中耳炎

Part5局所の病気 ■耳のトラブル

赤ちゃんの病気で、意外に多い耳のトラブル。それが原因で熱が出たり、かぜが原因で耳が痛くなったり。自分で「耳が痛い」「聞こえが悪い」とは言えない赤ちゃんのために、周囲が気をつけてあげましょう。

中耳炎

機嫌が悪く、ぐずりながら耳をさわるのがサイン。
かぜから起こることも多く、繰り返すことが多いので、きちんと治るまで治療を。

どんな病気?

中耳炎

中耳炎には大きく分けて急性中耳炎と滲出性中耳炎の2種類があります。急性中耳炎は、生後6カ月~5才くらいまでの子どもに多く、原因のトップはかぜ。耳の奥には鼓膜があり、鼓膜の外側が外耳、内側が中耳、内耳です。鼓膜の内側には鼻と耳をつなぐ耳管があります。耳管はふだんは閉じていますが、ものを飲み込んだり、せきやくしゃみをしたりすると開いて、鼻から耳に空気が入ります。かぜをひいて細菌感染を起こすと、黄色いきたない鼻水が鼻の中にたまり、くしゃみやせきなどによってこの鼻水が耳管を通って耳に入ります。そして中耳で炎症が起きる状態が中耳炎です。
特に、赤ちゃんの耳管は太くて短いので、鼻やのどについたウイルスや細菌が簡単に中耳まで入り込んでしまいます。細菌がいっぱいの黄色い鼻汁を出しているときは要注意。

痛がって、機嫌が悪く熱が出ることも

症状は、鼻水、またはうみが鼓膜の内側に入って鼓膜を圧迫して、炎症を起こすために鼓膜が痛みます。そのため耳を痛がることで気づきますが、赤ちゃんの場合は、自分で痛いと言えないので、機嫌が悪い、一定の時間をおいて大泣きしたり泣きやんだりする、夜泣きをする、ミルクの飲みが悪い、しきりに耳に手を持っていく、首を振るといったしぐさや様子が見られたら中耳炎を疑います。
小学生以上の場合、かぜをひいて2~5日たったころから、38~39度の高熱が出て、急に耳が痛いと言って気づくことが多いのですが、0~3才の子どもは、かぜをひいて鼻水が出た直後に中耳炎を起こすことが多いのです。中には微熱程度で急に耳が痛くなったり、うみのような黄色い耳だれが出て気づくことも。

ケアは?

中耳炎

軽いうちであれば抗生物質を飲むことで治ります。抗生物質を飲み始めてすぐに、急性の炎症はおさまり始め、痛みもやわらいできます。しかし、ここですぐに薬をやめないこと。中途半端に服用をやめると、急性中耳炎が長引いて、滲出性中耳炎に移行したり、慢性化する原因になります。必ず医師の指示に従ってください。
うみがたまるほどひどい場合は、鼓膜を切ってうみを出すことがあります。「耳が聞こえなくなるのでは?」と心配するお母さんも多いようですが、鼓膜はすぐに再生するので、聴力に障害が起きることはありません。切開してうみを出してしまったほうが、痛みや熱が取れて赤ちゃんも楽になるし、治りも早くなります。

中耳炎はかぜが原因でかかることが多いので、かぜのケアを怠らないことが大切。たまった鼻水はこまめに取ってあげましょう。大人が口で吸ったり、ノーズクリーナー(鼻水を吸い取る専用のスポイトなど)で吸い取るようにしてあげましょう。

また0~3才くらいまでは、かぜをひくたびに中耳炎を繰り返すことがありますが、小学校に入学するころには、耳管も細長くなるので、中耳炎を起こしにくくなってきます。

またアレルギー性鼻炎のある子どもは、かぜをひいたときに中耳炎になりやすいと考えられています。かぜを長引かせないことと、鼻水が止まらないときや、アレルギー性鼻炎を放置しないことも大切です。

読者の体験

発熱と耳だれで、完治まで20日間ほどかかった

恵美ちゃん(当時3カ月)・理恵ママ
1日目 耳をさわるとすごく痛がる。微熱があるので、座薬を入れて様子を見ることに。耳をさわっては大泣きし、食欲がなく不機嫌。
2日目 朝、シーツに黄色いものがベッタリ。即、耳鼻科へ。耳の中にデキモノができているとのこと。熱は少し下がったが相変わらず耳を痛がる。
3日目 別の病院へ。「中耳炎」とのこと。治るまで1~2週間かかると言われる。抗生物質が入った飲み薬で、耳の痛みがおさまったようで、食欲が出る。
4~20日目 毎日病院へ。耳だれもなくなったが、薬は指示どおりきちんと飲み続けました。

ママからのコメント
クセになってしまったようで、かぜをひいたあとなど3才過ぎまで6~7回中耳炎を繰り返し、親子ともどもまいりました。

FromDoctor「クセになる」という表現は正しくないかもしれません

中耳炎では、よく「クセになる」という表現が使われますね。恵美ちゃんの場合も、3才過ぎまで6~7回繰り返したとあります。お母さんとしては、「体質なのかしら」と心配し、思い悩んだことでしょう。しかし、「クセになる」とか「起こしやすい体質」というより、右下の例の航太くん同様、年齢的に耳の構造が起こしやすくなっているのだと考えてください。幼児期にはぐっと減るはずです。

中耳炎に関する他の記事

浸出性(しんしゅつせい)中耳炎
5つの病気のサイン【中耳炎】
外耳道炎
1才2カ月【中耳炎と平衡感覚との関係】
ベビーの中耳炎
かかりやすく治りにくい ベビーの中耳炎【中耳炎は身近な病気 】
かかりやすく治りにくい ベビーの中耳炎【中耳炎になりやすい理由】
かかりやすく治りにくい ベビーの中耳炎【知っておきたい! 中耳炎のサイン】
かかりやすく治りにくい ベビーの中耳炎【急性中耳炎・滲出性中耳炎】
かかりやすく治りにくい ベビーの中耳炎【そのほかの耳の病気】
かかりやすく治りにくい ベビーの中耳炎【中耳炎Q&A/くり返さないためにできること 】

お気に入りに追加

コンシェルからあなたへ

新着情報

おすすめ情報

  • かかりやすく治りにくい ベビーの中耳炎【中耳炎になりやすい理由】

    中耳炎になりやすい理由 赤ちゃんの耳は病原体が入りやすい構造です 大人よりもウイルスや菌が入りやすい、赤ちゃんの耳。その理由は、鼓膜へとつながる耳管が水平に近くゆるやかな構造だから。そのため、ごくんと飲み込んだときに、鼻水などとともに菌が耳に入り、中耳炎の原...

  • 難聴

    Part5局所の病気■耳のトラブル 難聴 さまざまな理由で、耳の聞こえがよくない状態。言葉の発達のためにも早期発見、早期治療が大切です。 どんな病気? 難聴は主に、音が内耳に伝わるまでの機能― つまり外耳、鼓膜、内耳などのどこかに障害がある「伝音性...

  • かかりやすく治りにくい ベビーの中耳炎【知っておきたい! 中耳炎のサイン】

    知っておきたい! 中耳炎のサイン ほかの病気同様、早めに対処することが早く治すためのポイント。「イタイ!」「ツライ!」と言えない赤ちゃんのために、よく見られる“かかったサイン”をチェックしておきましょう! 発熱 37.5度以上の熱が3日以上続いたら病院へ ...

パートナー紹介




おすすめ情報



gooのお知らせ
あなたの好きなデザインテーマは1~12月までの季節感テーマのデザインや、環境活動に貢献できる緑のgooなど、好きなデザインテーマを設定しよう
gooをスタートページに設定しようタイムリーなニュースやメール、天気など、便利な情報が集約! 地震や津波など防災情報もお知らせするgooトップページを設定しよう
一番安い自動車保険は?一番安い自動車保険は?《利用者800万人突破》最大21社に無料で一括見積もり。安くなった平均額は30,597円!
goo電子書籍特集とある家庭のペットとして暮らす魔王と、その飼い主である少年の物語。ときに隣の家の勇者におびえ――。