咽頭結膜熱(プール熱)

Part1全身の病気編 ■熱が主症状の病気

咽頭結膜熱(いんとうけつまくねつ)(プール熱)

プールなどの水を介してうつることが多いので、「プール熱」と呼ばれます。
高熱、結膜炎、のどの痛みがあるのが特徴です。
うつるので、タオルなどは別にして。

どんな病気?

初夏から秋口にかけて多い、夏かぜの一種です。原因はアデノウイルス。このウイルスに感染している子の目やにやのどの分泌物、便などが感染源。プールの水が汚染されて集団発生することが多く、俗に「プール熱」と呼ばれています。プールに入らない赤ちゃんにはあまり見られず、幼稚園児や学童に多い病気ですが、アデノウイルスは感染力も強いため、上の子が感染すると赤ちゃんにうつることもあります。潜伏期間は5~7日です。

のどの痛みと目の充血、高熱が主症状です

症状は、その名のとおり、のど(咽頭)と目(結膜)部分に出ます。のどがはれて痛み出すと同時に結膜炎を起こし、白目やまぶたの裏側が赤くなり、目やにが出ることもあります。目がショボショボする、まぶしがるといった症状と前後して、急に39度前後の高熱が出ます。プール熱の場合、のどの痛みと目の充血、高熱という3つの症状が出るので診断がつきやすい病気ですが、赤ちゃんの場合には下痢や嘔吐などの症状のほうが目立って、結膜炎が出ないこともあります。

また、プール熱に似た症状で、通称「はやり目」と呼ばれる流行性角結膜炎という病気があります。プール熱ほど多い病気ではありませんが、感染力が強いため、周囲にかかっている子がいたら要注意。プールを介してや、タオルを共有することで感染します。症状はプール熱よりも重く、白目が真っ赤に充血し、目が開かないほどにはれ、涙や目やにがたくさん出ます。1才未満の子がかかると細菌感染を起こし、ごくまれですが最悪の場合には失明することも。

ケアは?

アデノウイルスに直接効く薬はないので、治療はやはり対症療法になります。目やにがひどいときには、ぬれたガーゼなどでこまめにふき取ってあげましょう。細菌の二次感染防止のために抗生物質入りの点眼薬を使うこともあります。プール熱の場合、眼科と小児科、どちらを受診するか迷うかもしれませんが、まず小児科を受診し、必要に応じて眼科を紹介してもらうとよいでしょう。
熱は3~4日続きますが、その間のケアはかぜのときと同じ。1週間ほどで軽快しますが、のどの痛みが強いので脱水症状に気をつけて。

タオルの使用や洗濯は家族と別にします

アデノウイルスは同じタオルや洗面器を使うことで感染するので、家族とは別のものを使い、洗濯も別にします。症状が消えたあとも2週間ほどは便や唾液の中にウイルスがいるので、おむつがえのあとにはせっけんでよく手を洗いましょう。

読者の体験

目やにからスタート3日目に発熱

郁香ちゃん(当時1才3カ月)・香織ママ
1日目朝から右目の目やにがひどく、目がはれている。様子を見ているが治らないので、夕方救急診療所に行き、目薬をもらう。特に熱はない。
2~4日目目やにが止まらないが、特に変わったこともなく、平熱。
5日目保育園で熱を出し、小児科を受診。咽頭結膜熱と診断される。熱は38・7度。だっこしていても熱っぽく、ずっとぐずっている。
6日目熱は37度台に落ち着く。特にぐずることもなく、一日じゅうよく眠って過ごす。
7日目平熱に戻る。ときおり出る目やには目薬を使う。

ママからのコメント
熱を出しやすい子なので、最初から主治医に相談すべきだったと反省しました。

FromDoctor 保育園などでよくもらってくる病気のひとつです

郁香ちゃんは保育園に通っているそうですが、咽頭結膜熱は保育園などでよくもらってくる病気のひとつ。目の症状は軽い分、高熱を伴う病気ですが、郁香ちゃんは熱もあまり高くなく、比較的軽くてすんだようです。目やにが出ているときには、家族とタオルを共有しないなど、感染予防を。

お気に入りに追加

コンシェルからあなたへ

新着情報

おすすめ情報

  • インフルエンザ

    Part1全身の病気編 ■熱が主症状の病気 インフルエンザ 感染力が強いインフルエンザウイルスが原因で、秋冬から春先にかけて流行します。かぜにくらべて症状がはげしく、乳幼児がかかると症状も重く、脳症などの合併症を起こす可能性も高いので、大人が外からウイルス...

  • 新型インフルエンザ、乳幼児の場合は?【受診】

    かかったかも……と思ったら、どこを受診したらいいですか? かかりつけの医師に、受診前に電話で連絡を 現在は、どこの病院でもみてくれると思いますが、地域によっては特別な発熱外来などをもうけているところがあるかもしれません。まずかかりつけの医師に連絡しましょう...

  • かぜ症候群

    Part1全身の病気編 ■熱が主症状の病気 かぜ症候群 赤ちゃんや子どもの病気で、最もよく見られるのがかぜ。たくさんの種類のウイルスや細菌などに感染することで起きる病気で、鼻水やのどの痛み、せきのほか、発熱、頭痛といった全身症状が見られます。こじれると気管...

パートナー紹介




おすすめ情報



gooのお知らせ
あなたの好きなデザインテーマは1~12月までの季節感テーマのデザインや、環境活動に貢献できる緑のgooなど、好きなデザインテーマを設定しよう
gooをスタートページに設定しようタイムリーなニュースやメール、天気など、便利な情報が集約! 地震や津波など防災情報もお知らせするgooトップページを設定しよう
一番安い自動車保険は?一番安い自動車保険は?《利用者800万人突破》最大21社に無料で一括見積もり。安くなった平均額は30,597円!
goo電子書籍特集とある家庭のペットとして暮らす魔王と、その飼い主である少年の物語。ときに隣の家の勇者におびえ――。