産後1カ月で知っておきたいこと

体重と体形をもとに戻す

出産によって、あなたは妊娠中に増えた体重の約半分を失いました。残っている増加分のほとんどは水分であり、尿や汗が増えて、数週間のうちに体外に排出されていきます。残りは、母乳を作り出すために残っているもので、数カ月かけて減っていきます。もし、妊娠中に増えたのが適正体重であるならば、数カ月母乳育児を続ければ、自然にもとの体重に戻るでしょう。どのくらい早くもとの体形に戻るかというのは妊娠中からの体重コントロールやエクササイズにもかかっているのです。残念ながら、体重が戻っても、体形まで同じように戻ることは期待しないほうがいいでしょう。

9カ月かけて、体重を増やしてきたのです。余分な体重を落とすのにも少なくとも9カ月かかる、と思っていたほうがよいでしょう。急な減量は危険です。母乳育児をしている間は、バランスのよい栄養をきちんと摂取する必要があります。母乳育児をしている人は、通常の人に比べて500キロカロリーを余分に必要とします。だいたい毎日2000キロカロリー食べていても、自然に体重は減少していくのです。

一日1時間、エクササイズをしましょう。何も大変なものではなく、赤ちゃんをスリングに入れて、家のまわりを散歩するくらいでもいいのです。軽快なテンポでウオーキングをするのは、1時間泳ぐのと同じカロリーを消費します(約400キロカロリー)、これに、おやつのクッキーを少し減らせば(一枚のチョコレートクッキーは約100キロカロリー)毎日500キロカロリー、一週間合計で3500キロカロリーの消費になります。これは脂肪を減らすには十分なはずです。一番、体重を減らす効果があるのは母乳育児です。むやみに栄養を減らしてダイエットするのは、母子ともに、悪い影響を与えます。しっかり栄養をとり、ちゃんと母乳を出すのが一番健康的なダイエット法なのです。

母乳育児をしていて、体重が最も減りやすいのが、産後3カ月から6カ月の間です。母乳が豊富に出るようになると急激に体重が減って、あなたをびっくりさせるかもしれません。すぐに減らないからといって、イライラしないことです。

産後、ジーンズをすぐにはこうとすれば、がっかりすること間違いなしです。こぎれいに見える、ウエストがゴムのパンツやスウェットをはきましょう。カラフルできれいなシャツを着て、気分を明るくさせましょう。

「お母さん」になるには

妊娠中、あなたは何度、自分に問いかけたことでしょう「私はいいお母さんになれるのかしら?」。あなたは、赤ちゃんについてたくさんの本を読み、赤ちゃんの扱い方について、十分な知識を持っていることでしょう。しかし、親になるということは、その子の人生の一時期を形づくり、人格を育てることなのです。子どもを育てることを、こわくなる気持ちも自然でしょう。でも、おそれることはありません。お母さんと赤ちゃんの間には、お互いを理解し、通じ合うための自然な方法が、ちゃんと用意されているのです。

35年にも及ぶ経験の中で、私たちは、よりすんなりと母親業になじむことのできる人たちがいることを知りました。私たちは、そのような「子育てに成功した」母親たちの育児の秘訣を、長い間メモにとり、そしてよいスタートを切るための方法としてまとめたのです。

赤ちゃんとつながりましょう……赤ちゃんとつながる、ということは赤ちゃんのことをよく知る、ということです。赤ちゃんの要求やサインを理解し、何がよくて何が悪いか、を知ることです。赤ちゃんに対して、敏感に反応し、応えてあげているうちに、最終的に自然に親業というものができているはずです。母親としての直感力を養っていくのです。

直感を磨いていても、その習得には個人差があります。勘のいい人もいれば、時間がかかる人もいます。でも、すべてのお母さんは、ちゃんと自分の赤ちゃんに対する直感力を、生まれつき備えているものです。まずは、実践することです。赤ちゃんはどんなときに泣き、どんなときに落ち着くのか、どんな抱き方を好み、どのようなことに反応するのか、たくさんのデータを集めることです。

これらのデータを集めるために、最適なツールがあります「アタッチメント・ペアレンティング」と呼ばれる育児法で、あなたの赤ちゃんをよりよく知るために、とても有効な方法なのです。

アタッチメント・ペアレンティング

アタッチメントの方法としては、出産直後に絆づくりをする、母乳育児をする、赤ちゃんを常に身にまとうように抱く、などがあります(アタッチメントのくわしい方法はもくじでご紹介している『シアーズ博士夫妻のベビーブック』を参照してください)。「絆づくり」という言葉についてはさまざまな解釈がされていますが、これは、とてもシンプルなことなのです。つまり、赤ちゃんと寄り添い、赤ちゃんを知り、自然に赤ちゃんを理解できる母親になっていくことです。

赤ちゃんとつながるには、時間がかかります。場所も、エネルギーも必要です。ときには迷い、投げ出したくなることもあるでしょう。ひとつのやり方がうまくいかなければ、やり方を変えてみればいいのです。疲れたら、誰かの助けを借りればいいのです。心を開いて、赤ちゃんの声に耳を傾けましょう。きっと自然に、赤ちゃんとの生活を楽しめるようになるはずです。

お気に入りに追加

コンシェルからあなたへ

新着情報

  • 便秘でいきみ過ぎて赤ちゃんが出ちゃうことってある?

    妊娠初期は新米ママもまだまだ分からないことがたくさんあって、不安になってしまうことも多いものです。普段から便秘に悩まされている女性は多いですが、便秘でいきんだら赤ちゃんが出ちゃいそうなんて心配するのも分かります。大丈夫、多少いきんだくらいでは赤ちゃんが出ち...

  • まさかの切迫早産からの結婚式

    私が絶賛現在体験中の出来事です。 妊娠26週まではつわりも軽く、元気そのもので仕事も妊娠前と変わらずに過ごしていました。 そんな中、26週にちょうど入った日の夜中に急にお腹の上部に腹痛が…! なんとも言えないキリキリする痛みが1時間余り続...

  • 安産につながる体の動かし方あれこれ

    安産のためには、適度に体を動かしたほうがいいとは、昔から言われています。そうはいっても、無理をすることも良くありません。 どんな運動が効果的なのか、実際に安産だったママの体験談から、安産に効いた体の動かし方をご紹介します。 安産体操や踏み台昇降、腹筋運...

  • さまざまな妊婦健診…超音波検査やGTT検査ってどんなもの?

    妊娠すると、産院で定期的に妊婦健診や検査を受けるようになります。妊婦健診は、赤ちゃんの成長や異常がないかを知るために必要なもの。毎回行う問診、内診、体重・血圧測定、尿検査、超音波検査に加えて血液検査も4回くらい行われます。ここでは超音波検査や尿検査について...

  • 清水克彦の「頭のいい子が育つママとパパの習慣」~第29回 学びのタネは外にある

    ←第28回 オリンピックで子どもは伸ばせる まず親が外に出よう  初夏を迎え、この連載を目にされている皆さんや皆さんのお子さんで、この春から新たな部署や新たな学校に身を置くことになった方々も、それぞれの環境に慣れてきた頃かと思います。  ...

  • 卒乳・断乳しないとどうなる?卒乳は赤ちゃんの自立の一歩

    ミルクだけに頼っていた赤ちゃんの乳離れを、断乳や卒乳といいます。離乳という呼び方もありますが、どれも意味は同じで、赤ちゃんがおっぱいも哺乳瓶も卒業すること。いつまで子どもにおっぱいをあげてもいいのか、ママも悩むところですが、もしも適当な時期に断乳しないとど...

  • 男の子女の子を伸ばす育て方は、それぞれの違いを知ることから!

    周囲に対して敏感な「女の子」、のめり込みやすい「男の子」。身長や体重、体つきだけでなく、赤ちゃんの時代から脳も違います。それぞれを伸ばし、育てていくために性差を知っておきましょう。 男の子と女の子は胎児のときから違います ママのおなかにいるとき、赤ちゃ...

  • 夜泣きがつらい?!乗り越える方法を伝授します!

    赤ちゃんを育てる毎日はとても大変ですね。普通に世話をしているだけでも疲れます。特に夜泣きのある赤ちゃんの場合、ママも泣きたくなるほどのつらさとなります。ただ耐えているだけではつらい毎日が続くことに。夜泣きのつらさを乗り越えるための方法をご紹介します。 睡...

おすすめ情報

  • 産後1カ月の気持ちとからだ

    シアーズ博士からのメッセージ 出産して数週間たっても、あなたの体や心は、あなたが終えた大仕事、あなたの一生の大変化を、つい昨日のことのように思い出させてくれるでしょう。あなたがしなければいけないことは二つあります。体を回復させること、赤ちゃんのお母さんとして...

パートナー紹介




おすすめ情報



gooのお知らせ
品川シーズンテラス今春、いよいよ誕生!品川駅港南口から徒歩6分。国際ビジネス拠点のランドマーク「品川シーズンテラス」
いまgooいまgoo「いま」の話題が楽しめる「いまgoo」、おもわず話したくなる話題で、楽しむ・シェアする・盛り上がる!
一番安い自動車保険は?一番安い自動車保険は?《利用者800万人突破》最大21社に無料で一括見積もり。安くなった平均額は30,597円!
goo電子書籍特集とある家庭のペットとして暮らす魔王と、その飼い主である少年の物語。ときに隣の家の勇者におびえ――。