川崎病

Part1全身の病気編 ■熱が主症状の病気

川崎病

0~4才の子どもに多く、特に1才前後の赤ちゃんがかかりやすい原因不明の病気。
全身の血管が炎症を起こし、冠動脈瘤ができてしまうと命にかかわることもあるため、専門医での定期的チェックと治療が必要です。
高熱が5日以上続き、手足や口、目が赤くなったら要注意。

どんな病気?

川崎病の正式な名前は「小児急性熱性皮膚粘膜リンパ節症候群」といいますが、発見者の川崎富作博士の名前を取って、川崎病と呼んでいます。

原因不明の熱が5日以上続くときには要注意

川崎病

川崎病の原因はまだはっきりわかっていませんが、高熱がつづき、ときに重大な後遺症を残します。全身に血管炎が起きていることから、体の免疫機構に何か関係があるのではといわれています。5才以下の子どもに多く、特に1才前後の発症が多いのも特徴です。子ども1万人に対して年間数人くらいが発症するといわれています。
最初は発熱、せき、鼻水など、かぜのような症状から始まりますが、やがて次のような特有の症状が出てきます。

1)原因不明の39~40度の高熱が5日以上続く。
2)数日して、水疱を持たない赤い発疹が全身に出る。
3)発疹が出る前後から、手のひらや足の裏が赤くむくんでかたくなる。
4)発疹が出る前後に、くちびるが荒れて出血し、舌もいちごのように赤くブツブツが出る。
5)熱が出てから数日後、白目が充血して真っ赤になる。
6)発熱と同時、もしくは熱が出る少し前に首のリンパ節がはれてくる。

これら6つの症状のうち、5つがあてはまると、川崎病と診断され、入院、検査が必要になります。
1才前後の赤ちゃんが原因不明の高熱を出し、くちびるや目が赤くなったときには、川崎病を疑う必要があります。必ず小児科の診断を受けてください。

全身に血管炎が起き、冠動脈にこぶができることも

川崎病は全身に血管炎が起こる病気ですが、特に心臓に血液を送り込んでいる冠動脈という血管に瘤(こぶ)ができることがあるため、川崎病の疑いがあるときには心臓の超音波検査が可能な病院に入院します。
川崎病を発症した子どもの10%ほどにこの冠動脈の異常が見られます。このこぶの内側に血液のかたまり(血栓)ができやすく、血液の流れが悪くなると心筋梗塞を起こし、命にかかわることもあるため、入院中は血管の炎症を抑える薬や、血液がかたまらないような薬を使い、慎重に経過を観察します。

ケアは?

川崎病

冠動脈瘤は発症から7日目くらいで大きくなり始め、2~3週間でピークになるので、入院も1カ月前後になります。この時期はガンマグロブリンなどの治療を行い、経過を観察しながら、アスピリンなどの血液凝固を防ぐ薬で乗り切ります。
熱はたいていの場合2週間くらいで下がり、そのころから手足の指の先から皮膚がボロボロとむけてきます。

冠動脈瘤がなければふつうの生活が送れます

冠動脈瘤がない場合は症状がおさまったあとも2~3カ月はアスピリンの投与を続け、その間に心臓の超音波検査や心電図で検査をし、問題がないようなら薬を中止します。その後数年は定期検診などの経過観察が必要ですが、その間特に治療は必要なく、日常生活に制限もありません。
一方、冠動脈瘤ができた子は、その後も心臓の専門医のもとで定期的なチェックを続けます。小さなこぶであれば、たいていの場合2~3カ月で自然に消えてしまいます。動脈瘤が原因で心筋梗塞を起こすケースは非常にまれなので、適切な治療を受けていればそれほど心配ありません。
でも、こぶのせいでその部分の血管が狭くなってしまった場合には、その後もずっと薬を飲み続ける必要があります。
川崎病の原因はまだわかっていませんが、現在ではその治療方法や合併症の検査方法も確立されているので、きちんと治療を受けていれば、以前ほどこわい病気ではなくなってきているのです。

読者の体験

白血病やガンまで疑われたけれど「不全型川崎病」と言われて

川崎病

K・Mくん(当時3カ月)・Kくんママ
1日目夕方から発疹が出始め、病院へ行くと様子を見るために入院と言われる。少しずつ熱が上がって38度。
2日目発疹がひどく、おなかは真っ赤。血液検査で感染症の疑い。川崎病にしては症状がそろわず、月齢も低いので違うのではないかとのこと。熱はどんどん高くなって39度。呼吸も荒くなり、熱性けいれんに似た症状まで出始めるが、何の熱かわからないため薬で熱を下げることもできず、心配。
3日目ミルクを吐いたり、頭をさわると泣くため、髄膜炎かもしれないと言われて髄液の検査。熱は38~39度で、目もうつろ。12時間ほどミルクもストップという指示が出る。
4日目少しずつ熱が下がってきたが、CRPの値は高く、この時点でも原因不明。心エコーでも心臓の血管のはれは確認できず、結局川崎病の症状が出なかったため、ガンマグロブリンの治療は行わない。抗生物質で熱は下がったが、CRPの値が下がらなくて白血病やガンまで疑われた。
その後熱が下がって1週間たってから手の薄皮がめくれ、退院してからの心エコーで心臓のはれが少し見られたため、不全型の川崎病と判明。

ママからのコメント
いまも定期的に検査を受けていますが、血管のこぶも見られず、特に後遺症の心配もないとのこと。白血病まで疑われたときには心配でしたが、すっかり元気になって本当によかった。

通常の4倍もガンマグロブリンを投与。40日間も入院しました

遼河くん(当時5カ月)・みゆきママ
1日目帰省中、熱っぽいことに気づく。39・3度。帰省先の病院で突発性発疹ではと言われる。
2日目熱は下がらず、39・2度。ずっと機嫌が悪い。
3日目帰宅。水分も母乳も受けつけない。小児科に行くと、目の充血、発疹、BCGのあとがはれる、といった症状から川崎病と診断され、病院を紹介されて即入院。目の充血、発疹、いちご舌、リンパのはれなど症状がそろい、夜、ガンマグロブリンを投与開始。アスピリンも服用する。
4~6日目泣き通して声がかれる。下痢。/TD>
7日目39・1度。心音が弱く、心エコー検査で心臓に水がたまっていることがわかり、利尿剤を使用。むくみが強い。心臓の血管もはれている。
8~10日目予定のガンマグロブリンが効かず、追加。
11日目体温40・1度で解熱剤使用。ステロイド治療開始。
12~23日目ステロイドが炎症を抑えるため、ステロイドを投与すると平熱に戻り、機嫌もよい。やめると高熱が戻る。
24日目血液炎症反応があり、ガンマグロブリン投与。通常の4倍の投与。ここまで熱が下がらないのは初めてとか。29日目心エコーで右に冠動脈瘤が発見される。
42日目退院。

ママからのコメント
退院後も冠動脈瘤の検査などで4泊5日の入院。アスピリンの服用を続ければ大丈夫と言われ、心底ホッとしました。

FromDoctor かなり重いケース。今後も十分な注意が必要です

川崎病は、ガンマグロブリンを投与することで8~9割は熱が下がりますが、遼河くんは通常の4倍量を投与したとのこと。かなり重いケースだといえるでしょう。冠動脈瘤ができると最悪の場合は命にかかわることもあるので、今後も注意が必要です。心臓専門医での定期的なチェックを欠かさないようにしましょう。

川崎病に関する他の記事

赤ちゃんの病気/川崎病

お気に入りに追加

コンシェルからあなたへ

新着情報

  • さまざまな妊婦健診…超音波検査やGTT検査ってどんなもの?

    妊娠すると、産院で定期的に妊婦健診や検査を受けるようになります。妊婦健診は、赤ちゃんの成長や異常がないかを知るために必要なもの。毎回行う問診、内診、体重・血圧測定、尿検査、超音波検査に加えて血液検査も4回くらい行われます。ここでは超音波検査や尿検査について...

  • 清水克彦の「頭のいい子が育つママとパパの習慣」~第29回 学びのタネは外にある

    ←第28回 オリンピックで子どもは伸ばせる まず親が外に出よう  初夏を迎え、この連載を目にされている皆さんや皆さんのお子さんで、この春から新たな部署や新たな学校に身を置くことになった方々も、それぞれの環境に慣れてきた頃かと思います。  ...

  • 卒乳・断乳しないとどうなる?卒乳は赤ちゃんの自立の一歩

    ミルクだけに頼っていた赤ちゃんの乳離れを、断乳や卒乳といいます。離乳という呼び方もありますが、どれも意味は同じで、赤ちゃんがおっぱいも哺乳瓶も卒業すること。いつまで子どもにおっぱいをあげてもいいのか、ママも悩むところですが、もしも適当な時期に断乳しないとど...

  • 男の子女の子を伸ばす育て方は、それぞれの違いを知ることから!

    周囲に対して敏感な「女の子」、のめり込みやすい「男の子」。身長や体重、体つきだけでなく、赤ちゃんの時代から脳も違います。それぞれを伸ばし、育てていくために性差を知っておきましょう。 男の子と女の子は胎児のときから違います ママのおなかにいるとき、赤ちゃ...

  • 夜泣きがつらい?!乗り越える方法を伝授します!

    赤ちゃんを育てる毎日はとても大変ですね。普通に世話をしているだけでも疲れます。特に夜泣きのある赤ちゃんの場合、ママも泣きたくなるほどのつらさとなります。ただ耐えているだけではつらい毎日が続くことに。夜泣きのつらさを乗り越えるための方法をご紹介します。 睡...

  • いつもと違う?!妊娠中におりものの異常を感じたら

    妊娠中は体にさまざまな変化が生じることもありますが、おりものがいつもと違うと感じたら、それは受診のサイン。デリケートなことだけについ我慢しがちですが、妊娠中だからこそ、早めの処置が必要なケースもあるためです。 妊娠中のおりもの異常は気づいたら受診を! ...

  • 初産。医師への伝え方。順調なマタニティライフが一転、突如、入院生活へ。

    初産です。妊娠中期20週の時、突如、オリモノに血が混じり、慌てて受診すると即入院になりました。 そこで学んだ事をお伝えできたらなぁと思います。 入院時、診断は膣の細菌感染と切迫早産でした。 思い返せば、13週頃に夜横になりお腹を...

  • しっかり受けよう!予定日前後の健診でわかることは?

    ママにとって予定日前後の生活も慌ただしいもの。お産当日にあわてなくて済むように、入院の準備もしっかりとしておきましょう。急なことにも対応できるように、母子健康手帳や健康保険証、産院の診察券などは常に持ち歩くようにするといいですね。ここでは、予定日前後の健診...

おすすめ情報

  • 突発性発疹

    Part1全身の病気編 ■熱が主症状の病気 突発性発疹 高い熱が3~4日続き、熱が下がると同時に、おなかや背中に赤い発疹が出る病気。生後6~12カ月に多く、初めての発熱がこの病気という子も多いので、あわてずに経過観察を。季節を問わずに発生し、はしかや水ぼう...

  • 新型インフルエンザ、乳幼児の場合は?【症状】

    乳幼児の場合、新型インフルエンザにかかると、どんな症状が出ますか? ・突然の高熱(38度以上のことが多い)・おっぱいやミルクの飲みが悪くなる/グズグズと泣いたり、機嫌が悪くなる・全身症状(だるい、関節痛、筋肉痛)・やや遅れて鼻水、せき など これまでに得られ...

  • 熱性けいれん

    Part1全身の病気編 ■熱が主症状の病気 熱性けいれん はしかや突発性発疹などの感染症にかかって、熱が上がりかけたときによく起こるのが特徴。けいれんの発作は1~3分程度。生後6カ月~3才に多く、6才を過ぎるとほとんど見られません。一過性で後遺症もありませ...

パートナー紹介




おすすめ情報



gooのお知らせ
品川シーズンテラス今春、いよいよ誕生!品川駅港南口から徒歩6分。国際ビジネス拠点のランドマーク「品川シーズンテラス」
いまgooいまgoo「いま」の話題が楽しめる「いまgoo」、おもわず話したくなる話題で、楽しむ・シェアする・盛り上がる!
一番安い自動車保険は?一番安い自動車保険は?《利用者800万人突破》最大21社に無料で一括見積もり。安くなった平均額は30,597円!
goo電子書籍特集とある家庭のペットとして暮らす魔王と、その飼い主である少年の物語。ときに隣の家の勇者におびえ――。