2カ月の赤ちゃんってこんな時期

首がだんだんとしっかりして、追視もできます

生後1カ月ごろから、1日に数回腹ばい姿勢をとらせてあげます。生後2カ月になると、ほら、こんなにしっかり首をもち上げます。ほんの少しの間ですが、胸まで起き上がることができます。首すわりももうすぐ。

全体にぎこちなさがなくなり、手足を自由に動かしてしっかりした動作になってきます。あおむけに寝かせていると、手足をバタバタさせてよく動きます。頭の上のほうへずっていって、布団から頭が落ちていたりします。手の動きも多彩になってきます。手を開いたり握ったり、指をしゃぶったり、ガラガラなどのおもちゃを握らせると、すぐ落としますが、瞬時握りしめます。

腹ばいにさせてあげると、頭を少しの間もち上げます。首の筋肉がだいぶしっかりしてきます。

身体発達と同時に知恵づきも進んで、表情がはっきりしてきます。眠っているときはいかにもぐっすりと、浅い眠りでは顔をしかめてみたり、ウーンと伸びをしたり……。目覚めているときは、お母さんの顔を見つめてニッコリしたり、音のするほうへ首を回して見つめたりします。「アウン」「ウーウー」などの喃語も始まって、お母さんの赤ちゃんへの愛着心をかきたてるようになります。

赤ちゃんの視力発達の様子をウオッチングしてみましょう。ファンツの実験という有名な研究があります。それによると、赤ちゃんが最も長く注視するのは、人の顔を描いたものです。このことからも、赤ちゃんが最も愛着を示し、いちばん最初にその存在を認識するのがお母さんとわかります。

サラパテクという研究者が、人の顔を見たとき、赤ちゃんがどんな視線の動きを示すかを記録しています。生後1カ月の赤ちゃんでは頭髪のあたりに視線が集中していますが、2カ月の赤ちゃんは目と口に集中しています。見つめ合い、語り合う接触がたいせつなことだとわかりますね。

赤ちゃんは人間の顔が好き (ファンツの実験)

目覚めているときは、お母さんが語りかけると じいっと見つめます。ときには、語りかけにニッコリとします。

口をすぼめて舌をクチュクチュしながらの眠り。 このころによく見られます。手の動きに注目! 自由自在です。

手をかたく握ることはもうありません。眠っているときの表情も、見るからに深い眠りの落ち着きがあります。

浅い眠りの表情はいろいろ。 笑ったりいきんだりの七変化です。 ウーンと伸びをしたり、手の動きも活発です。

視力や聴力の発達も目立ってきます

働きかけは、赤ちゃんの成長をほんの少し先取りして一歩先をリードしてあげることです。まず外気浴などで、赤ちゃんを外の環境に少しずつ慣らしていきましょう。「寝たきり」の暮らしには赤ちゃんも飽きてきています。赤ちゃんの体操も兼ねて、裸になる機会を大いにつくるのはとてもよいことです。  知恵づきの面でもお母さんからの働きかけはたいせつです。視力や聴力の発達が目立ってきますから、ガラガラなど音の出るおもちゃを与えましょう。静かな音楽をCDやラジオで聞かせたり、大きくはっきりと人の顔を描いた絵を見せてあげましょう。もちろん、お母さんのやさしい言葉での語りかけは欠かせませんね。

赤ちゃんとの対話を楽しみましょう。 お母さんの指は赤ちゃんのステキなおもちゃになります。

このころの赤ちゃんが好きな色は赤や青です。 丸い形も大好き。赤、青、黄の原色紙風船に反応を示します。

肌を丈夫にしましょう

おむつがえのついでに

おむつがえのときにお母さんの手のひらで両足を伸ばしたり、両足くびを持って支え、片足ずつゆっくり曲げます。右足を曲げて、左足を曲げたら、元の伸ばした姿勢に。数回繰り返します。

おむつがえのときにお母さんの手のひらで両足を伸ばしたり、両足くびを持って支え、片足ずつゆっくり曲げます。右足を曲げて、左足を曲げたら、元の伸ばした姿勢に。数回繰り返します。

着がえのときに

赤ちゃんの肌は、適度な刺激を与えてあげることで環境や気温の変化などに慣れていきます。着がえのときに、それまで着ていた服などで、体の先端から心臓のほうへ向かってやさしくこすってあげましょう。

赤ちゃんの肌は、適度な刺激を与えてあげることで環境や気温の変化などに慣れていきます。着がえのときに、それまで着ていた服などで、体の先端から心臓のほうへ向かってやさしくこすってあげましょう。

お散歩のときに

ベビーバギーなどで、近所へお散歩。お母さんの気分転換にもなりますね。このとき、赤ちゃんが直射日光を受けないように帽子やパラソルなどで調節しましょう。季節にもよりますが、一日のうちで午前10時から午後2時くらいが紫外線のいちばん強いときなので、その時間帯の外出はなるべく避けるようにします。

お気に入りに追加

コンシェルからあなたへ

新着情報

  • 妊娠8ヵ月で知っておきたい「痛み」とは?

    お産は人生で最大の痛みといわれますが、お産の痛みは前向きな痛みであり、普通の痛みとは種類が違います。陣痛はいつ始まっていつ終わるのか、あらかじめ知っておくことで、その痛みを乗り越えることができるのです。もうすぐお産を迎える妊娠8ヵ月の時期は、いざという時に...

  • 便秘でいきみ過ぎて赤ちゃんが出ちゃうことってある?

    妊娠初期は新米ママもまだまだ分からないことがたくさんあって、不安になってしまうことも多いものです。普段から便秘に悩まされている女性は多いですが、便秘でいきんだら赤ちゃんが出ちゃいそうなんて心配するのも分かります。大丈夫、多少いきんだくらいでは赤ちゃんが出ち...

  • まさかの切迫早産からの結婚式

    私が絶賛現在体験中の出来事です。 妊娠26週まではつわりも軽く、元気そのもので仕事も妊娠前と変わらずに過ごしていました。 そんな中、26週にちょうど入った日の夜中に急にお腹の上部に腹痛が…! なんとも言えないキリキリする痛みが1時間余り続...

  • 安産につながる体の動かし方あれこれ

    安産のためには、適度に体を動かしたほうがいいとは、昔から言われています。そうはいっても、無理をすることも良くありません。 どんな運動が効果的なのか、実際に安産だったママの体験談から、安産に効いた体の動かし方をご紹介します。 安産体操や踏み台昇降、腹筋運...

  • さまざまな妊婦健診…超音波検査やGTT検査ってどんなもの?

    妊娠すると、産院で定期的に妊婦健診や検査を受けるようになります。妊婦健診は、赤ちゃんの成長や異常がないかを知るために必要なもの。毎回行う問診、内診、体重・血圧測定、尿検査、超音波検査に加えて血液検査も4回くらい行われます。ここでは超音波検査や尿検査について...

  • 清水克彦の「頭のいい子が育つママとパパの習慣」~第29回 学びのタネは外にある

    ←第28回 オリンピックで子どもは伸ばせる まず親が外に出よう  初夏を迎え、この連載を目にされている皆さんや皆さんのお子さんで、この春から新たな部署や新たな学校に身を置くことになった方々も、それぞれの環境に慣れてきた頃かと思います。  ...

  • 卒乳・断乳しないとどうなる?卒乳は赤ちゃんの自立の一歩

    ミルクだけに頼っていた赤ちゃんの乳離れを、断乳や卒乳といいます。離乳という呼び方もありますが、どれも意味は同じで、赤ちゃんがおっぱいも哺乳瓶も卒業すること。いつまで子どもにおっぱいをあげてもいいのか、ママも悩むところですが、もしも適当な時期に断乳しないとど...

  • 男の子女の子を伸ばす育て方は、それぞれの違いを知ることから!

    周囲に対して敏感な「女の子」、のめり込みやすい「男の子」。身長や体重、体つきだけでなく、赤ちゃんの時代から脳も違います。それぞれを伸ばし、育てていくために性差を知っておきましょう。 男の子と女の子は胎児のときから違います ママのおなかにいるとき、赤ちゃ...

おすすめ情報

  • 笑顔も増えて、お外に興味を持つようになる2か月  (2016.04.13)

    赤ちゃんは、毎月驚くような成長を見せてくれますよね。今回は、生後二か月の赤ちゃんの特徴についてまとめてみたいと思います。身体の発達や表情の豊かさ、そして視線の変化といった3つの項目に分けて紹介していきます。 首がだんだんすわってくる 腹ばいに赤ちゃんを...

  • 赤ちゃんにどんなものを着せればいいの? [2カ月]

    「大人の服マイナス1枚」を基本に 赤ちゃんに着せる服は、「大人の服マイナス1枚」が基本と言われています。赤ちゃんは新陳代謝が激しく、大人と同じように着せるとちょっと暑いのです。とはいえ、体温の調節機能が未発達ですから、寒過ぎる服装ではNG。「ちょっと暑いな、...

  • 音が聞こえていないかもしれない [2カ月]

    大きな音がしても驚く様子がない A: 赤ちゃんはママのお腹にいるときから、音を聴くことができます。ですから、生まれたばかりの赤ちゃんでも、優れた聴覚を持っています。英語の「L」と「R」を聞き分けたり、リズムや音階を聞き分けられるという実験結果があるほどです。...

パートナー紹介




おすすめ情報



gooのお知らせ
品川シーズンテラス今春、いよいよ誕生!品川駅港南口から徒歩6分。国際ビジネス拠点のランドマーク「品川シーズンテラス」
いまgooいまgoo「いま」の話題が楽しめる「いまgoo」、おもわず話したくなる話題で、楽しむ・シェアする・盛り上がる!
一番安い自動車保険は?一番安い自動車保険は?《利用者800万人突破》最大21社に無料で一括見積もり。安くなった平均額は30,597円!
goo電子書籍特集とある家庭のペットとして暮らす魔王と、その飼い主である少年の物語。ときに隣の家の勇者におびえ――。