夫たちにとっての立ち会い出産

実際に妻の出産を体験したとき、夫たちはこう感じた!

事前にイメージしていたお産と、実際のお産は大違い!お産に立ち会った夫たちが、そのときどんなことを考えていたのか、ホンネの本音をこっそり聞きました。ぜひ夫と一緒に読んで参考にしてくださいね。

自分では何もできないとまどいや、違和感がある!

「オレがいなくても子どもは無事生まれたんじゃないかと思う」(Mさん・33才妻・29才男の子3カ月)

お母さんに頼りっきりで、ぼくの出番はありませんでした。
「妻のお母さんといっしょに立ち会ったのですが、妻は母親に頼りっきりで、ぼくの出番はほとんどなし。途中でコンビニにミネラルウオーターを買いに走ったのが唯一のお手伝いでした。家で待っててもよかったかも」(Dさん・30才妻・26才男の子4カ月)

「何もしてあげられないのが、すごくつらかった。」
「妻が目の前であんなに苦しんでいるのに、「がんばれ」と手を握ってあげることしかできなかった自分が情けなかった。わが子が生まれるというのに、男ってホントに無力ですね。何をしていいのか全然わかんなくて……」(Yさん・34才妻・26才女の子8カ月)

<編集部から>

いるだけで勇気が出るもの。そばにいて、見守ってあげて
立ち会ってもらった妻たちは、「夫がそばにいてくれるだけで心強かった」と口をそろえます。たとえ何もできなくても、立ち会ってくれるだけで妻は勇気が出るということだけは、夫たちにわかっていてほしいですね。

妻の苦しみを見るうちに、夫としての自覚が生まれることも多い!

「こいつはオレが守る!結婚式のときよりも強くそう思った」(Hさん・29才妻・26才男の子3カ月)

妻のがんばっている姿を見て、しっかりしなくちゃと思った。
「お産はつらそうだったけど、妻はほんとうによくがんばっていました。彼女のそんな姿を見て、「夫として、父親として、オレもがんばらなくちゃ」と心に誓ったことは、たぶん一生忘れないと思います」(Fさん・32才妻・30才女の子4カ月)

出産っていうのは、夫婦の共同作業なんだと実感!
「陣痛が一晩じゅう続いたので、つきっきりで腰をさすっていました。立ち会うことで、出産を妻1人に押しつけず、夫婦の共同作業にすることができたと思っています。もちろん、いまは育児を2人で分担しています。 出産っていうのは、夫婦の共同作業なんだと実感!」 (Wさん・34才妻・28才男の子4カ月)

<編集部から>

パートナーとしての自覚が芽生えるきっかけに……
立ち会い出産を経験したことで、「オレがしっかりしなくては!」と、パートナーとしての自覚が生まれた夫は多いようです。頼りなかった夫が、ぐーんと頼もしくパワーアップするきっかけになるといいですね。

立ち会ってみれば生命の誕生に感動する夫が大多数!

「『オレの子がいま生まれた!』と全世界に自慢したくなった」(Nさん・36才妻・24才男の子7カ月)

もう、感動!おとなになって、人前で泣いたのは初めてです
「陣痛が長引いて、ずっと立ち会ってるのは正直しんどかったけど、娘が生まれた瞬間は感動のあまり大声で泣いてしまいました。おとなになってから人前で泣いたのは初めて。あとからけっこう照れくさかったな」(Kさん・31才妻・30才女の子5カ月)

こんなに感動的なものなら、前回も立ち会えばよかった!
「前回は立ち会わなかったけど、今回はなりゆきで立ち会うことに。正直あまり乗り気じゃなかったんだけど、すっごく感動しました。こんなことなら、前回も逃げ回らずに立ち会っておけばよかった」(Mさん・34才妻・31才男の子7カ月)

<編集部から>

分娩室で感動して泣くのは、妻よりも夫が多い傾向が
お産という大仕事を終えて晴れやかな笑顔の妻とは対照的に、涙・涙の夫……、というのが、分娩室でのごく一般的な光景のようです。こんな感動って、一生のうちに何度もないもの。体験しなくてはソンかも……?

立ち会いをしなかった夫たちはこんなことを考えている!

「出産は女の仕事」という自称硬派(?)から、「立ち会いたいけど、仕事の都合で」「病院が立ち会いNG」という人まで、立ち会わなかった夫たちの気持ち、聞いてみました。

出産は女の仕事。 男の出る幕はないと思うよ
お産はやっぱり女性の仕事。男はひたすら祈って、待つ
「古いかもしれないけど、お産はやっぱり神聖な女性の仕事。その現場に足を踏み入れるのは、かなり抵抗があります。付き添いは妻の母親におまかせして、ひたすら無事を祈りつつ、自宅で待っていました」(Oさん・35才妻・29才女の子4カ月)

妻の父親と待合室でタバコを吸いながら待っていました
「病院には駆けつけたけれど、妻のお母さんやお姉さんがいろいろと世話を焼いてくれたため、オレと義父はすることがなくて、どこかで見たテレビ番組の一場面みたいに、待合室で2人でタバコを吸いながら、ボーッと待っていました」(Tさん・31才妻・27才男の子9カ月)

「かわりに産んであげられるわけじゃないから、外野で応援」(Gさん・34才妻・29才男の子6カ月)

<編集部から>

「女の仕事」と決めつけるのは ちょっと問題でしょう
出産を「女の仕事だから」と女性だけに押しつける考え方は、いまどき問題がありそう。まず、夫婦でよく話し合ったうえで、お互いの意見を尊重しながら、立ち会うかどうかを決められるといいですね。

仕事の都合や産院の方針など希望してもダメだった場合

「立ち会うつもりだったけど、病院が立ち会い不可でした」(Sさん・32才妻・29才女の子6カ月)

予定日より早かったので、ちょうど出張中で間に合わず
「予定日にはまだ2週間もあるので、安心して地方に出張していたら、急に破水してお産が始まったという知らせ。立ち会う予定だったので、あわてて新幹線に飛び乗りましたが、病院に着いたときには生まれていました」(Tさん・33才妻・27才男の子8カ月)

立ち会えないと聞いて、転院も考えたけど……
「かかっていた病院は立ち会いを認めない方針。妻が立ち会い希望だったので転院も検討しましたが、近くにいい病院がなかったことと、今の病院の主治医が女性でとてもいい先生だったので、結局転院しませんでした」(Tさん・36才妻・32才女の子5カ月)

<編集部から>

立ち会えない事情があるときはそのあとのフォローを十分に
仕事の都合で立ち会えないのは、これはもう不可抗力。1人でがんばった妻を十分ねぎらってあげましょう。また、病院が立ち会い不可の場合には転院という選択もありますが、まずはよく主治医と話し合ってみて。

「ふつう」と一見クールな答えの裏には、「2人のきずなはもともと強かったから」という自信……。

立ち会ってもらった妻たちの8割近くが大満足!夫たちの奮闘ぶり、妻はちゃ~んと評価していますよ。 妻たちの意見 夫はお産本番でどれくらい頼りになる?

妻たちの意見 夫はお産本番でどれくらい頼りになる?

< ○頼りになる!>

「呼吸法のリードをしてくれたので、落ち着いてお産にのぞめた」(Kさん・31才夫・27才男の子5カ月)

助産婦さんには頼めないことも夫になら頼みやすい「『腰をさすって』『お茶飲ませて』『汗ふいて』などなど、助産婦さんには頼めないこまごましたことも、夫になら頼みやすいから、すごく気が楽でした。陣痛の合間にぎゅっと抱きしめてもらう安心感もありました。(Eさん・26才夫・30才女の子7カ月)

「夫がすごく冷静だったので、私も取り乱さずにすみました」(Hさん・30才夫・33才女の子7カ月)

< ×頼りにならない>

助産婦さんがいてくれれば、夫なんていなくてもいい
「うちの夫は、もともとあまり気のつくタイプではないんですが、マッサージも呼吸法のリードも助産婦さんまかせで、陣痛室でもぼーっとしているだけ。はっきり言って、いなくてもよかったのでは、と思っています」(Kさん・29才夫・34才女の子3カ月)

「苦しむ私の隣で、爆睡していた夫。もうっ、信じられなーい」(Nさん・29才夫・29才男の子9カ月)

「オロオロするばかりで、ジャマでした。次は1人で産みます」(Mさん・28才夫・30才男の子4カ月)

<編集部から>

わかってくれないもどかしさも……
お産のプロの助産婦さんに比べて、立ち会いビギナーの夫がやや頼りないのは事実。何をどうすればいいのかわからないので、「腰を押して」「お茶を飲ませて」など、してほしいことをきちんと伝える努力が必要かも。

お気に入りに追加

コンシェルからあなたへ

新着情報

  • 便秘でいきみ過ぎて赤ちゃんが出ちゃうことってある?

    妊娠初期は新米ママもまだまだ分からないことがたくさんあって、不安になってしまうことも多いものです。普段から便秘に悩まされている女性は多いですが、便秘でいきんだら赤ちゃんが出ちゃいそうなんて心配するのも分かります。大丈夫、多少いきんだくらいでは赤ちゃんが出ち...

  • まさかの切迫早産からの結婚式

    私が絶賛現在体験中の出来事です。 妊娠26週まではつわりも軽く、元気そのもので仕事も妊娠前と変わらずに過ごしていました。 そんな中、26週にちょうど入った日の夜中に急にお腹の上部に腹痛が…! なんとも言えないキリキリする痛みが1時間余り続...

  • 安産につながる体の動かし方あれこれ

    安産のためには、適度に体を動かしたほうがいいとは、昔から言われています。そうはいっても、無理をすることも良くありません。 どんな運動が効果的なのか、実際に安産だったママの体験談から、安産に効いた体の動かし方をご紹介します。 安産体操や踏み台昇降、腹筋運...

  • さまざまな妊婦健診…超音波検査やGTT検査ってどんなもの?

    妊娠すると、産院で定期的に妊婦健診や検査を受けるようになります。妊婦健診は、赤ちゃんの成長や異常がないかを知るために必要なもの。毎回行う問診、内診、体重・血圧測定、尿検査、超音波検査に加えて血液検査も4回くらい行われます。ここでは超音波検査や尿検査について...

  • 清水克彦の「頭のいい子が育つママとパパの習慣」~第29回 学びのタネは外にある

    ←第28回 オリンピックで子どもは伸ばせる まず親が外に出よう  初夏を迎え、この連載を目にされている皆さんや皆さんのお子さんで、この春から新たな部署や新たな学校に身を置くことになった方々も、それぞれの環境に慣れてきた頃かと思います。  ...

  • 卒乳・断乳しないとどうなる?卒乳は赤ちゃんの自立の一歩

    ミルクだけに頼っていた赤ちゃんの乳離れを、断乳や卒乳といいます。離乳という呼び方もありますが、どれも意味は同じで、赤ちゃんがおっぱいも哺乳瓶も卒業すること。いつまで子どもにおっぱいをあげてもいいのか、ママも悩むところですが、もしも適当な時期に断乳しないとど...

  • 男の子女の子を伸ばす育て方は、それぞれの違いを知ることから!

    周囲に対して敏感な「女の子」、のめり込みやすい「男の子」。身長や体重、体つきだけでなく、赤ちゃんの時代から脳も違います。それぞれを伸ばし、育てていくために性差を知っておきましょう。 男の子と女の子は胎児のときから違います ママのおなかにいるとき、赤ちゃ...

  • 夜泣きがつらい?!乗り越える方法を伝授します!

    赤ちゃんを育てる毎日はとても大変ですね。普通に世話をしているだけでも疲れます。特に夜泣きのある赤ちゃんの場合、ママも泣きたくなるほどのつらさとなります。ただ耐えているだけではつらい毎日が続くことに。夜泣きのつらさを乗り越えるための方法をご紹介します。 睡...

おすすめ情報

  • 立ち会いをすると、その後の夫婦関係や親子関係は?

    立ち会いをすると、その後の夫婦関係や親子関係は? 立ち会い出産って、その後の夫婦の関係や親子関係にどんな影響がある?それともほとんど影響はない?立ち会いを経験した夫たちに、その実感をリサーチしてみると……。 「ふつう」がいちばん多かったけど、「もともと愛...

  • 特別座談会「ぼくたちにとっての立ち会い出産」

    立ち会い積極派と「立ち会いこわ~い」派、それぞれの立ち会いの感想は? これから出産を迎える夫の不安とは?夫たちが熱く語る、「これがぼくらの立ち会い出産だ!」 内田さん(33才・仮名)「血を見るのがこわい!子どもを愛せなくなりそう」と、立ち会い拒否だったのに、...

  • 男たちにとって、お産というのは想像もできないものだった

    お産をする妻のこと、どう見てる?立ち会い出産する、しないで夫婦の関係はどうなる?「妻を女として見られなくなる」「血が苦手だと失神するらしい」という数々のウワサは果たしてほんとうか?夫として妻に何ができるのか?先輩パパ&妻が妊娠中のパパのアンケートをもとに、立ち...

パートナー紹介




おすすめ情報



gooのお知らせ
品川シーズンテラス今春、いよいよ誕生!品川駅港南口から徒歩6分。国際ビジネス拠点のランドマーク「品川シーズンテラス」
いまgooいまgoo「いま」の話題が楽しめる「いまgoo」、おもわず話したくなる話題で、楽しむ・シェアする・盛り上がる!
一番安い自動車保険は?一番安い自動車保険は?《利用者800万人突破》最大21社に無料で一括見積もり。安くなった平均額は30,597円!
goo電子書籍特集とある家庭のペットとして暮らす魔王と、その飼い主である少年の物語。ときに隣の家の勇者におびえ――。