熱性けいれん

Part1全身の病気編 ■熱が主症状の病気

熱性けいれん

はしかや突発性発疹などの感染症にかかって、熱が上がりかけたときによく起こるのが特徴。
けいれんの発作は1~3分程度。
生後6カ月~3才に多く、6才を過ぎるとほとんど見られません。
一過性で後遺症もありませんが、再発を繰り返すときには予防的な意味で抗てんかん剤を服用することもあります。

どんな病気?

赤ちゃんや幼児が急に熱を出したときや高熱のあるときに、全身がガタガタふるえてけいれんを起こし、意識を失うのが熱性けいれん。かぜやはしか、突発性発疹などの感染症にかかって熱が上がりかけたときによく起きるのが特徴です。生後6カ月から5才くらいの間に起こりやすく、一度しか起こさない子もいれば、発熱のたびに再発を繰り返す子もいます。親やその子のきょうだい、おじ、おば、いとこなどが子どものころに熱性けいれんを起こしたことがあると、その子も熱性けいれんを起こしやすい傾向があります。

初めて起こしたときは医師の診察を

熱性けいれんは、たいていは一過性のもの。自然におさまり、後遺症の心配もありませんが、ほんとうに熱性けいれんかどうか確かめる必要があるので、初めてけいれんを起こしたときは必ず受診し、観察したことの報告をします。
また、次のような症状のときにはてんかんやほかの脳の病気の可能性もあるので、すぐに病院に行き、診察や脳波検査を受けてください。
・けいれんが10分以上続いた
・けいれんの様子が左右非対称
・1日に2回以上起こした
・6才以上で起こした
・熱がないのに起こした

ケアは?

熱性けいれん

初めてけいれんを起こしたときにはついあわててしまいますが、大声で名前を呼んだり、体を揺するのはダメ。また、口の中にスプーンや割り箸、ママの指を入れるのはタブー。かえって口の中を傷つけたり、かまれてしまう危険性があります。口の中に吐いたものがないことを確かめたあと、お母さんは落ち着いて、次のことを確認しましょう。

1)衣類をゆるめ、顔は横向きに

ひきつけを起こしたら、硬直した体を衣類で締めつけないように、首まわりや胸元のボタンをはずし、衣類をゆるめます。また、けいれんで吐くこともあるので、吐いたものが気管に詰まらないように、赤ちゃんの顔を横向きにします。

2)けいれんの時間をはかる

けいれんが始まったら時間を確認し、10分以上続くときには至急病院へ向かいます。

3)熱をはかる

熱性けいれんは一般的に38度以上の熱を伴います。熱がないのにひきつけたときには、急いで病院へ。

4)けいれんの様子を見る

体の突っ張り方やふるえ方が左右対称かどうかをチェック。けいれんが左右どちらかだけだったり、一方からだんだんと広がっていくようなときには至急病院へ。

5)おさまったら全身状態をチェック

けいれんがおさまったら、顔色や目の動き、呼吸の様子、手足の状態など、全身状態を確認します。再発防止のため、薄着にして、わきの下や足のつけ根、首筋などを冷やします。また、意識がないときはすぐ病院へ連れていきます。

今後の対策も相談しておきましょう

ひきつけがおさまって受診するときには、今後熱が出たときの対応についても相談しておくと安心。次に高熱が出たときのために、けいれん止めの座薬が処方されることが多いようです。
何度もけいれんを繰り返すときには、予防のために2~3年くらい抗てんかん剤を服用するケースも。

読者の体験

突発性発疹の高熱で、急に白目をむいてひきつけてしまって

妃那ちゃん(当時1才)・美樹ママ
1日目 昼間は元気だったのに、夜急に39度の熱。夜間診療センターを受診、かぜと言われて解熱剤の座薬とかぜ薬のシロップをもらう。
2日目 体温39度。解熱剤も効かず、寝ていてもつらそう。笑わないし、泣かない。ただぐったりと寝転がっているだけ。おばあちゃんが抱きかかえたとき、急にひきつけを起こす。手を上に上げたまま体をピンと突っ張らせ、白目をむいたままピクンピクンとけいれん。あわてて病院に向かうが、その途中でやっと泣きだし、一安心。手と足を一生懸命さすってあげる。病院で、熱性けいれんと言われ、しばらく様子を見てもらう。2時間後に帰宅。
3日目 昨日にくらべて元気が出てきた。けいれん止めの座薬は1日1回。熱は38・5~38度だが、まだなんとなくぼんやりしていて笑わないので不安。
4日目 やっと熱が下がってきて、顔に赤い発疹が出始める。
6日目 発疹が全身に広がる。
6日目 発疹がピーク。
7日目 発疹が消える。

ママからのコメント
突発性発疹の高熱がきっかけでひきつけてしまいました。突発性発疹自体は軽い病気だと考えていたのでびっくりです。けいれんは初めてだったので、私もあわててしまいました。もっと落ち着いて行動できればよかったのですが……。一度けいれんを起こした子は再発しやすいと聞き、熱を出すたびにハラハラしてしまいます。

FromDoctor 6才くらいまでは繰り返すことも少なくありません

突発性発疹で初めての発熱を経験する子も多く、妃那ちゃんのようなケースも多いのです。熱性けいれんを経験した子では、次に高熱が出たときにも起こす可能性がありますが、6才過ぎると発熱に対して耐性がついて、熱性けいれんはほとんど見られなくなります。

ひきつけてしまったのは、あたためすぎたのが原因?

悟くん(当時1才1カ月)・香ママ
1日目 夕方、なんとなく元気がなかったけど、食欲もあるし、熱もはからずにそのまま。夜10時過ぎに熱っぽいので検温すると39・2度!すぐに夜間救急へ。運悪く、小児科のドクターが不在で、私が子どものころにひきつけた経験があると話したのに、処方された薬は解熱剤の座薬と抗生物質の内服薬だけ。帰宅してからも熱が下がらず、悪寒があるようなので、とにかく毛布をかけてあたたかくした。
2日目 日付が変わったころ、ぐずりながらもウトウト眠る。氷枕で頭を冷やすほか、わきの下なども冷やすが、熱は下がらない。深夜2時、突然「わー」と騒いだと思ったら、ひきつける。最初の10秒くらいは、わが子と時計を見くらべてひきつけの時間をはかっていたけれど、やっぱり冷静ではいられなくなって救急車を呼ぶ。ひきつけは1分ほどでおさまったが、ぐったりして顔色も真っ青。救急車で医大へ。このとき体温40・1度。医大では、念のためにと点滴を受け、けいれん止めの座薬と解熱剤の座薬を投与される。
3日目 朝にはすっかり熱も下がり、少し発疹が出る。

ママからのコメント
高熱が出ているときに毛布をかけたりしてあたためすぎたのがよくなかったと、あとで看護婦さんに聞き、すっごく反省しました。熱が出るたびにまたひきつけるのではと不安ですが、この1カ月後の突発性発疹のときには熱性けいれんを起こさずにすみました。

FromDoctor 身内に熱性けいれん経験者がいると、熱を出したときには要注意

熱に弱い体質はある程度遺伝するので、両親やきょうだいが熱性けいれんの経験者の場合、赤ちゃんもハイリスク。高熱が出た場合には、十分気をつけてあげましょう。また、看護婦さんの指摘どおり、高熱が出ているときにさらにあたためると、体内に熱がこもってけいれんの原因になります。熱が上がりきったら1枚少なめを心がけて。

熱性けいれんに関する他の記事

熱性けいれん
第二回 熱性けいれん
第二回 熱性けいれん【保護者がチェックしておくこと】
第二回 熱性けいれん【予防・補足】

お気に入りに追加

コンシェルからあなたへ

新着情報

  • 尿もれ&セックス、だれにも言えない産後の下半身のお悩み解決法

    出産が終わってほっとしたのもつかの間。産後のママは、尿もれやパパとのセックスなど、まわりに相談しにくい悩みを抱えることも多いもの。そんなお悩みを解決するヒントをご紹介します。 尿もれに効く骨盤底筋体操 産後1カ月のママの8~9割に、尿もれ体験がある...

  • 2人目の妊娠…ママの体はどうケアする?

    2人目の妊娠は、何もかも初めての経験の初産と違って慣れていることもありますが、まだ小さい赤ちゃんのお世話をしながら対処しなければいけないので結構たいへんです。ここでは、上の子の年齢によって、2人目を妊娠したママが気を付けたいことをご紹介します。 上の子の...

  • スキンシップが大事!上の子と上手にコミュニケーションをとる方法

    2人目の妊娠がわかったら、上の子のお世話が今までのようにできなくなる心配が出てきますよね。安定期に入るまでは、重いものを持つなど無理は禁物。ではどのようにコミュニケーションをとってあげると良いのでしょうか。 抱っこができない時期を乗り越えるには? 上の...

  • 切迫早産

    妊娠してからの検診は、赤ちゃんの様子が見られるので毎回楽しみでした。 今まで何にも言われなかったのに、25週の検診で先生から 「安静にしておいた方がいいですよ」 と言われ、仕事も辞め、お家でのんびりと過ごしました。 次の検...

  • どうしても気になる。。。妊娠に気づく前にしちゃったこんなこと大丈夫?

    妊娠していることに気が付かず、何の気なしに薬やお酒を飲んでしまった、ということがある方もいらっしゃると思います。薬やお酒などは妊娠初期の胎児に悪影響はないのでしょうか。やってしまいがちなケースをピックアップしますので、確認してくださいね。 妊娠に気付かず...

  • 帝王切開するしかない?逆子のままお産する方法

    臨月の定期健診で逆子と診断されたら不安なものですね。お産の方法は一概に帝王切開だけではなく、逆子の状態によっては自然分娩も可能です。担当医師がママと赤ちゃんへのリスクを考えて決定しますので、お産までの注意点などをよく伺っておきましょう。 お産の方法は安全...

  • 妊娠中のストレス対策に!心の健康につながる栄養レシピ

    ひじき入り豆腐ハンバーグ カロリー:357kcal/1人分・調理時間:30分 鶏ひき肉にも多く含まれるビタミンB6は、神経の働きを正常に保つために必要な酵素。また、ひじきは鉄分が豊富で貧血予防にも効果的。「ひじき入り豆腐ハンバーグ」のレシピを見る 豚...

  • マッサージで解消◎赤ちゃんの軽い便秘はこのアイテムで刺激

    赤ちゃんが時々なってしまう、軽い便秘。まだ自分では大きく体を動かすことのできない「ねんね期」では、運動不足になってしまいがちなのもその原因のひとつなんです。どこの家にもあるアイテムを使って、ママの手で刺激してあげる方法を見ていきましょう! 即効性のある刺...

おすすめ情報

  • 日射病・熱射病

    Part1全身の病気編 ■熱が主症状の病気 日射病・熱射病 車の中に赤ちゃんを置き去りにしたため、脱水症状から死に至るという事故が多発しています。子どもがぐったりしていたら、涼しい場所で水分補給を。 どんな病気? 真夏の炎天下の海辺など、戸外で強い直射...

  • 新型インフルエンザ、乳幼児の場合は?【予防】

    季節性インフルエンザと新型インフルエンザ、症状はほとんど同じと考えてよいでしょう かぜは主にウイルスが原因(細菌やマイコプラズマなどが原因になる場合もある)で、原因となるウイルスなどによって夏に流行するものもあれば、冬に流行するものもあります。症状は鼻水、せ...

  • ヘルパンギーナ

    Part1全身の病気編 ■熱が主症状の病気 ヘルパンギーナ 夏かぜの一種で、高熱とのどにできる水疱が特徴。水疱がつぶれると痛むので、赤ちゃんは不機嫌になり、食欲も減退します。熱は2~3日、カイヨウも1週間ほどで治ります。 どんな病気? 夏の間から秋口に...

パートナー紹介




おすすめ情報



gooのお知らせ
品川シーズンテラス今春、いよいよ誕生!品川駅港南口から徒歩6分。国際ビジネス拠点のランドマーク「品川シーズンテラス」
いまgooいまgoo「いま」の話題が楽しめる「いまgoo」、おもわず話したくなる話題で、楽しむ・シェアする・盛り上がる!
一番安い自動車保険は?一番安い自動車保険は?《利用者800万人突破》最大21社に無料で一括見積もり。安くなった平均額は30,597円!
goo電子書籍特集とある家庭のペットとして暮らす魔王と、その飼い主である少年の物語。ときに隣の家の勇者におびえ――。