3カ月の赤ちゃんってこんな時期

首がだいぶしっかりして、いろいろな反応が出てきます

3カ月児は成長の大きな節目です。乳児期の赤ちゃんは、身体発育と知能の発達を分離して考えることができません。身体発育がしっかり月齢相応に進んでいれば、知能の発達も順調と考えられるわけです。その意味で、赤ちゃんの発育発達を判断する目安が、首すわりです。

首すわりの様子は、赤ちゃんをおすわりの姿勢にしてウオッチングします。前にガクッと首が落ちなくなったら、もうしっかり首がすわっています。もう一つ、腹ばい姿勢にしてみましょう。顔を床からしっかり上げられるようになります。胸を少し上げる赤ちゃんもいます。

あおむけ姿勢のときの赤ちゃんは、手足ともにとてもよく動かします。両足やひざを空に向かってけり上げていますし、自分の体の動きをおもちゃにして、ひとり楽しむ時間もふえてきます。手の動きも活発でバタバタさせますし、おもちゃを持たせると、しばらくの間握っていられるようになります。指しゃぶりも大好きです。

指だけでなく握りこぶしのまま口に入れたり、洋服のそで口や上着のすそをチュパチュパしゃぶったりします。また、手にするものをなんでも口に入れようとします。

首がすわるとたて抱きが楽になります。赤ちゃんも視野がぐーんと広がります。

両足でバンザイ!です。 手足の動きは、左右の動きが一致するようになってきます。

社会性が芽生え、あやすとニッコリ

お母さんの姿が目の前から見えなくなると、首を回して目で追います。そのほか、おもちゃを目の前で動かすと、その動きどおりに目で追います。視力のほか、聴力もしっかりしてきます。喃語が多く出るだけでなく、お母さんの語りかけにこたえるように、「アウン」「ウーウ」「ブブ」など声が出ます。あやせば大喜びで反応します。情緒が発達してきた証拠です。生まれたての赤ちゃんの笑いが反射だったのに対して、3カ月児の笑いは、あやされることにこたえる社会的な笑いです。体つきは丸くなってきます。ほっぺたがふくれ、手足に肉がついて、赤ちゃんらしくなります。手くびや足くびにくびれが見られる赤ちゃんもいます。おなかも丸く大きくなります。

手指の表情ウォッチング

ガラガラを持つ
ガラガラなどを握らせてあげると、しばらくの間、 しっかり握っています。ただし、まだおもちゃとして遊ぶ力はないようですね。

指しゃぶり
指しゃぶりは最高の遊びです。 眠る前にチューチュー音を立てて指を吸う赤ちゃんもいます。 発達過程の一つで、心配はいりません。

ハンド・リガード
両手を目の前で合わせることができます。 不思議なものを見つけた表情です。 ハンド・リガードといって知恵づきの証拠です。

お母さんからの働きかけ

1~2カ月の赤ちゃんが泣くのは、空腹やおむつが汚れて気持ちが悪いなど、主に生理的に不快な状態を訴えてのことです。しかし、徐々に赤ちゃんの心が発達するに従って、甘え泣きや自分の欲求がうまく通らないときのイライラ泣きなどが始まってきます。「3カ月コリック」または「夕暮れ泣き」と呼ばれ、夕方の1~2時間、まるでおなかが痛いかのように、はげしく泣き続けることがあります。この「3カ月コリック」の原因はよくわかっておらず、お母さんが手をかえ品をかえしてあやしてあげても泣きやまないことが多いのですが、効果的なのはお散歩です。外気には心の鎮静作用があります。思い切って、赤ちゃんを抱っこして、外へ出てみまましょう。

月齢によって、赤ちゃんの泣き方は変化します。3カ月ごろの赤ちゃんなら、お母さんのイライラ気分が伝わって不安感から泣きだすこともあります。また、お母さんが目の前からいなくなった不安や自己主張の泣きもあります。

赤ちゃんは体操が大好きです

3カ月ごろになると、赤ちゃんはとても活発に動くようになります。薄着にさせ、床の上にコロンと寝かせておくだけでも、ずいぶん自由に手足を動かしています。でも、お母さんがほんの少し手を貸してあげると、赤ちゃんの楽しい体操タイムになります。

赤ちゃん体操をしなければ……と考えるとめんどうになってしまいますが、おむつがえや着がえのときに、思いっ切り、自由に体を動かすチャンスをつくればよいのです。このころは、赤ちゃん自身の動きにほんの少し手を添える程度の手助けです。ついでに乾布摩擦で皮膚を鍛えましょう。

また、お散歩は母子ともにたいせつな気分転換になります。外へ連れ出すと赤ちゃんはみんなごきげんです。お天気のよい日に、まずは近所を一回りしてみましょう。

お気に入りに追加

コンシェルからあなたへ

新着情報

  • まさかの切迫早産からの結婚式

    私が絶賛現在体験中の出来事です。 妊娠26週まではつわりも軽く、元気そのもので仕事も妊娠前と変わらずに過ごしていました。 そんな中、26週にちょうど入った日の夜中に急にお腹の上部に腹痛が…! なんとも言えないキリキリする痛みが1時間余り続...

  • 安産につながる体の動かし方あれこれ

    安産のためには、適度に体を動かしたほうがいいとは、昔から言われています。そうはいっても、無理をすることも良くありません。 どんな運動が効果的なのか、実際に安産だったママの体験談から、安産に効いた体の動かし方をご紹介します。 安産体操や踏み台昇降、腹筋運...

  • さまざまな妊婦健診…超音波検査やGTT検査ってどんなもの?

    妊娠すると、産院で定期的に妊婦健診や検査を受けるようになります。妊婦健診は、赤ちゃんの成長や異常がないかを知るために必要なもの。毎回行う問診、内診、体重・血圧測定、尿検査、超音波検査に加えて血液検査も4回くらい行われます。ここでは超音波検査や尿検査について...

  • 清水克彦の「頭のいい子が育つママとパパの習慣」~第29回 学びのタネは外にある

    ←第28回 オリンピックで子どもは伸ばせる まず親が外に出よう  初夏を迎え、この連載を目にされている皆さんや皆さんのお子さんで、この春から新たな部署や新たな学校に身を置くことになった方々も、それぞれの環境に慣れてきた頃かと思います。  ...

  • 卒乳・断乳しないとどうなる?卒乳は赤ちゃんの自立の一歩

    ミルクだけに頼っていた赤ちゃんの乳離れを、断乳や卒乳といいます。離乳という呼び方もありますが、どれも意味は同じで、赤ちゃんがおっぱいも哺乳瓶も卒業すること。いつまで子どもにおっぱいをあげてもいいのか、ママも悩むところですが、もしも適当な時期に断乳しないとど...

  • 男の子女の子を伸ばす育て方は、それぞれの違いを知ることから!

    周囲に対して敏感な「女の子」、のめり込みやすい「男の子」。身長や体重、体つきだけでなく、赤ちゃんの時代から脳も違います。それぞれを伸ばし、育てていくために性差を知っておきましょう。 男の子と女の子は胎児のときから違います ママのおなかにいるとき、赤ちゃ...

  • 夜泣きがつらい?!乗り越える方法を伝授します!

    赤ちゃんを育てる毎日はとても大変ですね。普通に世話をしているだけでも疲れます。特に夜泣きのある赤ちゃんの場合、ママも泣きたくなるほどのつらさとなります。ただ耐えているだけではつらい毎日が続くことに。夜泣きのつらさを乗り越えるための方法をご紹介します。 睡...

  • いつもと違う?!妊娠中におりものの異常を感じたら

    妊娠中は体にさまざまな変化が生じることもありますが、おりものがいつもと違うと感じたら、それは受診のサイン。デリケートなことだけについ我慢しがちですが、妊娠中だからこそ、早めの処置が必要なケースもあるためです。 妊娠中のおりもの異常は気づいたら受診を! ...

おすすめ情報

  • 赤ちゃんのこれ気になる!大丈夫? - 3~5ヶ月の気になる!  (2013.05.15)

    毎日の育児のなかで「赤ちゃんのコレ、なんとなく気になる……」ってこと、ありますよね。 「病院に行くほどでもない、でもなんとなく心配」というママたちの疑問や不安を解消します! Q. 頭の形がいびつ A. 起きている時間が長くなれば自然に治るはず 寝ている...

  • 育児を楽しみながら、ゆったりと過ごしましょう [3カ月]

    まだまだ体は回復途中です 産後すぐ同様に、この時期も「乳腺炎」には要注意。張りを感じる程度ならおっぱいを冷やすなどして様子を見てもよいですが、高熱が出た場合はすぐに病院に連絡をしましょう。 また、会陰にできた傷などの影響で、排便に違和感を覚えたり便秘になるケ...

  • 母乳のために、どんな食事がいい? [3カ月]

    バランスのいい食事がベスト ママの母乳は、赤ちゃんにとっては何よりの栄養です。ママの体から出るだけに、どんな食事をするかによって母乳に含まれる栄養素が変わるのでは?と心配してしまいますが、基本的に食べるものによって何か栄養の中身が変わることはありません。 ...

パートナー紹介




おすすめ情報



gooのお知らせ
品川シーズンテラス今春、いよいよ誕生!品川駅港南口から徒歩6分。国際ビジネス拠点のランドマーク「品川シーズンテラス」
いまgooいまgoo「いま」の話題が楽しめる「いまgoo」、おもわず話したくなる話題で、楽しむ・シェアする・盛り上がる!
一番安い自動車保険は?一番安い自動車保険は?《利用者800万人突破》最大21社に無料で一括見積もり。安くなった平均額は30,597円!
goo電子書籍特集とある家庭のペットとして暮らす魔王と、その飼い主である少年の物語。ときに隣の家の勇者におびえ――。