赤ちゃんができるまでのメカニズム

赤ちゃんがほしいと思ったら、まずは妊娠のしくみを理解しましょう。自分の体のサイクルを知ることが、赤ちゃんを迎えるための第一歩です。

体のサイクルと排卵のしくみ

女性の体はさまざまなホルモンのはたらきで、月1回の月経と排卵のサイクルを起こしています。
まず、月経の頃に脳下垂体からホルモンが出て卵巣を刺激し、卵が成熟を始めます。成熟しはじめた卵は血液中にエストロゲンというホルモンを分泌し、先に脳下垂体から出ていたホルモンをストップさせます。こうして成熟する卵は1つだけとなり、約2週間かけて排卵へ向かっていきます。
排卵後、卵巣に残った細胞は黄体という状態になり、ここから黄体ホルモンが出ます。このホルモンによって子宮の内膜は厚くなり、受精卵を迎え入れる準備を始めます。もし、排卵のあとの卵が受精しないと黄体は干からびて黄体ホルモンはストップ。必要なくなった子宮の内膜ははがれ落ちて排卵から2週間後、次の月経が始まります。

約20個の原始卵胞が成熟のために目覚める

1個の主席卵胞が他の卵胞を栄養にして成長

約2週間かけて、主席卵胞がじっくり成長

卵巣の壁を破って排卵。卵管采を目指して遊泳する

卵の抜け殻は黄体になってホルモンを分泌

基礎体温をつけてみよう

毎朝の基礎体温計測を習慣にすれば、排卵のタイミングはもちろん体温表グラフの異常からホルモン状態を読みとることもできます。

基礎体温のはかり方

基礎体温は毎朝、目が覚めたらすぐにはかるのが鉄則。布団からでる前に寝たままはかります。計測の方法は、脇ではなく体温計を舌の下で測る舌下式です。測ったら、正確な数値をすぐに体温表に点で記録し、前日の数値と線で結びます。月経、下腹痛、出血などは記号を決めて、日付の下に記録。月経が始まった日を月経周期第1日目とし、月経開始日から次の月経が始まる前の日までを1周期とします。

計測のポイント

1.毎日なるべくおなじ時間にはかる
2.目が覚めたときにすぐ、が原則。動いたら再び体を少し安静にしてから。
3.きちんとはかりたい人は水銀計で。
4.1~2日はかり忘れてもあきらめずに続けることが大事。

理想的な基礎体温

低温期
月経が始まってから約半月の期間、低温期が続きます。この間、次の排卵まで卵胞ホルモンが分泌されます。個人差があるので、だいたい何度前後が低温期という平均値はありません。排卵
基礎体温の上下がくっきりわかる人の場合は、一度体温がガクンと下がります。そこから急激に体温が上昇し高温期に移行します。この急上昇するあたりが排卵と考えられます。高温期
排卵後、黄体ホルモンが分泌されて体温が高くなります。受精がなければ約2週間で黄体ホルモンの分泌が止まり、必要のなくなった子宮内膜ははがれ落ち、月経が始まります。妊娠しなければ約2週間、体温の高い日が続きます。

妊娠のメカニズム

排卵された卵は、卵管采から卵管に入り、そのまま子宮へと進みます。途中、卵管の入り口付近で一時待機し、精子がやってくるのを待ちます。
一方の精子は、膣、子宮口を通って、自力で卵管にやってきます。その運動エネルギーは、男性の体力や精神的な影響を受けています。リラックスして、気持ちも肉体も快楽を得て射精された精子は活発で元気。妊娠しやすい状況といえるでしょう。
卵管まで上がってきた精子は、卵と出会います。卵の大きさはこのときまだ0.2mm程度。まわりに群がることのできるのは、数百万個の精子のうちたった60個程度です。
その約60個の精子のうち、1個だけが卵に突入します。先体で卵膜を破り、核だけが中に滑り込み、体部が入ると、ほかの精子が入り込めないように卵膜を閉じてしまいます。そして卵と一体となった精子の尾部がとれ、受精が完了します。
さらに、卵の核と精子の核が融合すると、細胞分裂が始まります。このあと、卵が子宮内膜に根をおろして着床、妊娠成立です。

お気に入りに追加

コンシェルからあなたへ

新着情報

  • 清水克彦の「頭のいい子が育つママとパパの習慣」~第27回 お父さん、お母さんの情報とのつき合い方が重要

    ←第26回 バラエティー番組派?ニュース番組派? 活字を読む習慣を  子どもに、思考力や判断力、表現力をつけさせるには、家庭環境も重要なカギとなります。幼少期や学童期の子どもは、お父さんやお母さんの姿勢を見ていますから、知らずしらずのうちに...

  • 詳しく知りたい!出生前診断で分かることとリスクについて

    出生前診断には何種類かの方法があり、受けることで染色体異常や先天性の病気などが分かります。妊娠9週位から18週位までの間に行いますが、いろいろなリスクがあることも事実です。診断の結果、赤ちゃんに異常が認められた場合どう受け止めるか、夫婦でよく話し合っておく...

  • 尿もれ&セックス、だれにも言えない産後の下半身のお悩み解決法

    出産が終わってほっとしたのもつかの間。産後のママは、尿もれやパパとのセックスなど、まわりに相談しにくい悩みを抱えることも多いもの。そんなお悩みを解決するヒントをご紹介します。 尿もれに効く骨盤底筋体操 産後1カ月のママの8~9割に、尿もれ体験がある...

  • 2人目の妊娠…ママの体はどうケアする?

    2人目の妊娠は、何もかも初めての経験の初産と違って慣れていることもありますが、まだ小さい赤ちゃんのお世話をしながら対処しなければいけないので結構たいへんです。ここでは、上の子の年齢によって、2人目を妊娠したママが気を付けたいことをご紹介します。 上の子の...

  • スキンシップが大事!上の子と上手にコミュニケーションをとる方法

    2人目の妊娠がわかったら、上の子のお世話が今までのようにできなくなる心配が出てきますよね。安定期に入るまでは、重いものを持つなど無理は禁物。ではどのようにコミュニケーションをとってあげると良いのでしょうか。 抱っこができない時期を乗り越えるには? 上の...

  • 切迫早産

    妊娠してからの検診は、赤ちゃんの様子が見られるので毎回楽しみでした。 今まで何にも言われなかったのに、25週の検診で先生から 「安静にしておいた方がいいですよ」 と言われ、仕事も辞め、お家でのんびりと過ごしました。 次の検...

  • どうしても気になる。。。妊娠に気づく前にしちゃったこんなこと大丈夫?

    妊娠していることに気が付かず、何の気なしに薬やお酒を飲んでしまった、ということがある方もいらっしゃると思います。薬やお酒などは妊娠初期の胎児に悪影響はないのでしょうか。やってしまいがちなケースをピックアップしますので、確認してくださいね。 妊娠に気付かず...

  • 帝王切開するしかない?逆子のままお産する方法

    臨月の定期健診で逆子と診断されたら不安なものですね。お産の方法は一概に帝王切開だけではなく、逆子の状態によっては自然分娩も可能です。担当医師がママと赤ちゃんへのリスクを考えて決定しますので、お産までの注意点などをよく伺っておきましょう。 お産の方法は安全...

おすすめ情報

  • 不妊に関する本、病院の紹介

    妊娠したいあなたに 『赤ちゃんが欲しい』 少子化と言われて久しい現代、不妊に悩み、治療の道を選ぶカップルはふえています。不妊女性へ光をあて、共感による「癒し」とわかりやすい医療情報など、妊娠したい人のための3カ月に1度の季刊誌。「赤ちゃんができにくいようだ...

  • 妊娠したいママへのアドバイス

    「そろそろ2人目が欲しいけれどなかなかできなくて…」「計画的に赤ちゃんをつくりたい」など、赤ちゃんを望むすべてのママへ、妊娠につながる環境づくりをアドバイスします。 森本先生からのメッセージ 僕は大阪に二つの大きな不妊センターを持っています。これから、妊娠...

  • 赤ちゃんのできやすい環境を作ろう

    赤ちゃんがほしいと思ったら、肝心なのが母体と男性機能両方の環境作り。でも、具体的にはどうすればいいの? さっそくみていきましょう。 妊娠しやすい体をつくろう タバコやお酒を控え、バランスの良い食生活を心がけよう 忙しくて朝食を抜いたり、ファーストフードで...

パートナー紹介




おすすめ情報



gooのお知らせ
品川シーズンテラス今春、いよいよ誕生!品川駅港南口から徒歩6分。国際ビジネス拠点のランドマーク「品川シーズンテラス」
いまgooいまgoo「いま」の話題が楽しめる「いまgoo」、おもわず話したくなる話題で、楽しむ・シェアする・盛り上がる!
一番安い自動車保険は?一番安い自動車保険は?《利用者800万人突破》最大21社に無料で一括見積もり。安くなった平均額は30,597円!
goo電子書籍特集とある家庭のペットとして暮らす魔王と、その飼い主である少年の物語。ときに隣の家の勇者におびえ――。