産後の心の悩み、1人でかかえこまないで【メソメソママ/虐待しちゃうかもママ/マタニティブルーって?】

*メソメソママ*ちゃんと育てられるか不安

赤ちゃんなんて、本物を見るのもさわるのも初めて!そんなママにとって、初めての育児は不安の連続です。でも、赤ちゃんが持っている「育つ力」は、大人の想像以上。その力を信じて、あれこれ心配するのをちょっとだけお休みしてみてくださいね。

手のかかる息子をちゃんと育てていけるかすごく不安でした

麻美さん・28才裕成くん・7カ月
息子は夜泣きがひどく、生後2カ月ぐらいまで昼夜逆転の生活。私はほとんど眠れずに心身ともにクタクタ。こんな手のかかる子をちゃんと育てていけるのか、すごく不安でした。でも、育児に慣れてくると、何でもプラス思考で考えられるようになりましたよ。

子どもと2人きりになる時間が、とにかくこわくて……

敦子さん・30才由依ちゃん・5カ月
産後まもなくから、私に子どもが育てられるのかと考えると不安で、夜もろくに眠れなかったんです。子どもと2人きりになる時間が、とにかくこわくて……。でも、3カ月ぐらいたったある日、突然気分が楽になりました。われながら、「なぜ?」って感じです。

*虐待しちゃうかもママ*もしかしたら虐待?

虐待する人の気持ち、少しわかったような気がしています

陽平ママさん・28才陽平くん・6カ月
育児は予想以上にハードで、わが子を虐待してしまう人の気持ちが少しだけわかった気がします。実は私も虐待してしまいそうな気分になりましたが「今、私はすごく不安定。これはホルモンバランスがくずれているせい」と自分に言い聞かせて、乗り越えました。

後1カ月がピーク母がいなかったら、手をあげていたかも

C・Mさん・20才淳也くん・5カ月
里帰りしていた産後1カ月半は母が育児もいろいろ手伝ってくれたけど、実はこの時期すごく子どもに対してイライラして、母がいなかったら手をあげていたかも……。「冷静に、冷静に」と毎日呪文のように唱えて、なんとか乗り切りました。

菅原ますみ先生

毎日の育児、ときにはがんばることも必要ですが、「がんばりすぎてつらい」という状況なら、夫や両親、友人など、周囲にじょうずにサポートを求めていきましょう。いろんな人に育児に関わってもらうことは、赤ちゃんの発達にとってもプラス。育児を1人でかかえ込まず、「助けられじょうず」を心がけることは、あなた自身にとっても赤ちゃんにとっても、とてもたいせつなことなのです。育児に協力してくれる人が身近にいないときには、妊娠中に自治体に問い合わせて、公共の育児サポートなどについて調べておくと安心ですね。

*マタニティブルーって?*イライラしたり涙もろくなるのは、多くのママが経験します

赤ちゃんが生まれることで、夫婦や家族の関係が大きく変わります。そんな環境の変化によるストレスに、産後の心身の不調、慣れない育児の負担などが加わると、精神的なバランスがくずれて、わけもなくイライラしたり涙もろくなったりしてしまうのです。そんな状態がマタニティブルー。多くのママが経験しますが、そのほとんどが一過性のもの。自分なりの気分転換法を探して、じょうずに乗り切りましょう。ただし、深刻なマタニティブルーは、専門家の手助けが必要です。下のチェックリストで、あなたのブルー度を一度チェックしてみましょう。

マタニティブルーセルフチェックリスト

この2週間くらいの気分をチェックしてみましょう。*印のような気分が続いている人は、以下の8つの項目についてチェックしてみてください。
*気分が沈んでゆううつ
*何に対しても興味がわかない

(1)夜寝つけなかったり、用もないのに早朝に目がさめる
(2)食欲がなく、やせてきた
(3)涙もろくなったり、泣いたりしている
(4)イライラしてじっとしていられない
(5)将来に希望が持てなくて、悲観的な気持ちでいっぱい
(6)考えがまとまらず、決断ができない
(7)ひどく疲れていて、やる気がまったく起きない
(8)自分がだめな人間のように思えてしかたない

上のチェックリストのうち、5つ以上があてはまるという人は、早めに精紳・神経科などの専門家に相談してみましょう。きっと、いまのつらさから抜け出すことができるはず。よく効く薬もあります。赤ちゃんのためにも、あなた自身のためにも、1日も早く元気を取り戻しましょうね。

お気に入りに追加

コンシェルからあなたへ

新着情報

  • 尿もれ&セックス、だれにも言えない産後の下半身のお悩み解決法

    出産が終わってほっとしたのもつかの間。産後のママは、尿もれやパパとのセックスなど、まわりに相談しにくい悩みを抱えることも多いもの。そんなお悩みを解決するヒントをご紹介します。 尿もれに効く骨盤底筋体操 産後1カ月のママの8~9割に、尿もれ体験がある...

  • 2人目の妊娠…ママの体はどうケアする?

    2人目の妊娠は、何もかも初めての経験の初産と違って慣れていることもありますが、まだ小さい赤ちゃんのお世話をしながら対処しなければいけないので結構たいへんです。ここでは、上の子の年齢によって、2人目を妊娠したママが気を付けたいことをご紹介します。 上の子の...

  • スキンシップが大事!上の子と上手にコミュニケーションをとる方法

    2人目の妊娠がわかったら、上の子のお世話が今までのようにできなくなる心配が出てきますよね。安定期に入るまでは、重いものを持つなど無理は禁物。ではどのようにコミュニケーションをとってあげると良いのでしょうか。 抱っこができない時期を乗り越えるには? 上の...

  • 切迫早産

    妊娠してからの検診は、赤ちゃんの様子が見られるので毎回楽しみでした。 今まで何にも言われなかったのに、25週の検診で先生から 「安静にしておいた方がいいですよ」 と言われ、仕事も辞め、お家でのんびりと過ごしました。 次の検...

  • どうしても気になる。。。妊娠に気づく前にしちゃったこんなこと大丈夫?

    妊娠していることに気が付かず、何の気なしに薬やお酒を飲んでしまった、ということがある方もいらっしゃると思います。薬やお酒などは妊娠初期の胎児に悪影響はないのでしょうか。やってしまいがちなケースをピックアップしますので、確認してくださいね。 妊娠に気付かず...

  • 帝王切開するしかない?逆子のままお産する方法

    臨月の定期健診で逆子と診断されたら不安なものですね。お産の方法は一概に帝王切開だけではなく、逆子の状態によっては自然分娩も可能です。担当医師がママと赤ちゃんへのリスクを考えて決定しますので、お産までの注意点などをよく伺っておきましょう。 お産の方法は安全...

  • 妊娠中のストレス対策に!心の健康につながる栄養レシピ

    ひじき入り豆腐ハンバーグ カロリー:357kcal/1人分・調理時間:30分 鶏ひき肉にも多く含まれるビタミンB6は、神経の働きを正常に保つために必要な酵素。また、ひじきは鉄分が豊富で貧血予防にも効果的。「ひじき入り豆腐ハンバーグ」のレシピを見る 豚...

  • マッサージで解消◎赤ちゃんの軽い便秘はこのアイテムで刺激

    赤ちゃんが時々なってしまう、軽い便秘。まだ自分では大きく体を動かすことのできない「ねんね期」では、運動不足になってしまいがちなのもその原因のひとつなんです。どこの家にもあるアイテムを使って、ママの手で刺激してあげる方法を見ていきましょう! 即効性のある刺...

おすすめ情報

パートナー紹介




おすすめ情報



gooのお知らせ
品川シーズンテラス今春、いよいよ誕生!品川駅港南口から徒歩6分。国際ビジネス拠点のランドマーク「品川シーズンテラス」
いまgooいまgoo「いま」の話題が楽しめる「いまgoo」、おもわず話したくなる話題で、楽しむ・シェアする・盛り上がる!
一番安い自動車保険は?一番安い自動車保険は?《利用者800万人突破》最大21社に無料で一括見積もり。安くなった平均額は30,597円!
goo電子書籍特集とある家庭のペットとして暮らす魔王と、その飼い主である少年の物語。ときに隣の家の勇者におびえ――。