すのでオロオロしてしまいました

果奈ちゃん(当時9カ月)・希美ママ
1日目 朝は体温37・8度。なんだかグズグズいっている。夜には39度まで上がり、何度も目が覚めて眠れない様子。
2日目 一日じゅう40度近い熱。ぐったりしているので救急病院へ。処方された解熱剤の座薬を使い、少し熱が下がる。この日から下痢もスタート。
3日目 明け方は熱も落ち着いていたのに、目を覚ますと急激に熱が上がり、40・5度!かかりつけの病院へ行く。
4日目 本人が熱に慣れてきたのか、少しずつ元気になる。おかゆも食べられるようになってホッとしていると、夜にまた39度の高熱。油断大敵を実感。
5日目 平熱に戻ったら、顔から全身に発疹が広がる。7日目 発疹が薄くなり、下痢もストップ。鼻水だけがこの後1カ月近く続く。

ママからのコメント
初めての急な熱にオロオロしてしまいました。
治ったかなというころに無理させないことが大切なんですね。

FromDoctor 体調が完全に戻るまで、ほかの病気に感染しやすい傾向が

高熱から始まる突発性発疹は、病気そのものは発疹が出た時点で完治しているのですが、発熱などで体力をかなり消耗しているため、体調が完全に戻るまで4週間近くかかります。この時期は抵抗力が低下していることもあり、ほかの感染症にかかりやすいため、人込みに連れ出したり、無理をさせないように気をつけてあげましょう。

薬をいやがるのでヨーグルトにまぜました

紗枝ちゃん(当時7カ月)・由布子ママ
1日目 お昼に離乳食を食べさせたあと、体が熱いので、小児科へ。午後の診察を待つうちに38・5度まで上がり、薬をもらって帰宅。「かぜかもしれないが、突発疹の可能性も」とのこと。夕方の離乳食と薬を吐いてしまう。イオン飲料と母乳を飲ませて眠る。夜中には熱は39度まで上がる。眠ってはいるが、息が荒い。
2日目 朝、熱は37・9度。機嫌が悪く、昼まで泣き続けて、やっと眠る。起きてヨーグルトを食べるが、薬を飲ませようとするといやがって大泣き。無理に飲ませたら、また吐いてしまう。夕方39度を超えたので、座薬を使う。熱はその後37度台に。
3日目 下痢がひどくなる。食事は無糖のヨーグルトにすりおろしりんごを加えたもののみ。薬もヨーグルトにまぜて与える。
4日目 熱が下がり、目のまわりやおなかに発疹を発見。小児科に行き、突発性発疹と診断される。食欲も戻ってきた。
8日目 下痢も発疹もおさまり、すっかり元気に。

FromDoctor 機嫌がいいことが多いが、食欲のなくなるこんな例も

突発性発疹は、一般に「それほど機嫌が悪くはならない」とか、「食欲も保たれる」といわれることが多いのですが、紗枝ちゃんのように、全身状態が悪くなる子も少なくありません。薬をヨーグルトにまぜたようですが、食べ物にまぜて与えると、全量飲めないことがあるので注意しましょう。

1週間ほどずっとぐずぐず機嫌が悪く、すごくつらそうでした

宇恭くん(当時6カ月)・直子ママ
1日目 昼ごろからぐずり始める。熱っぽいので検温すると38・3度。急いで小児科に連絡したけれど、土曜日の午後でどこも診察終了。やっとみてもらえる病院を見つけて受診。のどが赤いのでかぜだろうと言われ、鼻とのどに効くシロップと抗生物質をもらう。とにかくぐずぐずと機嫌が悪く、肩で息をして苦しそう。食欲もない。夕方、39度になったので解熱剤の座薬を入れるが、4時間後にはまた38・5度以上になる。ベビー用のイオン飲料を少しずつ飲ませたり、冷却シートや冷却まくらで冷やしてあげる。
2日目 朝は37・5度に下がった熱も、夕方になると39・5度まで上がり、解熱剤使用。2~3時間たつとまた高熱になるので、夜にもう一度解熱剤を使う。
3日目 朝から39・5度の熱。かかりつけの小児科に行き、耳から採血して血液検査をしてもらうが、感染症などの病気ではないとのこと。午後から熱も37度に落ち着き、元気も出てくる。夜から下痢。両目のまわりに赤い発疹が出始める。
4日目 平熱に戻り、発疹が顔から首に広がる。午後には全身に発疹が出たので小児科へ。突発性発疹と診断され、薬は飲まなくてもいいと言われる。
6日目 発疹が消え始める。
9日目 発疹がほぼ消える。

ママからのコメント
高熱は3日で落ち着いたけれど、発疹が消えるまでずっとぐずっていたので、一日じゅうだっこで大変でした。

FromDoctor 高熱のときは水分補給をこまめに行い、おでこやわきの下を冷やしても

宇恭くんのぐずぐず、1週間以上も続いてお母さんは大変でしたね。最初は高熱のつらさから機嫌が悪くなり、途中からは下痢が続いておなかが痛かったり、鼻の薬に含まれる抗ヒスタミン薬で眠くなったりしたことが、ぐずぐずが長引いた原因だと思われます。水分補給をこまめに行い、冷やしてあげたケアは正解ですよ。

突発性発疹に関するおススメ記事

第一回 はじめての病気~突発性発疹【治療・家庭でのケア・注意】
突然の発熱! でも、あわてないで! 突発疹になっちゃった!!
1才2カ月【突発性発疹に関する心配】
発疹の出る病気

お気に入りに追加

コンシェルからあなたへ

新着情報

  • おすわりができるって、つまりどういうこと?

    おすわりは、赤ちゃんの成長を示す動作のひとつです。早くおすわりが出来るようにならないかなあ、と思っているママも多いのではないでしょうか。そんな赤ちゃんのおすわりについて、知りたいことを3つのトピックに分けてまとめてみました。 身体がしっかりしてきた証拠 ...

  • 赤ちゃんが寝返りする頃

    首がすわった赤ちゃんが迎える次の大きなステップは、寝返りです。寝返りは、これまであおむけの風景しか知らなかった赤ちゃんが、またひとつ違う世界を知るきっかけでもあります。ここでは、寝返りについて、まとめてみました。 赤ちゃんの寝返りは足から あおむけの姿...

  • 【野菜の栄養とうまみがたっぷり。具もスープも使える 野菜スープの作り方】

    離乳食はごく薄味に仕上げるため、だしや野菜スープでうまみを補うと赤ちゃんの食欲もUP!うまみと栄養がたっぷりの野菜スープは、煮てこすだけの簡単ステップ。おすすめ野菜や便利な保存方法とあわせ、料理研究家の中村陽子先生に教えていただきます。 ■野菜スープの作...

  • 赤ちゃんのあせも対策 ~春&初夏編~

    赤ちゃんをあせもから守るために 春になり気温が上昇してくると、増えるのが赤ちゃんのあせも。赤ちゃんは大人より体温が高く、汗っかき。だから、赤ちゃんにとってあせもは夏場だけの肌トラブルではないんです。 そこで、今の季節からしっかりを対策を行っておきましょ...

  • 首がすわる頃の赤ちゃんは?

    生まれたばかりの赤ちゃんは、まだ首がふらふらしていて、抱っこするのも大変で気を使いますよね。赤ちゃんの首がすわったかどうかは、成長をはかる上で最初に来る、わかりやすい大きなステップです。ここでは、首がすわる頃までの赤ちゃんについて、簡単にまとめてみました。...

  • 清水克彦の「頭のいい子が育つママとパパの習慣」~第25回 親は時代の変化に敏感になろう

    ←第24回 けんかの作法を教えよう 大学入試が大きく変わる  新年度を迎え、保育所や幼稚園、小中学校にも活気が戻ってきました。  今回は、そういう入園および入学の時期だからこそ、お父さんやお母さんに、是非とも知っておいていただきたい話をさ...

  • 赤ちゃんから幼児へ、大変だった子育ても一段落の12か月

    毎日その成長を見守ってきた赤ちゃんも、1歳の誕生日を迎えることになりました。生後12か月の赤ちゃんは、いったいどのようなことができるようになっているのでしょうか。体の動きについて詳しくまとめてみたので、ぜひ参考にしてみてください 一人で立てるようになる ...

  • 言葉や動作、11ヶ月の赤ちゃんの成長と変化を知ろう!

    ハイハイでの移動が速くなったり、食事も母乳から離乳食がメインに変化する頃が11か月の赤ちゃん。動作によっては危険なこともあるので、ますます目が離せません。月齢11ヶ月の赤ちゃんの知っておきたい成長と変化、コミュニケーションの取り方などをご紹介します。 動...

おすすめ情報

  • 咽頭炎・扁桃炎

    Part1全身の病気編 ■熱が主症状の病気 咽頭炎・扁桃炎(いんとうえん・へんとうえん) のどの最も浅い部分の炎症が咽頭炎。のどの奧にある扁桃が炎症を起こすのが扁桃炎。どちらもウイルス性のものは心配ありませんが、細菌性のものは要注意。 どんな病気? 咽...

  • 川崎病

    Part1全身の病気編 ■熱が主症状の病気 川崎病 0~4才の子どもに多く、特に1才前後の赤ちゃんがかかりやすい原因不明の病気。全身の血管が炎症を起こし、冠動脈瘤ができてしまうと命にかかわることもあるため、専門医での定期的チェックと治療が必要です。高熱が5...

  • 新型インフルエンザ、乳幼児の場合は?

    国立感染症研究所 感染症情報センター 感染症情報室 室長 多田有希先生 1985年東京慈恵会医科大学大学院医学研究科博士課程(小児科学専攻)修了。同大学附属病院、国立小児病院、愛育病院、神奈川県衛生看護専門学校付属病院、川崎市中原保健所および...

パートナー紹介




おすすめ情報



gooのお知らせ
品川シーズンテラス今春、いよいよ誕生!品川駅港南口から徒歩6分。国際ビジネス拠点のランドマーク「品川シーズンテラス」
いまgooいまgoo「いま」の話題が楽しめる「いまgoo」、おもわず話したくなる話題で、楽しむ・シェアする・盛り上がる!
一番安い自動車保険は?一番安い自動車保険は?《利用者800万人突破》最大21社に無料で一括見積もり。安くなった平均額は30,597円!
goo電子書籍特集とある家庭のペットとして暮らす魔王と、その飼い主である少年の物語。ときに隣の家の勇者におびえ――。