飲んだものによって対処の仕方が異なります!誤飲チェックリスト

誤飲したときには、まず吐き出させることが原則です。ただし飲んだものによって適した対処方法が異なり、種類によっては吐かせてはいけない場合もあります。まずは落ち着いて、何を飲んだのかを見当つけて確認し、吐かせてよいかを判断しましょう。吐かせるときに水や牛乳を飲ませるのは、吐き出しやすくし、毒性を薄めるためです。

危険度高!急いで病院を受診する必要あり

吐かせないですぐ病院へ

石油製品やとがったものなどは、水や牛乳を飲ませたりせずに即病院を受診します。強酸性・強アルカリ性のものは水や牛乳を飲ませてから、同じく急いで病院へ。

灯油・シンナー・ガソリン
何も飲ませず、吐かせずに病院を受診します。これは、石油製品は肺や気管に入ると肺炎を起こす危険があるためです。
×……水
×……牛乳

殺虫剤・農薬
毒性がとても強いため、少量でも命にかかわることも。何も飲ませたり、吐かせたりせず至急受診します。
×……水
×……牛乳

マニキュア・除光液
揮発性、毒性ともに強いので、危険度高。何か飲ませたり、吐かせたりせず、すぐ受診します。
×……水
×……牛乳

排水パイプ剤
吐かせると、のどや食道の粘膜がただれてしまう恐れあり。水か牛乳を飲ませて毒性を薄めて、急いで受診します。
○……水
○……牛乳

ボタン電池・乾電池
飲ませたり、吐かせたりはどちらも×。食道にひっかかって粘膜に穴をあける恐れあり。至急病院で検査を受けて。
×……水
×……牛乳

カビとり剤
吐かせると、のどや食道の粘膜がただれてしまう恐れあり。水か牛乳を飲ませて毒性を薄めて、急いで病院へ。
○……水
○……牛乳

吐かせると、のどや食道の粘膜がただれる可能性大。水か牛乳を飲ませて、毒性を薄めて、急いで受診します。
○……水
○……牛乳

漂白剤
吐かせると、のどや食道の粘膜がただれてしまう恐れあり。水か牛乳を飲ませて毒性を薄めてから、急いで病院へ。
○……水
○……牛乳

画びょう、針、くぎ、ガラス
食道や気管を傷つける恐れがあるので、とがったものは絶対に吐かせないこと。何も飲ませず、至急受診します。
×……水
×……牛乳

吐かせてすぐ病院へ

これらのものを飲み込んだときは、急いで吐かせてしまいましょう。ただし、飲んだものの種類によっては、水や牛乳を飲ませないほうがよい場合もあるので注意して。

ホウ酸だんご
大人でも1個食べると中毒を起こすほどの毒性です。水か牛乳を飲ませてから吐かせて、大至急で病院を受診します。
○……水
○……牛乳

医薬品
飲んだ薬品名を確認し、病院に対処法を問い合わせます。吐かせるときは、水や牛乳を飲ませてから
○……水
○……牛乳

タバコ
タバコ2㎝以上か、ニコチンが溶け出した水を飲んだ場合は中毒の危険大。何も飲ませず吐かせてから、即病院へ。
×……水
×……牛乳

防虫剤
水を飲ませて吐き出させてから、急いで病院へ。消化管からの吸収を促してしまうので牛乳は絶対に飲ませないで。
○……水
×……牛乳

香水
主成分のエタノールで、アルコール中毒を起こす危険あり。水か牛乳を飲ませて吐かせてから、すぐ受診します。
○……水
○……牛乳

危険度中!少量なら、様子を見ても大丈夫

毒性、危険性が比較的低いものは、すぐに口の中のものをかき出して様子を見ます。数時間後も普段どおりなら、ほぼ大丈夫。固形物の場合は、便に出ていないかをチェックして。

紙おむつ・ティッシュ・新聞
食べても害はありませんが、のどにつまらせて窒息する可能性があります。せき込んだり、苦しそうなときは病院へ。
○……水
○……牛乳

化粧水・乳液・クリーム
エタノールを含んでいる場合は、アルコール中毒を起こす恐れも。大量に飲んだときは、吐かせてから受診します。
○……水
○……牛乳

観葉植物など
土、肥料、葉と赤ちゃんは何でも口にします。何を食べたか確認してから、病院へ問い合わせを。
○……水
○……牛乳

クレヨン・鉛筆
食べても害はありませんが、のどにつまらせると窒息することも。せき込んだり、苦しがったりしているようなら、急いで病院へ。
○……水
○……牛乳

石鹸・入浴剤
なめた程度なら様子を見ます。大量に飲んだ場合でも中毒の恐れはありませんが、吐かせてから、受診しましょう。
○……水
○……牛乳

台所用洗剤
なめた程度なら、様子を見ます。大量に飲んだ場合でも中毒になる心配はありませんが、吐かせてから病院を受診して。
○……水
○……牛乳


なめた程度なら様子を見ます。大量に飲んだ場合はアルコール中毒を起こす危険があるので、吐かせてすぐ病院へ。
○……水
○……牛乳

蚊とり線香(固形)
中毒の心配はほとんどありません。大量に食べてしまい、のどにつまらせたときには、吐かせてすぐ受診します。
○……水
○……牛乳

ファンデーション・口紅
主成分の油脂は毒性が低く中毒の心配もありません。大量に食べてしまったときは、下痢や吐きけが起こることも。
○……水
○……牛乳

ボタン・ビーズ類
細かいものを少量飲み込んだときは、様子を見ます。大きなものを飲んで、のどにつまらせたら、吐かせてすぐ受診を。
○……水
○……牛乳

硬貨
のどに詰まらせているときは、すぐに吐かせます。完全に飲み込んだ場合は、便とともに出るのを2~3日待ちます。
○……水
○……牛乳

歯みがき剤
なめた程度なら様子を見ます。大量に飲んだ場合でも中毒の恐れはありませんが、吐かせてから、受診しましょう。
○……水
○……牛乳

シャンプー・リンス
なめた程度なら様子を見ます。大量に飲んだ場合でも中毒の恐れはありませんが、吐かせてから、受診しましょう。
○……水
○……牛乳

洗濯用洗剤
なめた程度なら様子を見ます。大量に飲んだ場合でも中毒の恐れはありませんが、吐かせてから、受診しましょう。
○……水
○……牛乳

カフェイン
なめる程度なら、様子を見ます。大量に飲んだ場合はカフェイン中毒を起こす危険あり。吐かせてすぐ受診します。
○……水
○……牛乳

お気に入りに追加

コンシェルからあなたへ

新着情報

おすすめ情報

  • 傷は乾かさないほうが早く治ります! 切り傷・すり傷

    傷が大きい、深い、出血量が多いときはまず落ち着いて止血を。血が止まったあと、傷口がなかなか治らない場合は病院を受診しましょう。 運動発達に伴って、危険な場所も増えていきます 切り傷、すり傷は乳幼児につきもののケガですが、「これぐらいのケガなら……」と甘く考えな...

  • 屋外だけでなく室内でも注意! 熱中症

    海辺やキャンプ、テーマパークなど屋外だけでなく、閉め切った室内や車内も熱中症のリスク大。重症の場合は命にもかかわります。 暑さで体温の調節ができなくなり体温が上昇、脱水を起こします 暑い環境にいることで、体温が上がりすぎるのが熱射病。直射日光に長時間当たって起...

  • 夏の外出先でのやけどが意外に多い!! やけど

    「子どものやけどの80%は家庭内で起こる」「毎年、子どもの3人に1人はやけどをする」と言われるほど、やけどは身近な事故です。 夏は屋外でのやけどにも気をつけて 生後6カ月ぐらいまでの乳児に多いのが、大人が抱っこした状態で熱いものをこぼして起こすやけど。赤ちゃん...

パートナー紹介




おすすめ情報



gooのお知らせ
あなたの好きなデザインテーマは1~12月までの季節感テーマのデザインや、環境活動に貢献できる緑のgooなど、好きなデザインテーマを設定しよう
gooをスタートページに設定しようタイムリーなニュースやメール、天気など、便利な情報が集約! 地震や津波など防災情報もお知らせするgooトップページを設定しよう
一番安い自動車保険は?一番安い自動車保険は?《利用者800万人突破》最大21社に無料で一括見積もり。安くなった平均額は30,597円!
goo電子書籍特集とある家庭のペットとして暮らす魔王と、その飼い主である少年の物語。ときに隣の家の勇者におびえ――。