結膜炎

Part5局所の病気 ■目のトラブル

赤ちゃんの目は、細菌が入ったりして、トラブルが起こりやすいもの。中には先天的な病気が隠れている場合もあり、原因によってケアが異なるので、早めに気づいて、治療することが大切です。

結膜炎

白目が充血して、目やにがたくさん出ます。
原因にはウイルス、細菌、アレルギーなどがあり、治療法も異なります。

どんな病気?

目とまぶたの裏側をおおっている部分を結膜といいますが、そこが炎症を起こすことを結膜炎といいます。原因はウイルスや細菌、アレルギーのこともあります。
また、生まれるとき、お母さんの産道にクラミジアという微生物がいると、それに感染して結膜炎になることもありますし、かぜをひいて鼻水が手について、その手で目をこすってしまい、結膜炎になることもあります。

原因によって症状は少しずつ違います

結膜炎になる原因はいろいろとありますが、症状はおおむね共通していて、白目の部分が赤くなり、黄色い目やにが出ることから始まり、ひどくなってくると、寝ている間に目やにがびっしりとこびりついて目が開けられなかったり、目を痛がって機嫌が悪くなることもあります。
アレルギー性の結膜炎は目のかゆみと涙が主な症状で、目やには出ないのがふつうです。ただし、赤ちゃんの時期はほとんど見られず、だいたい3~4才以降にかかります。

症状が重くなり、注意が必要なのがウイルス性の結膜炎です。涙が多くなり、目の充血もはげしく、まぶたがはれ上がるほか、発熱などのかぜのような症状を伴うこともあります。ウイルスによって起こる流行性角結膜炎は、潜伏期間が5~7日。朝起きたときなど、びっしりとついた目やにで目が開けられないことも。症状が進むと、こめかみの下のリンパ節がはれ、角膜にカイヨウができ、偽膜といわれる白い膜が張ります。細菌感染を合併して、角膜を傷つけるなど重症化しやすい特徴があります。同じくウイルスが原因の急性出血性結膜炎は、目がゴロゴロして真っ赤になり、目やにがたくさん出ます。赤ちゃんには症状が出なかったのに、大人だけ感染して発症することもあります。
一方、細菌性の結膜炎は、黄色っぽい目やにがたくさん出ますが、軽くすむことが多いようです。
ただ、結膜炎の初期の段階では、それが細菌によるものなのか、ウイルスによるものかを判断するのはむずかしいもの。原因によって薬が違うのでかってな自己判断は危険ですし、ほうっておくと重症化する心配もあります。症状に気づいたら早めに眼科や小児科を受診しましょう。

ケアは?

白目が赤くなっていたり、目やにがベッタリついているようなら、まず眼科を受診して、症状が細菌性のものか、ウイルス性のものか、アレルギー性のものかを診断してもらいましょう。
細菌性のものなら、抗生物質の点眼薬をつけて2~3日で治ります。
ウイルス性のものは、抗生物質が効かないので、炎症をしずめる薬をつけて、自然に治るのを待つことになります。治るまでに1~2週間かかり、その間発熱がある場合は、それに対する処方をします。
アレルギー性の場合は、アレルギーの原因を突き止め、それをできるだけ除去することが大切です。
家庭でのケアで大切なことは、伝染力の強いウイルス性結膜炎が家族に感染しないようにすること。目やにはティッシュペーパーでふき取り、そのつど捨てましょう。タオルも家族と別の専用のものを使うようにします。大人が、赤ちゃんの目のケアをしたあとも、よく手を洗うことが大切です。またウイルスは便に出ていることもあるので、おむつ交換のあとも必ず手洗いを。
かゆみを伴う場合、しきりに目に手を持っていこうとします。こすると炎症を悪化させる心配があるので、かゆみが強いようなら、かゆみ止めの薬を処方してもらったほうがいいでしょう。

読者の体験

先天性鼻涙管閉塞かもと言われたけれど……

蓮奈ちゃん(当時生後6日目)・智子ママ
1日目 目やにが出ている。
2日目 産院で「タリビット点眼薬」を処方され、1日4~5回さすようにとのこと。
3~30日 朝起きると目やにで目が開かない状態。まめに清潔なガーゼでふき、目薬も4~5回。よくなるけはいなし。1カ月健診でみてもらおうと、目薬だけを続ける。
31~33日目 朝起きると目から血が流れたようなあとが。この後3日ほど続く。
35日目 1カ月健診で眼科へ行くようにと言われる。
40日目 眼科へ。先天性鼻涙管閉塞の疑いがあるとのこと。「お母さんは外へ」と言われ、カーテンの向こうから娘の泣き叫ぶ声が。検査の結果は「結膜炎」。産院で渡されたのと同じ目薬をまめにさすようにと言われる。
47日目 1週間ほどで目やにが少なくなる。ママからのコメント

もう少し早めに眼科へ行けばよかった。でも、まだ小さかったので目薬も抵抗なくさせました。

FromDoctor 鼻涙管が炎症を起こしていたのかもしれませんね

鼻涙管に炎症が起きると目のつけ根が赤くはれて、そこを押すと血膿が出てくることがあります。蓮奈ちゃんにそのような症状はなかったようですが、赤ちゃんの鼻涙管は細く、ちょっとした炎症があると、目やにですぐにふさがれてしまい、涙目になって、そこから結膜炎になることがあります。「目から血が」というのは、鼻涙管の炎症があったためのもので、茶色っぽい目やにだったと思います。

赤ちゃんにはよくあると言われたけど病院へ

若奈ちゃん(当時1カ月)・由美子ママ1日目 目に黄色いうみみたいな目やにがくっついていることに気づく。まめにティッシュや消毒綿でふいてあげる。
2日目 前日よりひどい。親から「よくあることやから、目をふいとき」と言われる。「昔はホウ酸で洗った」、とも言われる。
3日目 目やにで片目が開かなくなっている。産院に相談すると、「心配なら小児科か眼科でみてもらうように」と。
4日目 眼科へ。診断は「結膜炎」。「タリビット点眼液」をもらい、清浄綿でふいて、私の手もきれいにするよう言われる。
5~10日目 だんだん良くなった

ママからのコメント
授乳のとき、私が髪の毛をしばらずにあげていたので、私の髪の毛が娘の目に入ったため、結膜炎になったのかも。

FromDoctor結膜炎は赤ちゃんが手で目をこすっただけでもなります

お母さんの髪の毛が入ったことが原因ではないでしょう。赤ちゃんはさかさまつ毛が多く、まつ毛についたゴミが目に入りやすいし、手で目をこするだけでも結膜炎になります。再度結膜炎になる可能性もあるので、病院でもらった目薬は保管しておくと安心です。また目やにが多いときは、涙と同じ成分の目薬か、きれいな水で洗ってあげて。

お気に入りに追加

コンシェルからあなたへ

新着情報

おすすめ情報

  • 斜視

    Part5局所の病気 ■目のトラブル 斜視 両目の視線が、目標物にまっすぐに向かない状態。大人になれば治る偽内斜視が多い。 どんな病気? 正面を見たとき、片側の目の黒目部分が真っすぐ前を見ず、内側や外側にずれているのを斜視といいます。眼位(黒目の位置)...

  • 先天性鼻涙管閉塞

    Part5局所の病気 ■目のトラブル 先天性鼻涙管閉塞 目から鼻への涙の通り道が詰まって涙があふれてきます。新生児のころから目やにが多くて気がつきます。 どんな病気? 「涙目」とも言われる病気。涙を出す涙腺は、目じりの側のまぶたの上にあります。涙腺で作...

  • さかさまつ毛

    Part5局所の病気 ■目のトラブル さかさまつ毛 まつ毛が内側に入り込んでしまった状態。半数以上の赤ちゃんが一時的になりますが自然に治ることがほとんどです。 どんな病気? 下まぶたのまつ毛が内側を向いて生えている状態。まつ毛が黒目にふれるので、赤ちゃ...

パートナー紹介