誰もが気になる2大お悩みにズームイン! おちんちんの仕組みと色・形・大きさのこと

悩めるママたちのために、おちんちんのエキスパート岩室先生の、行列してでも行きたいおちんちん相談所を開設。色や形はもちろんのこと、一番気になる包茎のことまで真相解明しちゃいます!

人間は大人になるために、幼児期から自分の性ときちんと向き合う必要があります。女の子は初潮を迎えることで女性の体、月経の仕組みを学んでいきます。それが大人になる過程でもあるわけですが、男の子にはこのような仕組みはありませんね。家庭や学校で幼児期から性についてきちんと教えなければ、過剰な情報にあふれ、周りとの関係性が希薄な現代、いったいどんな大人になってしまうことでしょう。今日はいっしょに、男の子の性とおちんちんについて勉強していきましょう!

<Q>まだ小さいのに立つということはあるんですか?

私は4人姉妹で母親の姉妹も女ばかり。誰も男の子のおちんちんを見る機会がなかったのですが、私が息子を産んでからというもの「ハテナ?」ということが多いです。おむつ替えのときにおちんちんをふくとかたくなっていたり、ときには少し大きくなっていることも。かわいいのでながめてさわっていますが、まだ小さいのに立つことってあるんですか?(愛知県 香奈ママ)

<A>赤ちゃんの勃起は日常的なことです

お母さんは赤ちゃんが感じて立ったと思っているかもしれませんが、それは考えすぎです。おちんちんの中にある尿道は陰茎海綿体でおおわれ、ここに血液が送り込まれることで勃起する仕組みになっているのですが、勃起は何もしていなくても、一日に何度も起こっているんですよ。もちろん、さわられたり、ちょっとした刺激で立つことはありますが、性的な意味で勃起が起こるのは小学校高学年過ぎくらいから。まだ先のことです。

おしっこがしたいときにふくらむことも
赤ちゃんはおしっこをしたいときにも、おちんちんがふくらむことがあります。ながめてさわっている間に、おしっこをひっかけられないよう気をつけて(笑)。バルーニングといって、おちんちんが風船のようにふくらんでから、おしっこが出る子の場合は要注意。おしっこの出が悪いため、強く膀胱を収縮させて出そうとするので、腎臓に影響が出ることが。この傾向のある子には、親が早い時期からおちんちんをむいてあげなければなりません。

<Q>周りの子と比べるとタマタマの色が黒いです

生まれたときからタマタマの色がかなり黒く悩んでいます。3カ月になりだいぶ肌の色に近づいてきましたが、それでもほかの子に比べると、まだまだ黒い! かかりつけのお医者さんには何も言われないので大丈夫だと思うのですが、周りの人に「黒いわねぇ~」と言われるのでちょっとイヤ。これって本当に問題ないのでしょうか。教えてください。(東京都 あおいママ)

<A>赤ちゃんのおちんちんはまだ成長過程です

赤ちゃんのおちんちんの色や形には個人差があります。今後大人になるにつれ、気にならなくなることがほとんどですから、色が黒いことも気にしなくて大丈夫ですよ。おちんちんが小さい!と悩むお母さんも多いですが、赤ちゃんは皮下脂肪が多く、おなかがプックリしていますよね。おちんちんの根元を押してみると、実は意外と長かったりするんです。おなかの肉に埋もれて見えなくなっていただけだったんですね。おしっこが勢いよくシャーッと出ていれば心配ありません。これは女の子の場合でも同じです。

いろいろなおちんちん

8~9カ月ごろのほぼ同月齢の赤ちゃんのおちんちんをチェック。タマタマくんの大きさや色、おちんちんの向きなどがちょっとずつ違いますが、どれも健康なおちんちん!

おちんちんもタマタマもまん丸! かわいいです。

右向け右! タマタマくんはちょっと黒め。おまんじゅうみたい。

貫録たっぷりのおちんちん。先がグルグルしてるのが特徴です。

ゆらり~んとしてて癒やされます。ぷにぷにでさわっていたい~♪

タマのところがシワシワシワ~。ふくらんでるときもかわいいです。

監修・指導
社団法人地域医療振興協会
ヘルスプロモーション研究センター長
岩室紳也先生

厚木市立病院泌尿器科、日本家族計画協会市ヶ谷クリニック勤務。日本泌尿器科学指導医、日本思春期学会理事、日本小児泌尿器科学会評議会議員などを務める。泌尿器科医としてとくに小児泌尿器科の診療に力を入れるとともに、子どもたちや学生に向けての性教育・エイズ教育活動にも尽力。紳也’sホームページもぜひ一度のぞいてみてください!

お気に入りに追加

コンシェルからあなたへ

新着情報

  • レジ袋だけじゃない!赤ちゃんの泣きやませに効くこんな音

    ママの抱っこや大好きなおもちゃ、ベビーカーでお散歩など、赤ちゃんの泣きやませに効く方法はたくさんありますが、「音」というのも泣きやませキーワードのひとつ。レジ袋のガサガサ音のほかに、こんな音にも反応するかもしれません。ぜひお試しを。 新聞紙を思いきってビ...

  • 赤ちゃんの水分補給は足りてる?知っておきたい3つのコツ

    赤ちゃんには細やかな気配りによる水分補給ケアが必要です。おしっこなどで出て行った水分を見て判断する必要があり、下痢や嘔吐がある場合にも特別な注意が必要。どのようにして判断すれば良いのかを具体的にご紹介します。 脱水に気がつくためにおしっこの量を把握 赤...

  • 真剣に考えた名前を馬鹿にされ…。子どもの名前づけでいい加減な夫と大ゲンカ

    やっと授かった赤ちゃん。 安定期に入り、気持ち的にも安定してきて、いよいよ赤ちゃんが生まれるんだといううきうきした気持ちが強くなりました。 そして性別もわかりました。 女の子です。 子どもが授かるずっと前から、私と旦那の間で気に入っている女の子の名...

  • 妊娠中も安心!ヘルシーな野菜サラダで葉酸も摂取

    コブサラダ カロリー:216kcal/1人分・調理時間:30分 葉酸は、造血作用があるため、貧血やスタミナの不足になるのを防いでくれます。アボカドは葉酸が豊富に含まれています。「コブサラダ」のレシピを見る ほうれん草のホットサラダ カロリー:168...

  • 絶対音感なんて必要ない!? 赤ちゃんと音楽とのつきあい方はどうしたらいい?

    「絶対音感」って、あったら便利そうだし、カッコイイ! わが子に身につけさせてあげたいと思うママも多いはず。でも実際は「なくてもOK」という説も……。絶対音感について専門家に伺いました。 先輩ママはどうしてる? 100人に聞きました! ■赤ちゃんに音楽を...

  • 初めて胎動を感じられる!妊娠5ヵ月のからだの変化とは?

    妊娠5ヵ月になると、お腹がだんだん大きくなって、誰が見ても妊婦さんということが分かるようになります。体調も安定して妊娠を楽しめる時期ですが、妊婦さんの体はデリケートで小さな変化がいっぱい。妊娠5ヵ月の体について、予習をしておけばよりリラックスして過ごすこと...

  • 実は妊娠を一番楽しめる時期♪妊娠5ヵ月の気持ちの変化とは?

    妊娠5ヵ月に入ると体調も安定して、妊婦であることを楽しめるようになります。赤ちゃんの胎動を始めて感じるのもこの時期。幸せな気分に包まれる反面、赤ちゃんが無事に生まれてくるかという心配も増してきます。妊娠中期をゆったりと楽しむために、赤ちゃんや自分の体のこと...

  • 個人病院にこだわり続け、しかし体重が、、、

    初めての妊娠! 実母が有名な産院で私を出産したので、自分も当たり前に個人病院で出産するものだと思ってました。 しかし当初通っていた病院は、評判は良かったし、先生もおっちゃん先生だけど4Dも毎回あるし、LDL室や個室など私は気に入っていたものの、...

おすすめ情報

  • おちんちん 何でも一問一答

    監修・指導 社団法人地域医療振興協会 ヘルスプロモーション研究センター長 岩室紳也先生 厚木市立病院泌尿器科、日本家族計画協会市ヶ谷クリニック勤務。日本泌尿器科学指導医、日本思春期学会理事、日本小児泌尿器科学会評議会議員などを務める。泌尿器...

  • おちんちん、そのほかのギモン デイリーケアは?

    おちんちんをふくときの力加減を教えてください うちの子は勢いよくうんちをするせいか、毎回おちんちんがうんちに隠れてしまっています。足のつけ根やおしりをふくときは豪快にふくのですが、おちんちんはハラハラしながらソフトタッチにならざるをえません。そのため思った以...

  • ところで皆さんはむく? むかない? お悩みNO.1はやっぱり包茎のことなんです

    男の子は早めにむいたほうがいいと言われたけれど… <A> ある日、「おちんちんは早めにむいたほうがいい」と姉に言われ、パパと二人で相談して、お風呂のときに少しずつむこうと決意。お風呂当番はパパなのでお願いしているのですが、パパもムリにはしたくないらしく恐る恐...

パートナー紹介




おすすめ情報



gooのお知らせ
あなたの好きなデザインテーマは1~12月までの季節感テーマのデザインや、環境活動に貢献できる緑のgooなど、好きなデザインテーマを設定しよう
gooをスタートページに設定しようタイムリーなニュースやメール、天気など、便利な情報が集約! 地震や津波など防災情報もお知らせするgooトップページを設定しよう
一番安い自動車保険は?一番安い自動車保険は?《利用者800万人突破》最大21社に無料で一括見積もり。安くなった平均額は30,597円!
goo電子書籍特集とある家庭のペットとして暮らす魔王と、その飼い主である少年の物語。ときに隣の家の勇者におびえ――。