手足口病

Part2全身の病気編 ■発疹の出る病気

手足口病

夏かぜの一種で、手、足、口の中に水疱ができるのが特徴。
口の中の水疱がつぶれると痛むので、のどごしのよい食事を。

どんな病気?

腸の中にいるコクサッキーA16ウイルスやその他のエンテロウイルスが原因で起こる夏かぜの一種。生後6カ月くらいから、4~5才ころの幼児に多い病気です。せきや唾液などの飛沫感染のほか、便からもウイルスが排泄されて口からうつったりします。潜伏期間は3~5日くらいです。手足や口に特有の発疹が出ます

この病気は、その名のとおり手足と口にできる水疱状の発疹が特徴。手のひら、足のうら、口の中に、周囲が赤くて真ん中が白い、米粒大の水疱ができます。足の甲やおしりにできることもあります。痛みやかゆみはありませんが、足の水疱が少し痛がゆいことも。熱は出ても37~38度くらいで、1~2日でたいてい下がります。ときには下痢や嘔吐を伴うこともあります。

ケアは?

比較的軽くすむ病気なので、自然に治るのを待つのが一般的です。口の中にできた水疱はカイヨウになり、しみてかなり痛みます。よだれがたくさん出るので気づくことも多いようです。つるんとしたのどごしのよい食べやすいメニューを用意してあげましょう。また、脱水症状を起こさないように、水分補給には気をつけましょう。

読者の体験

口の中の水疱が痛んでジュースも飲めない!

彩香ちゃん(当時8カ月)・美智子ママ
1日目 なんとなく熱っぽく、体温をはかると38・9度!あわてて小児科に行くと、突発性発疹かもと言われ、解熱剤の座薬を処方される。
2日目 熱が39・1度。口の中に小さな発疹を発見する。機嫌が悪くて、おっぱいにも吸いつかない。
3日目 朝起きると、手のひらや足のうらに小さな水疱がたくさんできている。熱はかなり下がってきて37・2度。小児科で手足口病と診断される。口の中はきのうできていた水疱がつぶれてカイヨウになっていて、見るからに痛そう。水分がうまく飲めないので、点滴を受ける。小さく砕いた氷を含ませる。
4日目 口の中の水疱がまたふえているが、熱はほぼ平熱。プリンやアイスクリームが食べられるように。
5~6日目 手足の発疹が水疱になり、かさぶたができ始める。水分もしっかりとれるようになり、食欲もかなり出てきたので離乳食を再開。メニューはやわらかく煮たうどんを冷ましたものと、スープのゼリー寄せ。
7日目 かさぶたも取れ、病院で治ったと診断。口の中のカイヨウもほとんど治り、病気をする前と同じような離乳食が食べられるようになってきた。

ママからのコメント
おっぱいはもちろん、大好きなジュースすら飲まなくなったときには、このまま死んじゃうんじゃないかと心配でした。口の中のカイヨウがつらそうで、食事には気を使いました。

FromDoctor 典型的な部位以外に手や足の甲に発疹が出ることも

彩香ちゃんの場合、発疹の出る場所が、口の中(口内炎)、手のひら、足のうらと、典型的な手足口病のパターンでしたね。病気が治るまでの経過も、典型的ともいえる形でした。しかし、ときには発疹が手の甲や足の甲に出てくるケースもあります。素人判断で悩まずに、かかりつけの小児科に相談するようにしましょう。ゃるように、精神的にも母乳が安定剤の役目も果たしたのではないでしょうか。

手足口病に関連する記事

手足口病(てあしくちびょう)
赤ちゃんが夏にかかりやすい「うつる病気」【手足口病/ヘルパンギーナ】
手足口病・ヘルパンギーナ(3)

お気に入りに追加

コンシェルからあなたへ

新着情報

  • 個人差は大きい、けど知りたい離乳食のステップアップの仕方

    離乳食のステップアップの速度は、個人差が大きいものです。お子さんはペースが速いタイプなのか、ゆっくり進むタイプなのかを見極め、お子さんに合った進み方でステップアップしていくことが離乳食をスムーズに進める鍵にもなります。 1回食のタイミングと調理形態 離...

  • 突然の切迫診断→寝たきり

    そろそろ産休が近付いてきたとワクワクし始めた頃突然の切迫診断。産休前に1ヶ月ほど有給をプラスし自宅安静になりました。 私の両親は亡くなっており、義母も入院中で夫と二人で頑張りました。 夫が帰宅してから家事をして私のご飯まで作ってくれる...

  • できれば我慢!妊娠中に避けたい食べ物や飲み物

    妊娠中に食べてはいけない!はっきりと定められているものはありませんが、お腹の赤ちゃんのためにもできれば避けたほうがいいというものはいくつかあります。加工食品など塩分や脂肪分、糖分の多いものには注意が必要です。 調味料に気を付けて! 調理に使用する砂糖や...

  • 清水克彦の「頭のいい子が育つママとパパの習慣」~第33回 ご先祖さまを大切に

    ←第32回 季節感や地域の行事を大切に 親子できちんとお墓参り  前回、私は、この連載の中で、お父さんやお母さんは「季節感や季節の行事を大切に」と述べました。  そうすることによって、仕事や家事に追われる日々に、ホッとできる瞬間が...

  • 9月中旬出産ママのおすすめ出産準備マストアイテム&ウエアの着せ方教えます!

    3人目ベビーを9月中旬に出産したママは、お下がりを活用しながらお気に入りを買い足して、かしこい出産準備をしていました! 退院後すぐに涼しくなるけど、室内はあたたかいこの時期。ウエアや肌着選びも参考にしてみてくださいね♪ 【9月12日生まれ】3人目Baby...

  • 食事が赤ちゃんを作る!妊娠中に積極的に食べたいもの

    妊娠中は、お母さんが食べたものがお腹の赤ちゃんの体を作るため、なるべく栄養のあるものを意識して食べることが大切です。カロリーの計算や栄養学の知識がないという人は、ヘルシーで栄養バランスの優れた食材を意識して摂るようにしましょう。 主食は未精製のものに変え...

  • 保育士しながら妊婦生活。ハードな環境だったけれど、子どもたちから元気をもらって頑張れた!

    私は、障がいを持ったお子さんや、発達に心配のあるお子さんの療育施設で働いております。 妊娠がわかったのは、昨年4月半ばでした(妊娠2ヶ月)。 新年度を迎えたばかりで、とにかくバタバタ。 私は主任保育士でしたので、日々の保育の他、毎日...

  • 赤ちゃんの夜泣きも楽になる?「小児はり」でママの笑顔も増える!

    赤ちゃんの夜泣きが続くとママもつらいものですよね。実はほとんどの赤ちゃんは夜泣きをします。夜泣きの原因は熱いと眠れないとかいろいろですが、言葉をしゃべることのできない赤ちゃんは泣くことで、必死に訴えてる訳ですね。昔から夜泣きをする子供をかんの虫といって、大...

おすすめ情報

  • りんご病

    Part2全身の病気編 ■発疹の出る病気 りんご病 伝染性紅斑ともいい、りんごのようにほっぺが赤くなります。腕や太ももにはレース模様の発疹が。発疹は直射日光や入浴で悪化するので注意が必要です。 どんな病気? 正式には「伝染性紅斑」といい、ヒトパルボウイ...

  • かぜによるウイルス性発疹症

    Part2全身の病気編 ■発疹の出る病気 かぜによるウイルス性発疹症 夏かぜのウイルスで発疹が出ることが多く大半は風疹のようなこまかい発疹です。 どんな病気? かぜをひいたとき、風疹のような発疹が出ることがあります。医師も「かぜ?それとも風疹?」と診断...

  • 風疹

    Part2全身の病気編 ■発疹の出る病気 風疹 俗に「三日ばしか」と呼ばれ、発熱と同時に、はしかに似た発疹が全身に広がります。子どもにとっては軽い病気で、熱も発疹もほとんど出ないまま、かかったことに気づかずに終わってしまうことも。ただし、妊婦が感染すると胎...

パートナー紹介




おすすめ情報



gooのお知らせ
あなたの好きなデザインテーマは1~12月までの季節感テーマのデザインや、環境活動に貢献できる緑のgooなど、好きなデザインテーマを設定しよう
gooをスタートページに設定しようタイムリーなニュースやメール、天気など、便利な情報が集約! 地震や津波など防災情報もお知らせするgooトップページを設定しよう
一番安い自動車保険は?一番安い自動車保険は?《利用者800万人突破》最大21社に無料で一括見積もり。安くなった平均額は30,597円!
goo電子書籍特集とある家庭のペットとして暮らす魔王と、その飼い主である少年の物語。ときに隣の家の勇者におびえ――。