妊娠中毒症(1)(妊娠高血圧症候群)

おなかの赤ちゃんの成長が悪くなり、早産や帝王切開のリスクも高まる
●CHECK!妊娠中毒症(現在では妊娠高血圧症候群と呼ばれています)の検査●

血圧

血圧が高すぎると、血液が流れにくくなり、血管が傷みやすくなって、さまざまな障害が出てきます。上の血圧が140以上か、下の血圧が90を超えた場合を高血圧といいます。
妊娠中の高血圧が心配なのは、胎盤の血管に必要以上の圧力がかかって、赤ちゃんに十分な栄養が送れなくなり、赤ちゃんが大きくなれなくなってしまうため。ただし、緊張したりすると血圧はふだんより高くなりがちなので、1回の検査だけでは結論は出せません。

尿タンパク

尿は、腎臓が血液から必要な成分をこしとって、体にとって不要となった分を排泄したもの。ふつうはタンパク質がもれて出ることはありません。タンパクを含んだ尿が出るのは、腎臓の働きが弱っているためです。
尿検査で、タンパクが+になることは少なくありませんが、さらに++になった場合は注意が必要です。高血圧やむくみなど、ほかの症状がなくても「妊娠中毒症の疑いあり」とされ、場合によっては安静のための入院が必要になってしまいます。

むくみ

むくみのあるなしが、いちばんわかりやすいのは脂肪の少ないすねの部分です。すねを指で押したとき、へこんだまますぐ戻らない場合はむくみがある証拠です。妊娠中は体に水分がたまりやすいので、夕方になると足がむくんで靴がはけなくなるといったことも少なくありません。高血圧や尿タンパクがなく、ひと晩寝れば治る程度なら、まず心配ないでしょう。ただし、足首が見えなくなるほどのひどいむくみは妊娠中毒症の前触れかもしれません。

●症状:血圧、尿タンパク、むくみの3つがそろわなくても要注意●

妊娠中毒症は、高血圧、尿タンパク、むくみのうち、2つ以上の症状がそろうか、ひとつでもかなりひどい場合をいいます。胎盤を、体に侵入してきた敵とカン違いして白血球が攻撃することが原因などともいわれますが、はっきりとはわかっていません。肥満が発症のきっかけになることが多いのですが、よほどひどくならないと自分では気づかないので、健診でのチェックが欠かせないのです。

症状が重くなると、妊婦さんが全身性のけいれん発作を起こすこともあります。これを繰りかえすと、母体の心臓が衰弱して子宮に血液が送れなくなり、胎児は酸素不足に。母子ともにとても危険なため、帝王切開になります。ほかにも、出産前に胎盤がはがれてしまう常位胎盤早期〓離などの合併症も起こしやすいので、じゅうぶんな注意が必要です。

●治療:安静と減塩・低カロリー食で腎臓の負担を軽くする●

高血圧で、上の血圧が160を超えた場合は、血圧を下げる薬が使われます。この薬には、腎臓の血管を広げる働きもあるので、一石二鳥なのです。

タンパク尿がひどい場合は、腎臓を直接治す薬はないので、安静にする以外に治療法はありません。ひどい場合は、入院したうえで減塩・低カロリーの療養食をとりながら様子を見ます。軽い場合は、自宅で療養食をとりながら、やはり安静を心がけることになります。

妊娠中毒症は、いったんひどくなってしまうと、安静にしたところで、なかなかよくならないことが多いもの。特効薬のない病気なので、なってからあわてるよりも、やはり予防が第一です。

●予防:食べすぎと運動不足がいちばんの敵。体を動かし、ヘルシーな食事にしよう ●

妊娠中毒症予防でいちばん大切なのは、なんといっても体重管理です。とくに中期から後期にかけては、週500g以上体重が増えると妊娠中毒症の可能性大。食欲が爆発しやすい時期ですが、意識して体重をコントロールし、運動不足にならないように注意しましょう。妊娠中毒症でもないのに、無理して減塩食にすることはありませんが、加工食品、ファストフードなどは栄養価が低いわりにカロリーだけはしっかりあるので、避けたほうが無難です。

周囲の人に甘えてぐうたらしているとすぐに太ってしまいます。体調が悪くないなら、家事などはこれまでどおりに。さらに1日最低30分は歩くように。

カルシウムをたっぷりとって、血管の緊張をやわらげよう
血管の緊張の解消にはカルシウムやマグネシウムが必要。牛乳や緑黄色野菜などに含まれています。

カリウム豊富な海草類で余分な塩分を排出
塩分は控えめに。カリウム豊富な海草類をとると塩分の排出が促進されます。

家事や運動で体を動かしカロリーを消費しよう
これまでどおり家事をして体を動かしましょう。ウォーキングもグッドです。

◆先輩ママの妊娠中毒症体験◆

●もともと太らない体質でも油断したらだめ

理恵さん(29才) 理緒ちゃん(10カ月)
もともとやせぎみだったので、15kg増までOKといわれて油断し、結局18kgも増えてしまったのが敗因でした。足首がなくなるほどパンパンにむくんでしまい、尿タンパクも+になって妊娠中毒症という診断に。「このままでは危険」と言われて必死で野菜を食べ、間食をがまんして、安産にこぎつけましたが、産後1週間むくみは消えませんでした。

●10カ月で退職したら、あれよあれよというまに体重激増

美穂さん(27才) 一樹くん(9カ月)
10カ月に入って会社を辞め、ヒマになったら、とたんに体重が激増。尿タンパク、むくみ、血圧上昇と一気に出ました。ドクターに叱られ、あわてて塩分とカロリーをできるだけ抑え、近所を歩いたりして、1週間で3kgの体重減に成功。お産は40時間かかりましたが、分娩室では2度いきんだだけでした。血圧は、1カ月健診で無事下がって、ほっとしました。

●お産中に血圧が180を超えたと聞かされ、ぞっとしました

美穂さん(29才) 駆くん(7カ月)
ずっと順調だったのに、最後の最後39週になって、血圧が142/89、尿タンパク++で、妊娠中毒症になりかかっていると言われてびっくり。入院中も頭痛や動悸に悩まされ、血圧を下げる薬をもらって乗り切りました。お産のときは血圧が180にもなっていたそうです。血圧は1カ月健診時には下がっていましたが、尿タンパクは2カ月間続きました。

お気に入りに追加

コンシェルからあなたへ

新着情報

  • 個人差は大きい、けど知りたい離乳食のステップアップの仕方

    離乳食のステップアップの速度は、個人差が大きいものです。お子さんはペースが速いタイプなのか、ゆっくり進むタイプなのかを見極め、お子さんに合った進み方でステップアップしていくことが離乳食をスムーズに進める鍵にもなります。 1回食のタイミングと調理形態 離...

  • 突然の切迫診断→寝たきり

    そろそろ産休が近付いてきたとワクワクし始めた頃突然の切迫診断。産休前に1ヶ月ほど有給をプラスし自宅安静になりました。 私の両親は亡くなっており、義母も入院中で夫と二人で頑張りました。 夫が帰宅してから家事をして私のご飯まで作ってくれる...

  • できれば我慢!妊娠中に避けたい食べ物や飲み物

    妊娠中に食べてはいけない!はっきりと定められているものはありませんが、お腹の赤ちゃんのためにもできれば避けたほうがいいというものはいくつかあります。加工食品など塩分や脂肪分、糖分の多いものには注意が必要です。 調味料に気を付けて! 調理に使用する砂糖や...

  • 清水克彦の「頭のいい子が育つママとパパの習慣」~第33回 ご先祖さまを大切に

    ←第32回 季節感や地域の行事を大切に 親子できちんとお墓参り  前回、私は、この連載の中で、お父さんやお母さんは「季節感や季節の行事を大切に」と述べました。  そうすることによって、仕事や家事に追われる日々に、ホッとできる瞬間が...

  • 9月中旬出産ママのおすすめ出産準備マストアイテム&ウエアの着せ方教えます!

    3人目ベビーを9月中旬に出産したママは、お下がりを活用しながらお気に入りを買い足して、かしこい出産準備をしていました! 退院後すぐに涼しくなるけど、室内はあたたかいこの時期。ウエアや肌着選びも参考にしてみてくださいね♪ 【9月12日生まれ】3人目Baby...

  • 食事が赤ちゃんを作る!妊娠中に積極的に食べたいもの

    妊娠中は、お母さんが食べたものがお腹の赤ちゃんの体を作るため、なるべく栄養のあるものを意識して食べることが大切です。カロリーの計算や栄養学の知識がないという人は、ヘルシーで栄養バランスの優れた食材を意識して摂るようにしましょう。 主食は未精製のものに変え...

  • 保育士しながら妊婦生活。ハードな環境だったけれど、子どもたちから元気をもらって頑張れた!

    私は、障がいを持ったお子さんや、発達に心配のあるお子さんの療育施設で働いております。 妊娠がわかったのは、昨年4月半ばでした(妊娠2ヶ月)。 新年度を迎えたばかりで、とにかくバタバタ。 私は主任保育士でしたので、日々の保育の他、毎日...

  • 赤ちゃんの夜泣きも楽になる?「小児はり」でママの笑顔も増える!

    赤ちゃんの夜泣きが続くとママもつらいものですよね。実はほとんどの赤ちゃんは夜泣きをします。夜泣きの原因は熱いと眠れないとかいろいろですが、言葉をしゃべることのできない赤ちゃんは泣くことで、必死に訴えてる訳ですね。昔から夜泣きをする子供をかんの虫といって、大...

おすすめ情報

  • 妊娠性糖尿病(2)

    ■妊娠性糖尿病 お菓子や果物など糖分のとりすぎに注意おやつはプレーンタイプのヨーグルトや、小魚をいったものなどがベスト。甘いものを食べた日はごはんの量を減らす工夫も。 ほどよく体を動かすこともたいせつおすすめは散歩やマタニティスイミング。ただし、消費でき...

  • 貧血(2)

    ■貧血 ビタミンCと酢で吸収率アップ果物に多いビタミンCやクエン酸、リンゴ酸などの有機酸を鉄といっしょにとると、鉄が腸の中で溶けやすくなり、吸収率がアップします。お酢にも同じ効果があります。 食後のお茶はNGお茶に含まれるタンニンが鉄と結びついて吸収しにく...

  • 妊娠性糖尿病(1)

    妊娠性糖尿病 尿糖値が高くても多くは生理的なもの。でも、血糖値も高い場合は注意が必要 ●CHECK!糖尿病の検査● 糖尿病妊娠性糖尿病は、妊娠によって血糖値が高くなった状態のこと。最初は尿検査で尿中にブドウ糖が見つかることでわかります。その値が高かったり...

パートナー紹介




おすすめ情報



gooのお知らせ
あなたの好きなデザインテーマは1~12月までの季節感テーマのデザインや、環境活動に貢献できる緑のgooなど、好きなデザインテーマを設定しよう
gooをスタートページに設定しようタイムリーなニュースやメール、天気など、便利な情報が集約! 地震や津波など防災情報もお知らせするgooトップページを設定しよう
一番安い自動車保険は?一番安い自動車保険は?《利用者800万人突破》最大21社に無料で一括見積もり。安くなった平均額は30,597円!
goo電子書籍特集とある家庭のペットとして暮らす魔王と、その飼い主である少年の物語。ときに隣の家の勇者におびえ――。