妊娠中の食生活スケジュール ○いいパターン・×悪いパターン

妊娠中にとてもたいせつな体重管理。でも「食べずに増やさない」はNG。おなかの赤ちゃんの成長と自分の体調に合わせ、必要な栄養素をきちんととることが健康的な妊娠生活と安産につながります。

初期

つわりで食欲がなければ無理して食べなくても大丈夫です

時期
(妊娠週数)
1~2カ月
(0~7週)
3カ月
(8~11週)
4カ月
(12~15週)
赤ちゃんの
成長
1~4g
受精7日後に受精卵が子宮内膜に着床。妊娠2カ月目に入ると臓器、器官、神経細胞の発達が始まります。
約20g
胴体と手足が発達して約3頭身になり、羊水の中を自由に動き回ります。つめ、まぶたや唇、鼻、あごもでき始めます。
約100g
内臓や手足などの器官がほぼ完成し、骨や筋肉もさらに発達してきます。頭の大きさはピンポン玉ぐらいに。

○いいパターン

★葉酸たっぷりの食事
★水分補給もしっかり

つわりで食事がとれない場合でも水分だけはしっかり補給を。水分が不足すると体力が消耗し、血栓ができやすくなります。妊娠初期に葉酸(ブロッコリー、ほうれんそう、グレープフルーツ、大豆、卵など)を摂取すると胎児の先天性形態異常のリスクを減らすことができます。

×悪いパターン

★つわりでも無理して食べる
★「食べづわり」でついつい食べすぎ

つわりで食べられなくてもこの時期は赤ちゃんの成長にほとんど影響しません。無理して食べる必要はなく、「食べたいものを食べられるときに」でOK。注意したいのは食べないと気持ちが悪い食べづわりの場合。低カロリー食材を選んで体重が増えないよう気をつけて。

中期

不足しがちな鉄分やカルシウム、食物繊維などを意識してとるようにして

時期
(妊娠週数)
5カ月
(16~19週)
6カ月
(20~23週)
7カ月
(24~27週)
赤ちゃんの
成長
約250g
神経系の機能がさらに発達。性器の見分けもつくようになります。赤ちゃんの動きを胎動として感じ始めます。
約600g
まだやせっぽちですが少しずつ皮下脂肪がつき始めて、顔立ちもだいぶ赤ちゃんらしく。脳細胞は数の上ではほぼ完成
約1000g
ママの声や心臓の音が聞きとれるようになり味覚、視覚も発達。まばたきもできるように。感情が芽生え始めてきます。

○いいパターン

★食物繊維、鉄分など栄養素を意識してとるようにする
★薄味を心がける

妊娠すると体内に水分をため込み、むくみやすくなります。低塩分&薄味の食事を。また子宮が大きくなると腸が圧迫され便秘がちに。便秘、貧血などのトラブルを防ぐためにも食物繊維、鉄分はしっかり補給を。

×悪いパターン

★つわりが終わって、食欲バクハツ!
★「2人分食べなきゃ」とエネルギー過剰に

中期に入りつわりが終わると、それまで食べられなかった分をとり戻すかのように食欲がわいてくることがあります。でも食欲のままに食べているとみるみるうちに体重が増え、一気に5~5kg増ということもめずらしくありません。この時期は2~3kg増までに抑える努力を。

後期

注意点は中期と同じものの、1回の食事量を減らして小分けにするとラクなことも

時期
(妊娠週数)
8カ月
(28~31週)
9カ月
(32~35週)
10カ月
(36~39週)
赤ちゃんの
成長
約1500g
羊水は増えなくなり、クルクル動いていた赤ちゃんも位置や姿勢が定まってきます。体は丸みをおび骨格もほぼ完成。
約2000g
髪や眉毛、つめも伸びてきます。外からの刺激や音に対して、体や顔の表情で「快」「不快」を示すようになってきます。
約3000g
4頭身のふっくらとした体つきに。消化、呼吸器官、神経などの機能が完成、頭が骨盤の中に下がってきます。

○いいパターン

★鉄分、カルシウムをたっぷりとる
★小分けにして食べる

胎児の体や胎盤で鉄分が使われるので貧血が心配。貧血で出産にのぞむと出血が増えるなど思わぬトラブルを招きます。また、おなかが大きくなると胃が圧迫され、一度に食べられなくなってきます。食事やおやつは1日4~5回に分けても。

×悪いパターン

★里帰り、産休などで食事量がふえる
★最後の油断で一気に体重増

「あと少し」と気がゆるみやすいのがこの時期、一気に体重が増えると妊娠中毒症などのトラブルも心配。高カロリー食は控えて。「里帰り先で2人分食べなさいとすすめられる」「産休に入り家にいる時間が長い」など、誘惑に負けないで。

お気に入りに追加

コンシェルからあなたへ

新着情報

  • 頭痛、微熱?あなたの妊娠初期の症状は??

    もしかして妊娠しているかも?と感じるような妊娠初期の症状には、ドラマで見るようなつわりだけでなく、頭痛や微熱、倦怠感、めまいを感じる、おりものが多い、下痢や便秘しがちになるなど様々な症状が現れます。皆さんの体験談をもとに良くある症状と対策をまとめてみました...

  • 個人差は大きい、けど知りたい離乳食のステップアップの仕方

    離乳食のステップアップの速度は、個人差が大きいものです。お子さんはペースが速いタイプなのか、ゆっくり進むタイプなのかを見極め、お子さんに合った進み方でステップアップしていくことが離乳食をスムーズに進める鍵にもなります。 1回食のタイミングと調理形態 離...

  • 突然の切迫診断→寝たきり

    そろそろ産休が近付いてきたとワクワクし始めた頃突然の切迫診断。産休前に1ヶ月ほど有給をプラスし自宅安静になりました。 私の両親は亡くなっており、義母も入院中で夫と二人で頑張りました。 夫が帰宅してから家事をして私のご飯まで作ってくれる...

  • できれば我慢!妊娠中に避けたい食べ物や飲み物

    妊娠中に食べてはいけない!はっきりと定められているものはありませんが、お腹の赤ちゃんのためにもできれば避けたほうがいいというものはいくつかあります。加工食品など塩分や脂肪分、糖分の多いものには注意が必要です。 調味料に気を付けて! 調理に使用する砂糖や...

  • 清水克彦の「頭のいい子が育つママとパパの習慣」~第33回 ご先祖さまを大切に

    ←第32回 季節感や地域の行事を大切に 親子できちんとお墓参り  前回、私は、この連載の中で、お父さんやお母さんは「季節感や季節の行事を大切に」と述べました。  そうすることによって、仕事や家事に追われる日々に、ホッとできる瞬間が...

  • 9月中旬出産ママのおすすめ出産準備マストアイテム&ウエアの着せ方教えます!

    3人目ベビーを9月中旬に出産したママは、お下がりを活用しながらお気に入りを買い足して、かしこい出産準備をしていました! 退院後すぐに涼しくなるけど、室内はあたたかいこの時期。ウエアや肌着選びも参考にしてみてくださいね♪ 【9月12日生まれ】3人目Baby...

  • 食事が赤ちゃんを作る!妊娠中に積極的に食べたいもの

    妊娠中は、お母さんが食べたものがお腹の赤ちゃんの体を作るため、なるべく栄養のあるものを意識して食べることが大切です。カロリーの計算や栄養学の知識がないという人は、ヘルシーで栄養バランスの優れた食材を意識して摂るようにしましょう。 主食は未精製のものに変え...

  • 保育士しながら妊婦生活。ハードな環境だったけれど、子どもたちから元気をもらって頑張れた!

    私は、障がいを持ったお子さんや、発達に心配のあるお子さんの療育施設で働いております。 妊娠がわかったのは、昨年4月半ばでした(妊娠2ヶ月)。 新年度を迎えたばかりで、とにかくバタバタ。 私は主任保育士でしたので、日々の保育の他、毎日...

おすすめ情報

  • 選び方、食べ方でクリアしよう 妊娠中に不安な食べ物 【1】

    ふだんスーパーなどで買う食品、本当に安全なの? 妊娠すると、そんなことが気になりますね。でもしっかり選び、食べ方を工夫すれば、大丈夫。元東京都消費者センター試験研究室長・増尾清先生と、管理栄養士の上田玲子先生にアドバイスをいただきました。 魚貝 多量にとるとど...

  • 体重管理って、しなくちゃいけないの?

    皮下脂肪もある程度は必要。でも体重増加は約10kgまでに だいたいの目安ですが、赤ちゃんがおなかの中で育つために必要な体重増加は6~7kg。例えば10kgママが体重増加したら、3~4kgは皮下脂肪というわけです。でも妊娠中は皮下脂肪も必要。外部の刺激から赤ちゃ...

  • 妊娠中に食べていいもの・わるいもの

     妊娠は病気ではないので「食べてはいけないもの」はありません。でも体内ではいろいろな変化が起こっていて、妊娠前とまったく同じ食生活では妊婦特有のトラブルを招く場合もあります。おなかの赤ちゃんと妊婦さん自身の健康のため、食べるものや食べ方には注意が必要です...

パートナー紹介




おすすめ情報



gooのお知らせ
あなたの好きなデザインテーマは1~12月までの季節感テーマのデザインや、環境活動に貢献できる緑のgooなど、好きなデザインテーマを設定しよう
gooをスタートページに設定しようタイムリーなニュースやメール、天気など、便利な情報が集約! 地震や津波など防災情報もお知らせするgooトップページを設定しよう
一番安い自動車保険は?一番安い自動車保険は?《利用者800万人突破》最大21社に無料で一括見積もり。安くなった平均額は30,597円!
goo電子書籍特集とある家庭のペットとして暮らす魔王と、その飼い主である少年の物語。ときに隣の家の勇者におびえ――。