妊娠4カ月 この月の気持ちは? からだは?

シアーズ博士からのメッセージ

さあ、4カ月目に入りました。体調は安定しつつあり、あなたはずっと毎日を楽しめるようになることでしょう。妊娠中しかできないこともたくさんありますし、すべてを赤ちゃんといっしょに楽しむことは、そうそうできる体験ではありません。さあ、自分の変化をきちんと知り、赤ちゃんの存在を感じながら、あなたと赤ちゃんができる楽しいことを、ひとつずついっしょに探していきましょう。

妊娠4カ月 の気持ちは?

この月から、あなたのおなかは急激に目立ち始めます。赤ちゃんはどんどん成長し、あなたの体重は増加していきます。マタニティウエアが似合うようになり、気分はずっと安定していくでしょう。

楽になった

妊娠生活も11週を過ぎ、流産の危険性もほぼなくなりました。つわりやだるい感じからもなんとなく解放され、気分的にも楽になったと感じることでしょう。

周囲に報告したい!

妊娠の実感が深まるとともに「周囲にこのことを報告したい!」という欲求も強くわいてくるはずです。おなかも目立ってきましたし、周囲も「もしかして」と思い始めていることでしょう。今が、妊娠を発表するには、一番いいタイミングです。

赤ちゃんとの絆を感じる

おなかのふくらみや健診のときに聞く赤ちゃんの心音、超音波の映像、もしかしたら最初の小さな胎動が、ますます妊娠の実感を深め、赤ちゃんを身近なものに感じさせるでしょう。赤ちゃんは自分の一部なのだとリアルに感じるようになります。

揺れる心

この月に、いろいろなことをポジティブに考えられるようになったとはいえ、妊娠して、本当にうれしいと思った翌日には、ほんとにいいのかしら?と思ったり、気持ちの揺れも経験するでしょう。体形の変化にナーバスになることもあるかもしれません。確かに、最初の大変な時期は過ぎました。でも、まだあなたの先には、まだこの先6カ月もの時間が横たわっています。せっかくつわりが終わったのに、今度あなたの心を大きく占める心配は出産のことでしょう。でもこれも、妊娠が進むにつれてやわらいでいくものです。

自分に問いかける

外見が妊婦らしくなってくるに伴って、心の中にはさまざまな疑問がわいてくるはずです。「私はいいお母さんになれるのかしら?」「赤ちゃんはちゃんと生まれてくるのかしら?」「ライフスタイルや結婚生活、今までのキャリアが変わってしまっても大丈夫かしら?」。もちろん、これらの思いを感じることも、とてもノーマルなことです。なぜなら、以前よりも妊娠という事実はずっとリアルに感じられるようになってくるからです。大きな人生の転機には、必ず「なぜ」や「もしかしたら」がつきものです。

自信がついてきた

多くのお母さんは、幸せで、妊娠を楽しむ余裕があらわれます。ふくらんでくるおなかを何かの勲章のように思い、祖先からずっと続いてきた命をまたあなたも引き継ぐことに、誇りを感じることでしょう。

妊娠4カ月のおなかの赤ちゃんは?

体長は2倍、体重は4倍に

15週が終わるころには、あなたは恥骨とへその間にグレープフルーツくらいの大きさの子宮の存在を感じるようになるでしょう。

この月の間に、赤ちゃんは急激に成長します。体長は約2倍になり、重さは4倍近くにもなるのです。15週の終わりには、赤ちゃんの体長は約13cm、体重は100gを超えます(体長は頭のてっぺんからおしりの先までで、足の長さは含めません)。腕はのびて、曲げ伸ばしができるようになり、手を握ったり開いたり、親指をなめたりできるようになります。足もまた長くなります。たぶん、あなたにはまだ感じられないでしょうが、おなかの中から子宮壁をキックしているのです。超音波やX線を使えば、赤ちゃんの腕や手や足の骨格をきちんと確認することができます。赤ちゃんの肺はまだ未発達で、赤ちゃんは羊水を飲んだり吐いたりして”呼吸”をします。

赤ちゃんはまた、羊水を飲み込んだり排泄することも始めます。4カ月の終わりまでに、腸の中に「胎便(メコニウム)」と呼ばれる、うんちの始まりが集まり始めるかもしれません。赤ちゃんの外耳の凹凸は、音を集め、反応する能力をますます発達させます。小さな指の先には、1人ずつ異なる、個性的でユニークな指紋があらわれ始めます。血管は、驚くべきスピードで増殖し、赤ちゃんの薄く透明な皮膚を通してその様子が見えます。まだ脂肪はついておらず、ひょろひょろとした外見をしています。絹のようなうぶ毛で体じゅうおおわれ始めたり、短いまつげが生え始めます。

胎盤が発達します

この月までに胎盤が発達してお母さんと赤ちゃんの間に存在し、2人をしっかりと結びます。お母さんが呼吸してとり込んだ空気の中から酸素を運び、口にした食べ物から栄養を運び、作りだした免疫細胞から伝染病を防ぐ物質を運びます。お母さんと赤ちゃんとの間で血液は循環し、たくさんの管がつながっているパンケーキのようなこの器官は、あなたの血管から赤ちゃんに必要なものを選び、老廃物を転送します。また、胎盤はあなたの妊娠を順調に継続させるために必要なホルモンを作り出します。赤ちゃんのへその緒は、ちょうどその体長くらいの長さの細いコード状で、酸素や栄養素を運び、老廃物も運びます。赤ちゃんは羊水の中で自由に浮いていて、羊膜に包まれています。羊水は十分な量があり、必要ならば医者は羊水穿刺という方法で安全に羊水検査をすることもできるようになります。

【Memo】妊娠線に気をつけましょう

これから1~2カ月すると、どの女性にも妊娠線が出やすくなります。おなかや胸、太もも、おしり、おしりの上部にできる、ピンク色の線のことです。これは肌の伸縮性の繊維(コラーゲン・ファイバー)が裂けることによって起こるもので、原因は3つあります。ホルモン、急激な体重増加、そして遺伝です。妊娠ホルモンは皮膚のコラーゲンを減少させます。そのために皮膚の繊維はもろく、裂けやすくなるのです。通常のペースでのおなかや胸の急激なふくらみは、この状態の肌にとっては非常に負担が大きく、体重の増加がそれに拍車をかけてしまうのです。
肌のタイプによって、どのくらい早く、どのくらいたくさん出るかはかなり差があります。妊娠線の出現を最小限にとどめる方法としては

必要以上の体重増加を抑える。
コンスタントに運動(エクササイズ)をする。
適切な栄養をきちんと摂る。ビタミンCとプロテインを豊富に摂取し、コラーゲンを補給するように。

オイルやローションは、妊娠線を予防する効果はあまり期待できませんが、しかし肌を乾燥から防ぐという意味では効果があります。皮膚軟化剤を毎日使用することで皮膚がうるおい、やわらかくなることは、妊娠線がひどくなるのを防ぐかもしれませんし、出産後3カ月間もこのマッサージを続けることで、妊娠線がより目立ちにくくなるという効果が考えられます。

お気に入りに追加

コンシェルからあなたへ

新着情報

おすすめ情報

パートナー紹介




おすすめ情報



gooのお知らせ
あなたの好きなデザインテーマは1~12月までの季節感テーマのデザインや、環境活動に貢献できる緑のgooなど、好きなデザインテーマを設定しよう
gooをスタートページに設定しようタイムリーなニュースやメール、天気など、便利な情報が集約! 地震や津波など防災情報もお知らせするgooトップページを設定しよう
一番安い自動車保険は?一番安い自動車保険は?《利用者800万人突破》最大21社に無料で一括見積もり。安くなった平均額は30,597円!
goo電子書籍特集とある家庭のペットとして暮らす魔王と、その飼い主である少年の物語。ときに隣の家の勇者におびえ――。