図解 赤ちゃんのうんちはこうして作られる

口から飲んだり食べたりしたおっぱい・ミルク・離乳食が、うんちとなっておしりから出てくるまで、赤ちゃんの体の中では、どんなことが起きているのでしょう?赤ちゃんの体の中をのぞいてみながらご説明しましょう。

赤ちゃんの口に入ったミルク・おっぱい・離乳食は、口の中で唾液と混じり、食道を通って胃に入ります。胃では、酸性の胃液が分泌されていて、食べ物と一緒に入ったばい菌を殺す役目もしています。食べ物は胃液と混じることで分解され、体内に吸収されやすいよう、さらにドロドロの液体状に変わります。
ドロドロの食べ物は次に小腸へと送り込まれます。小腸は、食べ物の栄養分を体内に吸収する長い管状の器官です。肝臓からは、うんちの色に関係している胆汁色素が流れ、すい臓からは脂肪を分解する酵素が流れてきます。長い管を通って栄養分を消化吸収された食べ物の残りかすは、今度は大腸にやってきます。大腸は水分の吸収を行うところです。液体しか飲んでいない赤ちゃんでも、形のあるうんちをするのは、大腸で水分が吸収されるからなのです。大腸を通るころには、食べ物の残りかすは、すっかり「うんち」らしい状態になっています。

ところで大人の場合、口から肛門までの消化管の長さは約10mもあるといわれています。赤ちゃんは、大人と比べて体に対する消化管の比率が大きく、小さい体の中には長い腸がぐるぐると詰まっています。赤ちゃんのおなかがポッコリ出ているのは、そのためでもあるのです。
こうして長い道のりを通って作られたうんちは、大腸の末端にある直腸にやってきます。ここはうんちの出口「肛門」のすぐ上にあります。直腸は、ある程度ふくらんでうんちをためることができます。うんちがたまると神経が脳に「たまったよ」と伝え、大人は自分の意志で肛門の括約筋を動かし、意識的に排便をすることができます。しかし赤ちゃんは、この神経の働きが未発達で、うんちがたまるたびに1日に何度でも反射でおむつの中に出してしまうのです。

うんちの秘密1「におい」★すっぱい?

うんちのにおいは腐敗臭

うんちの中には、食べ物の残りかす以外にも、食べ物と一緒に取り込んだ細菌の死骸が含まれています。これらが長く腸の中にいるうちに発酵腐敗し、うんち独特のくさいにおいを発生させます。
授乳期の赤ちゃんは口に入れるものが無菌状態に近く、消化を助けるビフィズス菌や乳酸菌など、いい働きをする菌が腸の中に多く住んでいるため、腐敗臭ではなくすっぱいにおいがします。

うんちの秘密2「色」★健康なうんちの色は黄色・緑色・茶色

緑色のうんちも心配なものではありません

うんちの色は、肝臓で作り出された胆汁色素ビリルビンの影響を受けて黄色みを帯びています。ただし食べ物の内容や、腸内の腐敗菌の状態によって茶色っぽくなります。ちなみに胆汁をためておくところが胆のうです。乳児期に多い緑色のうんちは、腸の中でうんちが空気と混ざったために酸化した色で、うんちの回数が少ないときや、おっぱいやミルクとともに空気をたくさん飲み込んだときによく見られるもので、心配なものではありません。

うんちの秘密3「形」

新生児期は水っぽく、だんだん固形になってきます

生まれてまもない時期のうんちは、水っぽくて下痢の便と区別がつきにくいというお母さんも多いでしょう。新生児期の赤ちゃんは、体の約80%が水分と言われるほど体全体が水っぽく、大腸で吸収される水分以上に腸の粘膜から分泌される水分量が多いため、うんちが固まりにくいのです。しかし、消化能力が高まり、固形の食べ物が食べられるようになってくると、だんだんうんちも固形に近づいてきます。

うんちの秘密4「回数」

個人差がありますが、新生児期は、1日に10回も

大人の場合、うんちをためられるよう直腸部がふくらんでいるのですが、赤ちゃんはこの部分が細く、そんなにためておくことができません。また意識的に排便をコントロールすることができないので、朝起きて動いたり、ミルクを飲んだり、胃や腸がちょっと刺激を受けるだけで反射的にうんちが出てしまいます。大人に比べて赤ちゃんはあまり頭を使って排便していないのです。

うんちの秘密5「時間」★(口に入った食べ物がうんちになって排出されるまで)

個人差がありますが、おおよそ1日

胃で食べ物をドロドロに分解する時間、長い小腸を通って栄養分を吸収する時間、大腸で水分を吸収する時間……、口に入った食べ物が肛門から出るまでには、長い道のりと時間を要します。個人差があり、一概に何時間とは言えませんが、早ければ半日、丸1日かかるという赤ちゃんも多いでしょう。

お気に入りに追加

コンシェルからあなたへ

新着情報

  • まさかの切迫早産からの結婚式

    私が絶賛現在体験中の出来事です。 妊娠26週まではつわりも軽く、元気そのもので仕事も妊娠前と変わらずに過ごしていました。 そんな中、26週にちょうど入った日の夜中に急にお腹の上部に腹痛が…! なんとも言えないキリキリする痛みが1時間余り続...

  • 安産につながる体の動かし方あれこれ

    安産のためには、適度に体を動かしたほうがいいとは、昔から言われています。そうはいっても、無理をすることも良くありません。 どんな運動が効果的なのか、実際に安産だったママの体験談から、安産に効いた体の動かし方をご紹介します。 安産体操や踏み台昇降、腹筋運...

  • さまざまな妊婦健診…超音波検査やGTT検査ってどんなもの?

    妊娠すると、産院で定期的に妊婦健診や検査を受けるようになります。妊婦健診は、赤ちゃんの成長や異常がないかを知るために必要なもの。毎回行う問診、内診、体重・血圧測定、尿検査、超音波検査に加えて血液検査も4回くらい行われます。ここでは超音波検査や尿検査について...

  • 清水克彦の「頭のいい子が育つママとパパの習慣」~第29回 学びのタネは外にある

    ←第28回 オリンピックで子どもは伸ばせる まず親が外に出よう  初夏を迎え、この連載を目にされている皆さんや皆さんのお子さんで、この春から新たな部署や新たな学校に身を置くことになった方々も、それぞれの環境に慣れてきた頃かと思います。  ...

  • 卒乳・断乳しないとどうなる?卒乳は赤ちゃんの自立の一歩

    ミルクだけに頼っていた赤ちゃんの乳離れを、断乳や卒乳といいます。離乳という呼び方もありますが、どれも意味は同じで、赤ちゃんがおっぱいも哺乳瓶も卒業すること。いつまで子どもにおっぱいをあげてもいいのか、ママも悩むところですが、もしも適当な時期に断乳しないとど...

  • 男の子女の子を伸ばす育て方は、それぞれの違いを知ることから!

    周囲に対して敏感な「女の子」、のめり込みやすい「男の子」。身長や体重、体つきだけでなく、赤ちゃんの時代から脳も違います。それぞれを伸ばし、育てていくために性差を知っておきましょう。 男の子と女の子は胎児のときから違います ママのおなかにいるとき、赤ちゃ...

  • 夜泣きがつらい?!乗り越える方法を伝授します!

    赤ちゃんを育てる毎日はとても大変ですね。普通に世話をしているだけでも疲れます。特に夜泣きのある赤ちゃんの場合、ママも泣きたくなるほどのつらさとなります。ただ耐えているだけではつらい毎日が続くことに。夜泣きのつらさを乗り越えるための方法をご紹介します。 睡...

  • いつもと違う?!妊娠中におりものの異常を感じたら

    妊娠中は体にさまざまな変化が生じることもありますが、おりものがいつもと違うと感じたら、それは受診のサイン。デリケートなことだけについ我慢しがちですが、妊娠中だからこそ、早めの処置が必要なケースもあるためです。 妊娠中のおりもの異常は気づいたら受診を! ...

おすすめ情報

  • 月齢別うんちの不思議Q&A

    こんなに人のうんちをまじまじと見つめることってなかったかも・・と思うほど、赤ちゃんが生まれるとうんちを観察することが多いですよね。gooベビーのサイト内検索でも「うんち」はよ~く、検索されています。赤ちゃんのうんちの回数や匂い、色や固さなど気になることはいっぱ...

  • うんちの色でわかる赤ちゃんの病気をチェック!  (2015.11.13)

    赤ちゃんのうんち、いつもと違って色がヘン!?と思ったことはありませんか? 実はうんちは、赤ちゃんの健康状態を知らせるバロメーターなのです。うんちの色からわかる病気のサインを知っておきましょう。 血液が混ざる「赤い」うんち 赤いうんちは血液が混ざ...

  • うんちのトリビアうんちのうんちく話

    「うんち」って知れば知るほど奧が深いですね。考えてみれば、人類が誕生したときから世界のあちこちで毎日繰り返されてきたのです……。突然ですが、うんちに関するこぼれ話でちょっと一息のコーナーです。 「うんち」「うんこ」の「うん」は、いきみ声「う~ん」のことである...

パートナー紹介




おすすめ情報



gooのお知らせ
品川シーズンテラス今春、いよいよ誕生!品川駅港南口から徒歩6分。国際ビジネス拠点のランドマーク「品川シーズンテラス」
いまgooいまgoo「いま」の話題が楽しめる「いまgoo」、おもわず話したくなる話題で、楽しむ・シェアする・盛り上がる!
一番安い自動車保険は?一番安い自動車保険は?《利用者800万人突破》最大21社に無料で一括見積もり。安くなった平均額は30,597円!
goo電子書籍特集とある家庭のペットとして暮らす魔王と、その飼い主である少年の物語。ときに隣の家の勇者におびえ――。