産後の心の悩み、1人でかかえこまないで【メソメソママ/虐待しちゃうかもママ/マタニティブルーって?】

*メソメソママ*ちゃんと育てられるか不安

赤ちゃんなんて、本物を見るのもさわるのも初めて!そんなママにとって、初めての育児は不安の連続です。でも、赤ちゃんが持っている「育つ力」は、大人の想像以上。その力を信じて、あれこれ心配するのをちょっとだけお休みしてみてくださいね。

手のかかる息子をちゃんと育てていけるかすごく不安でした

麻美さん・28才裕成くん・7カ月
息子は夜泣きがひどく、生後2カ月ぐらいまで昼夜逆転の生活。私はほとんど眠れずに心身ともにクタクタ。こんな手のかかる子をちゃんと育てていけるのか、すごく不安でした。でも、育児に慣れてくると、何でもプラス思考で考えられるようになりましたよ。

子どもと2人きりになる時間が、とにかくこわくて……

敦子さん・30才由依ちゃん・5カ月
産後まもなくから、私に子どもが育てられるのかと考えると不安で、夜もろくに眠れなかったんです。子どもと2人きりになる時間が、とにかくこわくて……。でも、3カ月ぐらいたったある日、突然気分が楽になりました。われながら、「なぜ?」って感じです。

*虐待しちゃうかもママ*もしかしたら虐待?

虐待する人の気持ち、少しわかったような気がしています

陽平ママさん・28才陽平くん・6カ月
育児は予想以上にハードで、わが子を虐待してしまう人の気持ちが少しだけわかった気がします。実は私も虐待してしまいそうな気分になりましたが「今、私はすごく不安定。これはホルモンバランスがくずれているせい」と自分に言い聞かせて、乗り越えました。

後1カ月がピーク母がいなかったら、手をあげていたかも

C・Mさん・20才淳也くん・5カ月
里帰りしていた産後1カ月半は母が育児もいろいろ手伝ってくれたけど、実はこの時期すごく子どもに対してイライラして、母がいなかったら手をあげていたかも……。「冷静に、冷静に」と毎日呪文のように唱えて、なんとか乗り切りました。

菅原ますみ先生

毎日の育児、ときにはがんばることも必要ですが、「がんばりすぎてつらい」という状況なら、夫や両親、友人など、周囲にじょうずにサポートを求めていきましょう。いろんな人に育児に関わってもらうことは、赤ちゃんの発達にとってもプラス。育児を1人でかかえ込まず、「助けられじょうず」を心がけることは、あなた自身にとっても赤ちゃんにとっても、とてもたいせつなことなのです。育児に協力してくれる人が身近にいないときには、妊娠中に自治体に問い合わせて、公共の育児サポートなどについて調べておくと安心ですね。

*マタニティブルーって?*イライラしたり涙もろくなるのは、多くのママが経験します

赤ちゃんが生まれることで、夫婦や家族の関係が大きく変わります。そんな環境の変化によるストレスに、産後の心身の不調、慣れない育児の負担などが加わると、精神的なバランスがくずれて、わけもなくイライラしたり涙もろくなったりしてしまうのです。そんな状態がマタニティブルー。多くのママが経験しますが、そのほとんどが一過性のもの。自分なりの気分転換法を探して、じょうずに乗り切りましょう。ただし、深刻なマタニティブルーは、専門家の手助けが必要です。下のチェックリストで、あなたのブルー度を一度チェックしてみましょう。

マタニティブルーセルフチェックリスト

この2週間くらいの気分をチェックしてみましょう。*印のような気分が続いている人は、以下の8つの項目についてチェックしてみてください。
*気分が沈んでゆううつ
*何に対しても興味がわかない

(1)夜寝つけなかったり、用もないのに早朝に目がさめる
(2)食欲がなく、やせてきた
(3)涙もろくなったり、泣いたりしている
(4)イライラしてじっとしていられない
(5)将来に希望が持てなくて、悲観的な気持ちでいっぱい
(6)考えがまとまらず、決断ができない
(7)ひどく疲れていて、やる気がまったく起きない
(8)自分がだめな人間のように思えてしかたない

上のチェックリストのうち、5つ以上があてはまるという人は、早めに精紳・神経科などの専門家に相談してみましょう。きっと、いまのつらさから抜け出すことができるはず。よく効く薬もあります。赤ちゃんのためにも、あなた自身のためにも、1日も早く元気を取り戻しましょうね。

お気に入りに追加

コンシェルからあなたへ

新着情報

  • 頭痛、微熱?あなたの妊娠初期の症状は??

    もしかして妊娠しているかも?と感じるような妊娠初期の症状には、ドラマで見るようなつわりだけでなく、頭痛や微熱、倦怠感、めまいを感じる、おりものが多い、下痢や便秘しがちになるなど様々な症状が現れます。皆さんの体験談をもとに良くある症状と対策をまとめてみました...

  • 個人差は大きい、けど知りたい離乳食のステップアップの仕方

    離乳食のステップアップの速度は、個人差が大きいものです。お子さんはペースが速いタイプなのか、ゆっくり進むタイプなのかを見極め、お子さんに合った進み方でステップアップしていくことが離乳食をスムーズに進める鍵にもなります。 1回食のタイミングと調理形態 離...

  • 突然の切迫診断→寝たきり

    そろそろ産休が近付いてきたとワクワクし始めた頃突然の切迫診断。産休前に1ヶ月ほど有給をプラスし自宅安静になりました。 私の両親は亡くなっており、義母も入院中で夫と二人で頑張りました。 夫が帰宅してから家事をして私のご飯まで作ってくれる...

  • できれば我慢!妊娠中に避けたい食べ物や飲み物

    妊娠中に食べてはいけない!はっきりと定められているものはありませんが、お腹の赤ちゃんのためにもできれば避けたほうがいいというものはいくつかあります。加工食品など塩分や脂肪分、糖分の多いものには注意が必要です。 調味料に気を付けて! 調理に使用する砂糖や...

  • 清水克彦の「頭のいい子が育つママとパパの習慣」~第33回 ご先祖さまを大切に

    ←第32回 季節感や地域の行事を大切に 親子できちんとお墓参り  前回、私は、この連載の中で、お父さんやお母さんは「季節感や季節の行事を大切に」と述べました。  そうすることによって、仕事や家事に追われる日々に、ホッとできる瞬間が...

  • 9月中旬出産ママのおすすめ出産準備マストアイテム&ウエアの着せ方教えます!

    3人目ベビーを9月中旬に出産したママは、お下がりを活用しながらお気に入りを買い足して、かしこい出産準備をしていました! 退院後すぐに涼しくなるけど、室内はあたたかいこの時期。ウエアや肌着選びも参考にしてみてくださいね♪ 【9月12日生まれ】3人目Baby...

  • 食事が赤ちゃんを作る!妊娠中に積極的に食べたいもの

    妊娠中は、お母さんが食べたものがお腹の赤ちゃんの体を作るため、なるべく栄養のあるものを意識して食べることが大切です。カロリーの計算や栄養学の知識がないという人は、ヘルシーで栄養バランスの優れた食材を意識して摂るようにしましょう。 主食は未精製のものに変え...

  • 保育士しながら妊婦生活。ハードな環境だったけれど、子どもたちから元気をもらって頑張れた!

    私は、障がいを持ったお子さんや、発達に心配のあるお子さんの療育施設で働いております。 妊娠がわかったのは、昨年4月半ばでした(妊娠2ヶ月)。 新年度を迎えたばかりで、とにかくバタバタ。 私は主任保育士でしたので、日々の保育の他、毎日...

おすすめ情報

パートナー紹介




おすすめ情報



gooのお知らせ
あなたの好きなデザインテーマは1~12月までの季節感テーマのデザインや、環境活動に貢献できる緑のgooなど、好きなデザインテーマを設定しよう
gooをスタートページに設定しようタイムリーなニュースやメール、天気など、便利な情報が集約! 地震や津波など防災情報もお知らせするgooトップページを設定しよう
一番安い自動車保険は?一番安い自動車保険は?《利用者800万人突破》最大21社に無料で一括見積もり。安くなった平均額は30,597円!
goo電子書籍特集とある家庭のペットとして暮らす魔王と、その飼い主である少年の物語。ときに隣の家の勇者におびえ――。