3カ月の赤ちゃんってこんな時期

首がだいぶしっかりして、いろいろな反応が出てきます

3カ月児は成長の大きな節目です。乳児期の赤ちゃんは、身体発育と知能の発達を分離して考えることができません。身体発育がしっかり月齢相応に進んでいれば、知能の発達も順調と考えられるわけです。その意味で、赤ちゃんの発育発達を判断する目安が、首すわりです。

首すわりの様子は、赤ちゃんをおすわりの姿勢にしてウオッチングします。前にガクッと首が落ちなくなったら、もうしっかり首がすわっています。もう一つ、腹ばい姿勢にしてみましょう。顔を床からしっかり上げられるようになります。胸を少し上げる赤ちゃんもいます。

あおむけ姿勢のときの赤ちゃんは、手足ともにとてもよく動かします。両足やひざを空に向かってけり上げていますし、自分の体の動きをおもちゃにして、ひとり楽しむ時間もふえてきます。手の動きも活発でバタバタさせますし、おもちゃを持たせると、しばらくの間握っていられるようになります。指しゃぶりも大好きです。

指だけでなく握りこぶしのまま口に入れたり、洋服のそで口や上着のすそをチュパチュパしゃぶったりします。また、手にするものをなんでも口に入れようとします。

首がすわるとたて抱きが楽になります。赤ちゃんも視野がぐーんと広がります。

両足でバンザイ!です。 手足の動きは、左右の動きが一致するようになってきます。

社会性が芽生え、あやすとニッコリ

お母さんの姿が目の前から見えなくなると、首を回して目で追います。そのほか、おもちゃを目の前で動かすと、その動きどおりに目で追います。視力のほか、聴力もしっかりしてきます。喃語が多く出るだけでなく、お母さんの語りかけにこたえるように、「アウン」「ウーウ」「ブブ」など声が出ます。あやせば大喜びで反応します。情緒が発達してきた証拠です。生まれたての赤ちゃんの笑いが反射だったのに対して、3カ月児の笑いは、あやされることにこたえる社会的な笑いです。体つきは丸くなってきます。ほっぺたがふくれ、手足に肉がついて、赤ちゃんらしくなります。手くびや足くびにくびれが見られる赤ちゃんもいます。おなかも丸く大きくなります。

手指の表情ウォッチング

ガラガラを持つ
ガラガラなどを握らせてあげると、しばらくの間、 しっかり握っています。ただし、まだおもちゃとして遊ぶ力はないようですね。

指しゃぶり
指しゃぶりは最高の遊びです。 眠る前にチューチュー音を立てて指を吸う赤ちゃんもいます。 発達過程の一つで、心配はいりません。

ハンド・リガード
両手を目の前で合わせることができます。 不思議なものを見つけた表情です。 ハンド・リガードといって知恵づきの証拠です。

お母さんからの働きかけ

1~2カ月の赤ちゃんが泣くのは、空腹やおむつが汚れて気持ちが悪いなど、主に生理的に不快な状態を訴えてのことです。しかし、徐々に赤ちゃんの心が発達するに従って、甘え泣きや自分の欲求がうまく通らないときのイライラ泣きなどが始まってきます。「3カ月コリック」または「夕暮れ泣き」と呼ばれ、夕方の1~2時間、まるでおなかが痛いかのように、はげしく泣き続けることがあります。この「3カ月コリック」の原因はよくわかっておらず、お母さんが手をかえ品をかえしてあやしてあげても泣きやまないことが多いのですが、効果的なのはお散歩です。外気には心の鎮静作用があります。思い切って、赤ちゃんを抱っこして、外へ出てみまましょう。

月齢によって、赤ちゃんの泣き方は変化します。3カ月ごろの赤ちゃんなら、お母さんのイライラ気分が伝わって不安感から泣きだすこともあります。また、お母さんが目の前からいなくなった不安や自己主張の泣きもあります。

赤ちゃんは体操が大好きです

3カ月ごろになると、赤ちゃんはとても活発に動くようになります。薄着にさせ、床の上にコロンと寝かせておくだけでも、ずいぶん自由に手足を動かしています。でも、お母さんがほんの少し手を貸してあげると、赤ちゃんの楽しい体操タイムになります。

赤ちゃん体操をしなければ……と考えるとめんどうになってしまいますが、おむつがえや着がえのときに、思いっ切り、自由に体を動かすチャンスをつくればよいのです。このころは、赤ちゃん自身の動きにほんの少し手を添える程度の手助けです。ついでに乾布摩擦で皮膚を鍛えましょう。

また、お散歩は母子ともにたいせつな気分転換になります。外へ連れ出すと赤ちゃんはみんなごきげんです。お天気のよい日に、まずは近所を一回りしてみましょう。

お気に入りに追加

コンシェルからあなたへ

新着情報

  • 個人差は大きい、けど知りたい離乳食のステップアップの仕方

    離乳食のステップアップの速度は、個人差が大きいものです。お子さんはペースが速いタイプなのか、ゆっくり進むタイプなのかを見極め、お子さんに合った進み方でステップアップしていくことが離乳食をスムーズに進める鍵にもなります。 1回食のタイミングと調理形態 離...

  • 突然の切迫診断→寝たきり

    そろそろ産休が近付いてきたとワクワクし始めた頃突然の切迫診断。産休前に1ヶ月ほど有給をプラスし自宅安静になりました。 私の両親は亡くなっており、義母も入院中で夫と二人で頑張りました。 夫が帰宅してから家事をして私のご飯まで作ってくれる...

  • できれば我慢!妊娠中に避けたい食べ物や飲み物

    妊娠中に食べてはいけない!はっきりと定められているものはありませんが、お腹の赤ちゃんのためにもできれば避けたほうがいいというものはいくつかあります。加工食品など塩分や脂肪分、糖分の多いものには注意が必要です。 調味料に気を付けて! 調理に使用する砂糖や...

  • 清水克彦の「頭のいい子が育つママとパパの習慣」~第33回 ご先祖さまを大切に

    ←第32回 季節感や地域の行事を大切に 親子できちんとお墓参り  前回、私は、この連載の中で、お父さんやお母さんは「季節感や季節の行事を大切に」と述べました。  そうすることによって、仕事や家事に追われる日々に、ホッとできる瞬間が...

  • 9月中旬出産ママのおすすめ出産準備マストアイテム&ウエアの着せ方教えます!

    3人目ベビーを9月中旬に出産したママは、お下がりを活用しながらお気に入りを買い足して、かしこい出産準備をしていました! 退院後すぐに涼しくなるけど、室内はあたたかいこの時期。ウエアや肌着選びも参考にしてみてくださいね♪ 【9月12日生まれ】3人目Baby...

  • 食事が赤ちゃんを作る!妊娠中に積極的に食べたいもの

    妊娠中は、お母さんが食べたものがお腹の赤ちゃんの体を作るため、なるべく栄養のあるものを意識して食べることが大切です。カロリーの計算や栄養学の知識がないという人は、ヘルシーで栄養バランスの優れた食材を意識して摂るようにしましょう。 主食は未精製のものに変え...

  • 保育士しながら妊婦生活。ハードな環境だったけれど、子どもたちから元気をもらって頑張れた!

    私は、障がいを持ったお子さんや、発達に心配のあるお子さんの療育施設で働いております。 妊娠がわかったのは、昨年4月半ばでした(妊娠2ヶ月)。 新年度を迎えたばかりで、とにかくバタバタ。 私は主任保育士でしたので、日々の保育の他、毎日...

  • 赤ちゃんの夜泣きも楽になる?「小児はり」でママの笑顔も増える!

    赤ちゃんの夜泣きが続くとママもつらいものですよね。実はほとんどの赤ちゃんは夜泣きをします。夜泣きの原因は熱いと眠れないとかいろいろですが、言葉をしゃべることのできない赤ちゃんは泣くことで、必死に訴えてる訳ですね。昔から夜泣きをする子供をかんの虫といって、大...

おすすめ情報

  • 予防接種がはじまります [3カ月]

    予防接種のメリットとデメリットって? 予防接種は、感染症の原因となるウイルスや細菌をもとにつくったワクチンを体内にいれることで、その感染症に対する抵抗力(免疫)をつけます。すると、その感染症にかからないか、かかっても症状が軽くてすむようになるのです。 ただ...

  • 赤ちゃんのためのホームケア

    赤ちゃんの様子がちょっと気になる……。こんなときお母さんが迷うのは、家庭で様子を見ていてよいのか、病院へ連れていくべきかということでしょう。赤ちゃんに多い発熱、ケイレン(ひきつけ)、せき、嘔吐(吐く)、下痢、発疹、泣く、口の中が痛い」この8つの症状について、病...

  • 赤ちゃんのこれ気になる!大丈夫? - 3~5ヶ月の気になる!  (2013.05.15)

    毎日の育児のなかで「赤ちゃんのコレ、なんとなく気になる……」ってこと、ありますよね。 「病院に行くほどでもない、でもなんとなく心配」というママたちの疑問や不安を解消します! Q. 頭の形がいびつ A. 起きている時間が長くなれば自然に治るはず 寝ている...

パートナー紹介




おすすめ情報



gooのお知らせ
あなたの好きなデザインテーマは1~12月までの季節感テーマのデザインや、環境活動に貢献できる緑のgooなど、好きなデザインテーマを設定しよう
gooをスタートページに設定しようタイムリーなニュースやメール、天気など、便利な情報が集約! 地震や津波など防災情報もお知らせするgooトップページを設定しよう
一番安い自動車保険は?一番安い自動車保険は?《利用者800万人突破》最大21社に無料で一括見積もり。安くなった平均額は30,597円!
goo電子書籍特集とある家庭のペットとして暮らす魔王と、その飼い主である少年の物語。ときに隣の家の勇者におびえ――。