ヘルパンギーナ

Part1全身の病気編 ■熱が主症状の病気

ヘルパンギーナ

夏かぜの一種で、高熱とのどにできる水疱が特徴。
水疱がつぶれると痛むので、赤ちゃんは不機嫌になり、食欲も減退します。
熱は2~3日、カイヨウも1週間ほどで治ります。

どんな病気?

夏の間から秋口にかけてはやる夏かぜの一種で、乳幼児に多い病気です。主にコクサッキーウイルスによって起こりますが、原因となるウイルスが数種類あるため、何回もかかってしまうことがあります。

高熱とのどの痛み特徴です

特徴は、急な発熱とのどの奧にできる水疱です。突然39~40度の高熱が出て、扁桃腺の上のほうに小さな水疱が数個~10数個でき、その周辺が赤くなります。最初は1平方ミリくらいですが、2~3日で2~3平方ミリメートルくらいの大きさになり、つぶれて黄色っぽいカイヨウになります。ひどくしみるのも特徴でかなり痛むため、唾液を飲み込むこともできなくなり、よだれが多くなったり、過敏な子は吐きやすくなることも。熱は2~3日で下がり、カイヨウも1週間ほどで治ります。また、解熱剤には鎮痛作用もあるので、のどの痛みが強いときに処方されることがあります。

高熱とのどの痛み以外の症状は軽く、病気そのものはあまり心配いりませんが、のどの痛みから水を飲むのもいやがるようになると問題。発症するのは夏ですし、高熱が出るので、水分補給を怠ると汗と熱であっという間に脱水症状を起こしてしまいます。水分はこまめに与えるように気をつけましょう。

ケアは?

ウイルスが原因なので、病気そのものを治す薬はありません。特別な治療をしなくても、熱も口内炎も治ります。食事を受けつけないほどのどが痛むのも最初の数日だけ。この時期には水分の補給を第一に考え、赤ちゃん向けのイオン飲料や麦茶、白湯などをこまめに与えましょう。飲み物を全く口にしないようであれば、早めに病院に連れていき、点滴による水分補給をしてもらいます。赤ちゃんの場合、もし哺乳びんをいやがるようであれば、スプーンやストローを使うなど、少しずつでも水分を与える工夫が必要です。

離乳食は食べやすさを優先して

離乳食は無理じいしないこと。メニューは、栄養面よりも食べやすさを優先してあげましょう。熱いものや刺激のあるものはのどの痛みを倍増させるので、やわらかく調理したのどごしのよいものがベスト。プリンやヨーグルト、食欲があるならおかゆや煮込みうどんなどがおすすめです。

読者の体験

のどを痛がって母乳も飲んでくれなくて

莉歩ちゃん(当時1才)・幸子ママ
1日目朝は元気で食欲もあるが、外出時にひきつけを起こす。2~3分でおさまったので、すぐかかりつけの小児科へ。39・8度も熱があり、熱性けいれんとの診断。抗生物質と解熱剤、抗けいれん薬を処方される。
2日目体温は39・8度前後。解熱剤を使うと37度台まで下がる。食欲なし。
3日目食欲がなく、機嫌も悪くて一日じゅうぐずぐず。下痢ぎみのため再診すると、のどにブツブツが出ているためヘルパンギーナと診断される。
4日目熱は下がったが、のどは痛そう。機嫌も悪い。
5日目平熱に戻り、ヘルパンギーナも完治。

ママからのコメント
近所でこの病気がはやっていたので、うつったのかも。

FromDoctor なめたおもちゃの貸し借りでもうつるので気をつけて

ヘルパンギーナは飛沫感染するため、せきやくしゃみはもちろん、なめたおもちゃの貸し借りでもうつります。近所などではやっているときには注意しましょう。莉歩ちゃんの場合、熱性けいれんからスタートしたように見えますが、熱が出る前に口の中には水疱ができていたはずですよ。

お気に入りに追加

コンシェルからあなたへ

新着情報

  • 個人差は大きい、けど知りたい離乳食のステップアップの仕方

    離乳食のステップアップの速度は、個人差が大きいものです。お子さんはペースが速いタイプなのか、ゆっくり進むタイプなのかを見極め、お子さんに合った進み方でステップアップしていくことが離乳食をスムーズに進める鍵にもなります。 1回食のタイミングと調理形態 離...

  • 突然の切迫診断→寝たきり

    そろそろ産休が近付いてきたとワクワクし始めた頃突然の切迫診断。産休前に1ヶ月ほど有給をプラスし自宅安静になりました。 私の両親は亡くなっており、義母も入院中で夫と二人で頑張りました。 夫が帰宅してから家事をして私のご飯まで作ってくれる...

  • できれば我慢!妊娠中に避けたい食べ物や飲み物

    妊娠中に食べてはいけない!はっきりと定められているものはありませんが、お腹の赤ちゃんのためにもできれば避けたほうがいいというものはいくつかあります。加工食品など塩分や脂肪分、糖分の多いものには注意が必要です。 調味料に気を付けて! 調理に使用する砂糖や...

  • 清水克彦の「頭のいい子が育つママとパパの習慣」~第33回 ご先祖さまを大切に

    ←第32回 季節感や地域の行事を大切に 親子できちんとお墓参り  前回、私は、この連載の中で、お父さんやお母さんは「季節感や季節の行事を大切に」と述べました。  そうすることによって、仕事や家事に追われる日々に、ホッとできる瞬間が...

  • 9月中旬出産ママのおすすめ出産準備マストアイテム&ウエアの着せ方教えます!

    3人目ベビーを9月中旬に出産したママは、お下がりを活用しながらお気に入りを買い足して、かしこい出産準備をしていました! 退院後すぐに涼しくなるけど、室内はあたたかいこの時期。ウエアや肌着選びも参考にしてみてくださいね♪ 【9月12日生まれ】3人目Baby...

  • 食事が赤ちゃんを作る!妊娠中に積極的に食べたいもの

    妊娠中は、お母さんが食べたものがお腹の赤ちゃんの体を作るため、なるべく栄養のあるものを意識して食べることが大切です。カロリーの計算や栄養学の知識がないという人は、ヘルシーで栄養バランスの優れた食材を意識して摂るようにしましょう。 主食は未精製のものに変え...

  • 保育士しながら妊婦生活。ハードな環境だったけれど、子どもたちから元気をもらって頑張れた!

    私は、障がいを持ったお子さんや、発達に心配のあるお子さんの療育施設で働いております。 妊娠がわかったのは、昨年4月半ばでした(妊娠2ヶ月)。 新年度を迎えたばかりで、とにかくバタバタ。 私は主任保育士でしたので、日々の保育の他、毎日...

  • 赤ちゃんの夜泣きも楽になる?「小児はり」でママの笑顔も増える!

    赤ちゃんの夜泣きが続くとママもつらいものですよね。実はほとんどの赤ちゃんは夜泣きをします。夜泣きの原因は熱いと眠れないとかいろいろですが、言葉をしゃべることのできない赤ちゃんは泣くことで、必死に訴えてる訳ですね。昔から夜泣きをする子供をかんの虫といって、大...

おすすめ情報

  • 川崎病

    Part1全身の病気編 ■熱が主症状の病気 川崎病 0~4才の子どもに多く、特に1才前後の赤ちゃんがかかりやすい原因不明の病気。全身の血管が炎症を起こし、冠動脈瘤ができてしまうと命にかかわることもあるため、専門医での定期的チェックと治療が必要です。高熱が5...

  • 突発性発疹

    Part1全身の病気編 ■熱が主症状の病気 突発性発疹 高い熱が3~4日続き、熱が下がると同時に、おなかや背中に赤い発疹が出る病気。生後6~12カ月に多く、初めての発熱がこの病気という子も多いので、あわてずに経過観察を。季節を問わずに発生し、はしかや水ぼう...

  • 咽頭炎・扁桃炎

    Part1全身の病気編 ■熱が主症状の病気 咽頭炎・扁桃炎(いんとうえん・へんとうえん) のどの最も浅い部分の炎症が咽頭炎。のどの奧にある扁桃が炎症を起こすのが扁桃炎。どちらもウイルス性のものは心配ありませんが、細菌性のものは要注意。 どんな病気? 咽...

パートナー紹介




おすすめ情報



gooのお知らせ
あなたの好きなデザインテーマは1~12月までの季節感テーマのデザインや、環境活動に貢献できる緑のgooなど、好きなデザインテーマを設定しよう
gooをスタートページに設定しようタイムリーなニュースやメール、天気など、便利な情報が集約! 地震や津波など防災情報もお知らせするgooトップページを設定しよう
一番安い自動車保険は?一番安い自動車保険は?《利用者800万人突破》最大21社に無料で一括見積もり。安くなった平均額は30,597円!
goo電子書籍特集とある家庭のペットとして暮らす魔王と、その飼い主である少年の物語。ときに隣の家の勇者におびえ――。