図解 赤ちゃんのうんちはこうして作られる

口から飲んだり食べたりしたおっぱい・ミルク・離乳食が、うんちとなっておしりから出てくるまで、赤ちゃんの体の中では、どんなことが起きているのでしょう?赤ちゃんの体の中をのぞいてみながらご説明しましょう。

赤ちゃんの口に入ったミルク・おっぱい・離乳食は、口の中で唾液と混じり、食道を通って胃に入ります。胃では、酸性の胃液が分泌されていて、食べ物と一緒に入ったばい菌を殺す役目もしています。食べ物は胃液と混じることで分解され、体内に吸収されやすいよう、さらにドロドロの液体状に変わります。
ドロドロの食べ物は次に小腸へと送り込まれます。小腸は、食べ物の栄養分を体内に吸収する長い管状の器官です。肝臓からは、うんちの色に関係している胆汁色素が流れ、すい臓からは脂肪を分解する酵素が流れてきます。長い管を通って栄養分を消化吸収された食べ物の残りかすは、今度は大腸にやってきます。大腸は水分の吸収を行うところです。液体しか飲んでいない赤ちゃんでも、形のあるうんちをするのは、大腸で水分が吸収されるからなのです。大腸を通るころには、食べ物の残りかすは、すっかり「うんち」らしい状態になっています。

ところで大人の場合、口から肛門までの消化管の長さは約10mもあるといわれています。赤ちゃんは、大人と比べて体に対する消化管の比率が大きく、小さい体の中には長い腸がぐるぐると詰まっています。赤ちゃんのおなかがポッコリ出ているのは、そのためでもあるのです。
こうして長い道のりを通って作られたうんちは、大腸の末端にある直腸にやってきます。ここはうんちの出口「肛門」のすぐ上にあります。直腸は、ある程度ふくらんでうんちをためることができます。うんちがたまると神経が脳に「たまったよ」と伝え、大人は自分の意志で肛門の括約筋を動かし、意識的に排便をすることができます。しかし赤ちゃんは、この神経の働きが未発達で、うんちがたまるたびに1日に何度でも反射でおむつの中に出してしまうのです。

うんちの秘密1「におい」★すっぱい?

うんちのにおいは腐敗臭

うんちの中には、食べ物の残りかす以外にも、食べ物と一緒に取り込んだ細菌の死骸が含まれています。これらが長く腸の中にいるうちに発酵腐敗し、うんち独特のくさいにおいを発生させます。
授乳期の赤ちゃんは口に入れるものが無菌状態に近く、消化を助けるビフィズス菌や乳酸菌など、いい働きをする菌が腸の中に多く住んでいるため、腐敗臭ではなくすっぱいにおいがします。

うんちの秘密2「色」★健康なうんちの色は黄色・緑色・茶色

緑色のうんちも心配なものではありません

うんちの色は、肝臓で作り出された胆汁色素ビリルビンの影響を受けて黄色みを帯びています。ただし食べ物の内容や、腸内の腐敗菌の状態によって茶色っぽくなります。ちなみに胆汁をためておくところが胆のうです。乳児期に多い緑色のうんちは、腸の中でうんちが空気と混ざったために酸化した色で、うんちの回数が少ないときや、おっぱいやミルクとともに空気をたくさん飲み込んだときによく見られるもので、心配なものではありません。

うんちの秘密3「形」

新生児期は水っぽく、だんだん固形になってきます

生まれてまもない時期のうんちは、水っぽくて下痢の便と区別がつきにくいというお母さんも多いでしょう。新生児期の赤ちゃんは、体の約80%が水分と言われるほど体全体が水っぽく、大腸で吸収される水分以上に腸の粘膜から分泌される水分量が多いため、うんちが固まりにくいのです。しかし、消化能力が高まり、固形の食べ物が食べられるようになってくると、だんだんうんちも固形に近づいてきます。

うんちの秘密4「回数」

個人差がありますが、新生児期は、1日に10回も

大人の場合、うんちをためられるよう直腸部がふくらんでいるのですが、赤ちゃんはこの部分が細く、そんなにためておくことができません。また意識的に排便をコントロールすることができないので、朝起きて動いたり、ミルクを飲んだり、胃や腸がちょっと刺激を受けるだけで反射的にうんちが出てしまいます。大人に比べて赤ちゃんはあまり頭を使って排便していないのです。

うんちの秘密5「時間」★(口に入った食べ物がうんちになって排出されるまで)

個人差がありますが、おおよそ1日

胃で食べ物をドロドロに分解する時間、長い小腸を通って栄養分を吸収する時間、大腸で水分を吸収する時間……、口に入った食べ物が肛門から出るまでには、長い道のりと時間を要します。個人差があり、一概に何時間とは言えませんが、早ければ半日、丸1日かかるという赤ちゃんも多いでしょう。

お気に入りに追加

コンシェルからあなたへ

新着情報

  • 頭痛、微熱?あなたの妊娠初期の症状は??

    もしかして妊娠しているかも?と感じるような妊娠初期の症状には、ドラマで見るようなつわりだけでなく、頭痛や微熱、倦怠感、めまいを感じる、おりものが多い、下痢や便秘しがちになるなど様々な症状が現れます。皆さんの体験談をもとに良くある症状と対策をまとめてみました...

  • 個人差は大きい、けど知りたい離乳食のステップアップの仕方

    離乳食のステップアップの速度は、個人差が大きいものです。お子さんはペースが速いタイプなのか、ゆっくり進むタイプなのかを見極め、お子さんに合った進み方でステップアップしていくことが離乳食をスムーズに進める鍵にもなります。 1回食のタイミングと調理形態 離...

  • 突然の切迫診断→寝たきり

    そろそろ産休が近付いてきたとワクワクし始めた頃突然の切迫診断。産休前に1ヶ月ほど有給をプラスし自宅安静になりました。 私の両親は亡くなっており、義母も入院中で夫と二人で頑張りました。 夫が帰宅してから家事をして私のご飯まで作ってくれる...

  • できれば我慢!妊娠中に避けたい食べ物や飲み物

    妊娠中に食べてはいけない!はっきりと定められているものはありませんが、お腹の赤ちゃんのためにもできれば避けたほうがいいというものはいくつかあります。加工食品など塩分や脂肪分、糖分の多いものには注意が必要です。 調味料に気を付けて! 調理に使用する砂糖や...

  • 清水克彦の「頭のいい子が育つママとパパの習慣」~第33回 ご先祖さまを大切に

    ←第32回 季節感や地域の行事を大切に 親子できちんとお墓参り  前回、私は、この連載の中で、お父さんやお母さんは「季節感や季節の行事を大切に」と述べました。  そうすることによって、仕事や家事に追われる日々に、ホッとできる瞬間が...

  • 9月中旬出産ママのおすすめ出産準備マストアイテム&ウエアの着せ方教えます!

    3人目ベビーを9月中旬に出産したママは、お下がりを活用しながらお気に入りを買い足して、かしこい出産準備をしていました! 退院後すぐに涼しくなるけど、室内はあたたかいこの時期。ウエアや肌着選びも参考にしてみてくださいね♪ 【9月12日生まれ】3人目Baby...

  • 食事が赤ちゃんを作る!妊娠中に積極的に食べたいもの

    妊娠中は、お母さんが食べたものがお腹の赤ちゃんの体を作るため、なるべく栄養のあるものを意識して食べることが大切です。カロリーの計算や栄養学の知識がないという人は、ヘルシーで栄養バランスの優れた食材を意識して摂るようにしましょう。 主食は未精製のものに変え...

  • 保育士しながら妊婦生活。ハードな環境だったけれど、子どもたちから元気をもらって頑張れた!

    私は、障がいを持ったお子さんや、発達に心配のあるお子さんの療育施設で働いております。 妊娠がわかったのは、昨年4月半ばでした(妊娠2ヶ月)。 新年度を迎えたばかりで、とにかくバタバタ。 私は主任保育士でしたので、日々の保育の他、毎日...

おすすめ情報

  • うんちの色でわかる赤ちゃんの病気をチェック!  (2015.11.13)

    赤ちゃんのうんち、いつもと違って色がヘン!?と思ったことはありませんか? 実はうんちは、赤ちゃんの健康状態を知らせるバロメーターなのです。うんちの色からわかる病気のサインを知っておきましょう。 血液が混ざる「赤い」うんち 赤いうんちは血液が混ざ...

  • うんちのトリビアうんちのうんちく話

    「うんち」って知れば知るほど奧が深いですね。考えてみれば、人類が誕生したときから世界のあちこちで毎日繰り返されてきたのです……。突然ですが、うんちに関するこぼれ話でちょっと一息のコーナーです。 「うんち」「うんこ」の「うん」は、いきみ声「う~ん」のことである...

  • 月齢別うんちの不思議Q&A

    こんなに人のうんちをまじまじと見つめることってなかったかも・・と思うほど、赤ちゃんが生まれるとうんちを観察することが多いですよね。gooベビーのサイト内検索でも「うんち」はよ~く、検索されています。赤ちゃんのうんちの回数や匂い、色や固さなど気になることはいっぱ...

パートナー紹介




おすすめ情報



gooのお知らせ
あなたの好きなデザインテーマは1~12月までの季節感テーマのデザインや、環境活動に貢献できる緑のgooなど、好きなデザインテーマを設定しよう
gooをスタートページに設定しようタイムリーなニュースやメール、天気など、便利な情報が集約! 地震や津波など防災情報もお知らせするgooトップページを設定しよう
一番安い自動車保険は?一番安い自動車保険は?《利用者800万人突破》最大21社に無料で一括見積もり。安くなった平均額は30,597円!
goo電子書籍特集とある家庭のペットとして暮らす魔王と、その飼い主である少年の物語。ときに隣の家の勇者におびえ――。