妊娠中毒症(1)(妊娠高血圧症候群)

おなかの赤ちゃんの成長が悪くなり、早産や帝王切開のリスクも高まる
●CHECK!妊娠中毒症(現在では妊娠高血圧症候群と呼ばれています)の検査●

血圧

血圧が高すぎると、血液が流れにくくなり、血管が傷みやすくなって、さまざまな障害が出てきます。上の血圧が140以上か、下の血圧が90を超えた場合を高血圧といいます。
妊娠中の高血圧が心配なのは、胎盤の血管に必要以上の圧力がかかって、赤ちゃんに十分な栄養が送れなくなり、赤ちゃんが大きくなれなくなってしまうため。ただし、緊張したりすると血圧はふだんより高くなりがちなので、1回の検査だけでは結論は出せません。

尿タンパク

尿は、腎臓が血液から必要な成分をこしとって、体にとって不要となった分を排泄したもの。ふつうはタンパク質がもれて出ることはありません。タンパクを含んだ尿が出るのは、腎臓の働きが弱っているためです。
尿検査で、タンパクが+になることは少なくありませんが、さらに++になった場合は注意が必要です。高血圧やむくみなど、ほかの症状がなくても「妊娠中毒症の疑いあり」とされ、場合によっては安静のための入院が必要になってしまいます。

むくみ

むくみのあるなしが、いちばんわかりやすいのは脂肪の少ないすねの部分です。すねを指で押したとき、へこんだまますぐ戻らない場合はむくみがある証拠です。妊娠中は体に水分がたまりやすいので、夕方になると足がむくんで靴がはけなくなるといったことも少なくありません。高血圧や尿タンパクがなく、ひと晩寝れば治る程度なら、まず心配ないでしょう。ただし、足首が見えなくなるほどのひどいむくみは妊娠中毒症の前触れかもしれません。

●症状:血圧、尿タンパク、むくみの3つがそろわなくても要注意●

妊娠中毒症は、高血圧、尿タンパク、むくみのうち、2つ以上の症状がそろうか、ひとつでもかなりひどい場合をいいます。胎盤を、体に侵入してきた敵とカン違いして白血球が攻撃することが原因などともいわれますが、はっきりとはわかっていません。肥満が発症のきっかけになることが多いのですが、よほどひどくならないと自分では気づかないので、健診でのチェックが欠かせないのです。

症状が重くなると、妊婦さんが全身性のけいれん発作を起こすこともあります。これを繰りかえすと、母体の心臓が衰弱して子宮に血液が送れなくなり、胎児は酸素不足に。母子ともにとても危険なため、帝王切開になります。ほかにも、出産前に胎盤がはがれてしまう常位胎盤早期〓離などの合併症も起こしやすいので、じゅうぶんな注意が必要です。

●治療:安静と減塩・低カロリー食で腎臓の負担を軽くする●

高血圧で、上の血圧が160を超えた場合は、血圧を下げる薬が使われます。この薬には、腎臓の血管を広げる働きもあるので、一石二鳥なのです。

タンパク尿がひどい場合は、腎臓を直接治す薬はないので、安静にする以外に治療法はありません。ひどい場合は、入院したうえで減塩・低カロリーの療養食をとりながら様子を見ます。軽い場合は、自宅で療養食をとりながら、やはり安静を心がけることになります。

妊娠中毒症は、いったんひどくなってしまうと、安静にしたところで、なかなかよくならないことが多いもの。特効薬のない病気なので、なってからあわてるよりも、やはり予防が第一です。

●予防:食べすぎと運動不足がいちばんの敵。体を動かし、ヘルシーな食事にしよう ●

妊娠中毒症予防でいちばん大切なのは、なんといっても体重管理です。とくに中期から後期にかけては、週500g以上体重が増えると妊娠中毒症の可能性大。食欲が爆発しやすい時期ですが、意識して体重をコントロールし、運動不足にならないように注意しましょう。妊娠中毒症でもないのに、無理して減塩食にすることはありませんが、加工食品、ファストフードなどは栄養価が低いわりにカロリーだけはしっかりあるので、避けたほうが無難です。

周囲の人に甘えてぐうたらしているとすぐに太ってしまいます。体調が悪くないなら、家事などはこれまでどおりに。さらに1日最低30分は歩くように。

カルシウムをたっぷりとって、血管の緊張をやわらげよう
血管の緊張の解消にはカルシウムやマグネシウムが必要。牛乳や緑黄色野菜などに含まれています。

カリウム豊富な海草類で余分な塩分を排出
塩分は控えめに。カリウム豊富な海草類をとると塩分の排出が促進されます。

家事や運動で体を動かしカロリーを消費しよう
これまでどおり家事をして体を動かしましょう。ウォーキングもグッドです。

◆先輩ママの妊娠中毒症体験◆

●もともと太らない体質でも油断したらだめ

理恵さん(29才) 理緒ちゃん(10カ月)
もともとやせぎみだったので、15kg増までOKといわれて油断し、結局18kgも増えてしまったのが敗因でした。足首がなくなるほどパンパンにむくんでしまい、尿タンパクも+になって妊娠中毒症という診断に。「このままでは危険」と言われて必死で野菜を食べ、間食をがまんして、安産にこぎつけましたが、産後1週間むくみは消えませんでした。

●10カ月で退職したら、あれよあれよというまに体重激増

美穂さん(27才) 一樹くん(9カ月)
10カ月に入って会社を辞め、ヒマになったら、とたんに体重が激増。尿タンパク、むくみ、血圧上昇と一気に出ました。ドクターに叱られ、あわてて塩分とカロリーをできるだけ抑え、近所を歩いたりして、1週間で3kgの体重減に成功。お産は40時間かかりましたが、分娩室では2度いきんだだけでした。血圧は、1カ月健診で無事下がって、ほっとしました。

●お産中に血圧が180を超えたと聞かされ、ぞっとしました

美穂さん(29才) 駆くん(7カ月)
ずっと順調だったのに、最後の最後39週になって、血圧が142/89、尿タンパク++で、妊娠中毒症になりかかっていると言われてびっくり。入院中も頭痛や動悸に悩まされ、血圧を下げる薬をもらって乗り切りました。お産のときは血圧が180にもなっていたそうです。血圧は1カ月健診時には下がっていましたが、尿タンパクは2カ月間続きました。

お気に入りに追加

コンシェルからあなたへ

新着情報

  • レジ袋だけじゃない!赤ちゃんの泣きやませに効くこんな音

    ママの抱っこや大好きなおもちゃ、ベビーカーでお散歩など、赤ちゃんの泣きやませに効く方法はたくさんありますが、「音」というのも泣きやませキーワードのひとつ。レジ袋のガサガサ音のほかに、こんな音にも反応するかもしれません。ぜひお試しを。 新聞紙を思いきってビ...

  • 赤ちゃんの水分補給は足りてる?知っておきたい3つのコツ

    赤ちゃんには細やかな気配りによる水分補給ケアが必要です。おしっこなどで出て行った水分を見て判断する必要があり、下痢や嘔吐がある場合にも特別な注意が必要。どのようにして判断すれば良いのかを具体的にご紹介します。 脱水に気がつくためにおしっこの量を把握 赤...

  • 真剣に考えた名前を馬鹿にされ…。子どもの名前づけでいい加減な夫と大ゲンカ

    やっと授かった赤ちゃん。 安定期に入り、気持ち的にも安定してきて、いよいよ赤ちゃんが生まれるんだといううきうきした気持ちが強くなりました。 そして性別もわかりました。 女の子です。 子どもが授かるずっと前から、私と旦那の間で気に入っている女の子の名...

  • 妊娠中も安心!ヘルシーな野菜サラダで葉酸も摂取

    コブサラダ カロリー:216kcal/1人分・調理時間:30分 葉酸は、造血作用があるため、貧血やスタミナの不足になるのを防いでくれます。アボカドは葉酸が豊富に含まれています。「コブサラダ」のレシピを見る ほうれん草のホットサラダ カロリー:168...

  • 絶対音感なんて必要ない!? 赤ちゃんと音楽とのつきあい方はどうしたらいい?

    「絶対音感」って、あったら便利そうだし、カッコイイ! わが子に身につけさせてあげたいと思うママも多いはず。でも実際は「なくてもOK」という説も……。絶対音感について専門家に伺いました。 先輩ママはどうしてる? 100人に聞きました! ■赤ちゃんに音楽を...

  • 初めて胎動を感じられる!妊娠5ヵ月のからだの変化とは?

    妊娠5ヵ月になると、お腹がだんだん大きくなって、誰が見ても妊婦さんということが分かるようになります。体調も安定して妊娠を楽しめる時期ですが、妊婦さんの体はデリケートで小さな変化がいっぱい。妊娠5ヵ月の体について、予習をしておけばよりリラックスして過ごすこと...

  • 実は妊娠を一番楽しめる時期♪妊娠5ヵ月の気持ちの変化とは?

    妊娠5ヵ月に入ると体調も安定して、妊婦であることを楽しめるようになります。赤ちゃんの胎動を始めて感じるのもこの時期。幸せな気分に包まれる反面、赤ちゃんが無事に生まれてくるかという心配も増してきます。妊娠中期をゆったりと楽しむために、赤ちゃんや自分の体のこと...

  • 個人病院にこだわり続け、しかし体重が、、、

    初めての妊娠! 実母が有名な産院で私を出産したので、自分も当たり前に個人病院で出産するものだと思ってました。 しかし当初通っていた病院は、評判は良かったし、先生もおっちゃん先生だけど4Dも毎回あるし、LDL室や個室など私は気に入っていたものの、...

おすすめ情報

  • 妊娠性糖尿病(1)

    妊娠性糖尿病 尿糖値が高くても多くは生理的なもの。でも、血糖値も高い場合は注意が必要 ●CHECK!糖尿病の検査● 糖尿病妊娠性糖尿病は、妊娠によって血糖値が高くなった状態のこと。最初は尿検査で尿中にブドウ糖が見つかることでわかります。その値が高かったり...

  • おなかの赤ちゃんに関する心配(1)

    おなかの赤ちゃんに関する心配 超音波診断でわかることにはかぎりがあるので、必要以上に心配しすぎないこともたいせつ ●赤ちゃんが小さい● 36週までは体重は増えつづけるので、まず心配ありません。赤ちゃんの大きさの目安となる検査には、子宮底長と腹囲の測定があ...

  • 感染症(2)

    B型肝炎 お産のとき、産道で赤ちゃんに感染するとトラブルの原因になることもあるので注意 ●症状:ほとんどの病院で初診のときに血液検査をします● B型肝炎は、血液や、血液をもとにつくられた薬品、母子感染などによってうつるウイルス性の病気。慢性肝炎などの原...

パートナー紹介




おすすめ情報



gooのお知らせ
あなたの好きなデザインテーマは1~12月までの季節感テーマのデザインや、環境活動に貢献できる緑のgooなど、好きなデザインテーマを設定しよう
gooをスタートページに設定しようタイムリーなニュースやメール、天気など、便利な情報が集約! 地震や津波など防災情報もお知らせするgooトップページを設定しよう
一番安い自動車保険は?一番安い自動車保険は?《利用者800万人突破》最大21社に無料で一括見積もり。安くなった平均額は30,597円!
goo電子書籍特集とある家庭のペットとして暮らす魔王と、その飼い主である少年の物語。ときに隣の家の勇者におびえ――。