図解 赤ちゃんのうんちはこうして作られる

口から飲んだり食べたりしたおっぱい・ミルク・離乳食が、うんちとなっておしりから出てくるまで、赤ちゃんの体の中では、どんなことが起きているのでしょう?赤ちゃんの体の中をのぞいてみながらご説明しましょう。

赤ちゃんの口に入ったミルク・おっぱい・離乳食は、口の中で唾液と混じり、食道を通って胃に入ります。胃では、酸性の胃液が分泌されていて、食べ物と一緒に入ったばい菌を殺す役目もしています。食べ物は胃液と混じることで分解され、体内に吸収されやすいよう、さらにドロドロの液体状に変わります。
ドロドロの食べ物は次に小腸へと送り込まれます。小腸は、食べ物の栄養分を体内に吸収する長い管状の器官です。肝臓からは、うんちの色に関係している胆汁色素が流れ、すい臓からは脂肪を分解する酵素が流れてきます。長い管を通って栄養分を消化吸収された食べ物の残りかすは、今度は大腸にやってきます。大腸は水分の吸収を行うところです。液体しか飲んでいない赤ちゃんでも、形のあるうんちをするのは、大腸で水分が吸収されるからなのです。大腸を通るころには、食べ物の残りかすは、すっかり「うんち」らしい状態になっています。

ところで大人の場合、口から肛門までの消化管の長さは約10mもあるといわれています。赤ちゃんは、大人と比べて体に対する消化管の比率が大きく、小さい体の中には長い腸がぐるぐると詰まっています。赤ちゃんのおなかがポッコリ出ているのは、そのためでもあるのです。
こうして長い道のりを通って作られたうんちは、大腸の末端にある直腸にやってきます。ここはうんちの出口「肛門」のすぐ上にあります。直腸は、ある程度ふくらんでうんちをためることができます。うんちがたまると神経が脳に「たまったよ」と伝え、大人は自分の意志で肛門の括約筋を動かし、意識的に排便をすることができます。しかし赤ちゃんは、この神経の働きが未発達で、うんちがたまるたびに1日に何度でも反射でおむつの中に出してしまうのです。

うんちの秘密1「におい」★すっぱい?

うんちのにおいは腐敗臭

うんちの中には、食べ物の残りかす以外にも、食べ物と一緒に取り込んだ細菌の死骸が含まれています。これらが長く腸の中にいるうちに発酵腐敗し、うんち独特のくさいにおいを発生させます。
授乳期の赤ちゃんは口に入れるものが無菌状態に近く、消化を助けるビフィズス菌や乳酸菌など、いい働きをする菌が腸の中に多く住んでいるため、腐敗臭ではなくすっぱいにおいがします。

うんちの秘密2「色」★健康なうんちの色は黄色・緑色・茶色

緑色のうんちも心配なものではありません

うんちの色は、肝臓で作り出された胆汁色素ビリルビンの影響を受けて黄色みを帯びています。ただし食べ物の内容や、腸内の腐敗菌の状態によって茶色っぽくなります。ちなみに胆汁をためておくところが胆のうです。乳児期に多い緑色のうんちは、腸の中でうんちが空気と混ざったために酸化した色で、うんちの回数が少ないときや、おっぱいやミルクとともに空気をたくさん飲み込んだときによく見られるもので、心配なものではありません。

うんちの秘密3「形」

新生児期は水っぽく、だんだん固形になってきます

生まれてまもない時期のうんちは、水っぽくて下痢の便と区別がつきにくいというお母さんも多いでしょう。新生児期の赤ちゃんは、体の約80%が水分と言われるほど体全体が水っぽく、大腸で吸収される水分以上に腸の粘膜から分泌される水分量が多いため、うんちが固まりにくいのです。しかし、消化能力が高まり、固形の食べ物が食べられるようになってくると、だんだんうんちも固形に近づいてきます。

うんちの秘密4「回数」

個人差がありますが、新生児期は、1日に10回も

大人の場合、うんちをためられるよう直腸部がふくらんでいるのですが、赤ちゃんはこの部分が細く、そんなにためておくことができません。また意識的に排便をコントロールすることができないので、朝起きて動いたり、ミルクを飲んだり、胃や腸がちょっと刺激を受けるだけで反射的にうんちが出てしまいます。大人に比べて赤ちゃんはあまり頭を使って排便していないのです。

うんちの秘密5「時間」★(口に入った食べ物がうんちになって排出されるまで)

個人差がありますが、おおよそ1日

胃で食べ物をドロドロに分解する時間、長い小腸を通って栄養分を吸収する時間、大腸で水分を吸収する時間……、口に入った食べ物が肛門から出るまでには、長い道のりと時間を要します。個人差があり、一概に何時間とは言えませんが、早ければ半日、丸1日かかるという赤ちゃんも多いでしょう。

お気に入りに追加

コンシェルからあなたへ

新着情報

  • アクティブ妊婦、臨月間近でも旅行を満喫! 唯一の困りごとは夜やってくる◯◯の苦しみ

    「こんなにアクティブな妊婦ははじめて見た」 と言わしめた私の妊婦ライフ。 友だちからのランチや遊びの誘いにも、ホイホイでかけていた私。 足のむくみや、多少のつわりはあったものの、日常生活に大きく変化はなかったので、妊娠前と大差ないような日...

  • 逆子いろいろQ&A。直りやすい人、直りにくい人とは? 1人目が逆子だと次の子も?

    どうしたら逆子が直るか、お産はどうなるのかが気になるのはもちろんですが、意外と知らない逆子のあれこれ。直りやすい人直りにくい人、超音波への映り具合、胎動の激しさは逆子に関係する?など、ちょっと気になる疑問を集めてドクターに聞きました! Q.胎動が...

  • 大切な命

    10年前、親友が都合により中絶手術を受けました 。一緒に病院に行ってエコーの検査をみてもらいました。その時妊娠8週ぐらいです。お腹の赤ちゃんはただ豆ぐらい大きさでした。しかし、もう心臓の動きが始まっていました。 その時、診察室で親友と見ながら涙が思わ...

  • 赤ちゃんの熱、もしかして流行のはしか? おたふく? RSウイルス?

    連日ニュースで、はしか・おたふくかぜ・RSウイルスの感染拡大が伝えられています。流行中の3つの感染症、どれも発熱という共通の症状があります。それ以外の病気のサインにはどのようなものがあるのでしょうか? はしか かぜに似た症状から始まり、熱の再上昇ととも...

  • まさか自分がかかるなんて! 自覚症状もなく健診で発覚した「カンジダ膣炎」に動揺

    私が妊娠を経験したのは、2回。 初めての妊娠では、右も左もわからない状態。 2回目はというと、3年はたっているので、育児に追われる中ですっかり忘れて、これまた初心者のような状態でした。 妊娠中の不安というと、やはり何らかのトラブル。 いわゆるマタニ...

  • 妊娠初期におすすめ!必要な栄養たっぷりのレシピ9選

    ブロッコリーのポタージュ カロリー:207kcal/1人分・調理時間:20分 葉酸が多く含まれるブロッコリーのスープ。ブロッコリーにはビタミンCをはじめ、ビタミンA、B2、β-カロテン、食物繊維、カルシウム、カリウムなども豊富で栄養満点。「ブロッコリー...

  • この名前、もしかしてキラキラネーム? 名づけで迷ったら考えてほしいこと

    名前はママとパパが赤ちゃんに贈る、最初で最大のプレゼントです。ネットなどの情報に頼りすぎて、名づけの迷路にはまってしまっている妊婦さんも多いのでは? 名づけで悩んだ時、大切にしてほしいことを専門家に聞きました。 イマドキの名づけは、「音」が決め手 「い...

  • おばちゃんの優しさに涙…

    つわりもまだある時期、帰宅ラッシュ時間の地下鉄。 優先席前で立っていても皆寝たふりやゲームに熱中してスマホと睨めっこ。 誰も降りる気配も無かったけど、背後の席が空き、座席前に立っていた方も座る気配が無いので、「座ってもいいですか?」と聞いた瞬間...

おすすめ情報

  • 月齢別うんちの不思議Q&A

    こんなに人のうんちをまじまじと見つめることってなかったかも・・と思うほど、赤ちゃんが生まれるとうんちを観察することが多いですよね。gooベビーのサイト内検索でも「うんち」はよ~く、検索されています。赤ちゃんのうんちの回数や匂い、色や固さなど気になることはいっぱ...

  • うんちのトリビアうんちのうんちく話

    「うんち」って知れば知るほど奧が深いですね。考えてみれば、人類が誕生したときから世界のあちこちで毎日繰り返されてきたのです……。突然ですが、うんちに関するこぼれ話でちょっと一息のコーナーです。 「うんち」「うんこ」の「うん」は、いきみ声「う~ん」のことである...

  • 赤ちゃんのうんちQ&A

    こんなに人のうんちをまじまじと見つめることってなかったかも・・と思うほど、赤ちゃんが生まれるとうんちを観察することが多いですよね。 gooベビーのサイト内検索でも「うんち」はよ〜く、検索されています。赤ちゃんのうんちの回数や匂い、色や固さなど気になる...

パートナー紹介




おすすめ情報



gooのお知らせ
あなたの好きなデザインテーマは1~12月までの季節感テーマのデザインや、環境活動に貢献できる緑のgooなど、好きなデザインテーマを設定しよう
gooをスタートページに設定しようタイムリーなニュースやメール、天気など、便利な情報が集約! 地震や津波など防災情報もお知らせするgooトップページを設定しよう
一番安い自動車保険は?一番安い自動車保険は?《利用者800万人突破》最大21社に無料で一括見積もり。安くなった平均額は30,597円!
goo電子書籍特集とある家庭のペットとして暮らす魔王と、その飼い主である少年の物語。ときに隣の家の勇者におびえ――。