「満月の夜にお産が多い」って、ほんとう?

分娩室や助産院には、月の満ち欠けカレンダーがあります。「満月の夜に、お産が始まりやすい」と言われた先輩ママたちもたくさんいます。ほんとうに、お月様とお産は関係があるのでしょうか。あなたの体の中に眠っている、神秘的な力を呼び覚ましてくれるかもしれない月。今夜、いっしょに眺めてみませんか?

産科のドクターと助産師さんのふたりから、「満月の日にはお産が多くて大変」という実感を聞いてみました。はたして、ほんとうに満月だとお産は多いのでしょうか?

竹内先生のおはなし

夜間のオンコール(呼び出し)で、自転車をこいで産院に向かうとき、ふと見上げると満月…ということ、なぜか多いです

多くのお産を見てきた産婦人科医、竹内正人先生も、やはり月の満ち欠けとお産は深いつながりを持っていると考えているそうです。「今日は進行中の分娩もないから、と自宅で待機していても、当然ですが、夜中に急に呼ばれることがあります。そんなとき僕は自転車で病院まで向かいますが、なぜか満月のことが多いんですよ。どうしてこんなにたてこんでいるのかなぁと思って見上げると、満月なんですよ」と竹内先生。

「産婦人科ドクターの仲間うちでも、満月の前後はお産が多かったり、入院中の妊婦さんのおなかが張りやすかったりするという話題はときどき出ます。お産にまで至らなくても、入院する人が多かったり、張り止めの薬がたくさん必要になったり」ただし、満月のときにお産が多いことを単なる出産日の予想としてとらえないでほしい、とも竹内先生は話してくれました。

「満月だから、お産がくるかも……、とただ予想するだけでは少々もったいない。月の満ち欠けをはじめ、自然界のリズムの中に自分が存在していることを体感しながら妊娠生活を送っていると、もしかしたら満月や新月が、お産のきっかけになるんじゃないかな、と僕は思っています」

助産師加瀬さんのおはなし

月の満ち欠けカレンダーに、お産があった数をつけてみると、やっぱり満月のときに集中していることが、わかります

助産師さんの間でも、月の満ち欠けとお産は、大きく関係しているという考えが浸透しているそう。「私が勤めている産院には“月の満ち欠け”と“潮の満ち引き”が一目でわかるカレンダーがはってあり、その日のお産の数が記録してあります。それを見ると、やっぱり満月、新月の前後はお産の数も明らかに多いですね。だから、満月や新月が近くなると、なんとなく『今日はいつにも増して頑張るぞ!』と思いながら、勤務に入ります」と加瀬さん。

また、出産に限らず、女性の体内は月の満ち欠けを感じるリズムを持っているそう。「そもそも、人間の体の約80%は水分でできているので、月の満ち欠けや、潮の満ち引きといった地球の引力や、自然界のリズムの影響を受けるのは当然のことです。妊婦さんは羊水というたくさんの“水”をを体の中に持っているので、さらに影響を受けやすいのかもしれませんね」

また、こんな実感もあるそう。「自然のリズムをじょうずに受け入れている妊婦さんは、お産のときもリラックスしやすいように感じます」月の満ち欠けがお産や月経などに影響すると考えられるのは、女性ならでは。お産の一瞬ではなく、妊娠中から生活の中で月のリズムを感じることを心がけるといいようです。

竹内正人先生
葛飾赤十字産院産科部長として周産期医療、母子保健に力を注ぐ。退職後、2006年東峯ラウンジクリニック、東峯ヒューマナイズドセンターを開設。メンタルケアを重視した優しい医療がモットー。http://www.takeuchimasato.com/妊娠中のママとパパへ、応援メッセージが届く無料モバイルサイト「そのママ」メルマガもチェック!http://www.takeuchimasato.com/mlmg.html
加瀬香奈恵さん
葛飾赤十字産院分娩室係長。助産師として、日赤医療センターでの勤務をへて、5年前より現職。妊娠中のからだのバランスをととのえる食生活の指導に関しても熱心。

お気に入りに追加

コンシェルからあなたへ

新着情報

  • 赤ちゃんのあせも対策 ~春&初夏編~

    赤ちゃんをあせもから守るために 春になり気温が上昇してくると、増えるのが赤ちゃんのあせも。赤ちゃんは大人より体温が高く、汗っかき。だから、赤ちゃんにとってあせもは夏場だけの肌トラブルではないんです。 そこで、今の季節からしっかりを対策を行っておきましょ...

  • 首がすわる頃の赤ちゃんは?

    生まれたばかりの赤ちゃんは、まだ首がふらふらしていて、抱っこするのも大変で気を使いますよね。赤ちゃんの首がすわったかどうかは、成長をはかる上で最初に来る、わかりやすい大きなステップです。ここでは、首がすわる頃までの赤ちゃんについて、簡単にまとめてみました。...

  • 清水克彦の「頭のいい子が育つママとパパの習慣」~第25回 親は時代の変化に敏感になろう

    ←第24回 けんかの作法を教えよう 大学入試が大きく変わる  新年度を迎え、保育所や幼稚園、小中学校にも活気が戻ってきました。  今回は、そういう入園および入学の時期だからこそ、お父さんやお母さんに、是非とも知っておいていただきたい話をさ...

  • 赤ちゃんから幼児へ、大変だった子育ても一段落の12か月

    毎日その成長を見守ってきた赤ちゃんも、1歳の誕生日を迎えることになりました。生後12か月の赤ちゃんは、いったいどのようなことができるようになっているのでしょうか。体の動きについて詳しくまとめてみたので、ぜひ参考にしてみてください 一人で立てるようになる ...

  • 言葉や動作、11ヶ月の赤ちゃんの成長と変化を知ろう!

    ハイハイでの移動が速くなったり、食事も母乳から離乳食がメインに変化する頃が11か月の赤ちゃん。動作によっては危険なこともあるので、ますます目が離せません。月齢11ヶ月の赤ちゃんの知っておきたい成長と変化、コミュニケーションの取り方などをご紹介します。 動...

  • お姉ちゃんが教えてくれた!

    二人目の妊活中、当事あまり体調がよくなくそのせいか生理周期が乱れ、排卵日の予測がしにくく、生理が遅れるたびにフライングで検査してはだめ、遅れて生理が来るたびに毎月がっくりしてました。毎月生理予定日が来るたびに2才の娘に「お母さんのお腹に赤ちゃんいるかな?」...

  • 自己主張をするようになり、移動もお手の物になる10カ月

    ついこの前までやっとハイハイをしていたのに、気が付けば猛スピードでハイハイをしたり、伝い歩きで移動したりと著しい成長を遂げるこの時期。身体面だけでなく、情緒面も自己主張が激しくなるなど発達が進みます。そんな10カ月の赤ちゃんについて解説していきます。 伝...

  • 赤ちゃんの英語教育、本当に英語が使える子に育てたいならやりすぎないで!

    ベビーのうちから始めたい習いごととして、ママたちに大人気の英語教育。でも、やりすぎには注意なのです。子どもの発達の専門家にお話しを聞きました! 早すぎる英語教育で英語嫌いになることも!? 赤ちゃんのうちから英語教育を受けた子とそうでない子で、学校の英語...

おすすめ情報

  • 満月とお産の神秘な関係

    分娩室や助産院には、月の満ち欠けカレンダーがあります。「満月の夜に、お産が始まりやすい」と言われた先輩ママたちもたくさんいます。ほんとうに、お月様とお産は関係があるのでしょうか。あなたの体の中に眠っている、神秘的な力を呼び覚ましてくれるかもしれない月。...

  • 月の力を借りていいお産を

    いいお産のために月の力を借りる……具体的な方法や手順があるものではなさそう。でも「こんなことを妊娠中に意識して生活してみたら?」、そんなヒントをお2人から伺いました。 お日さまといっしょに起きて、生活してみる、というリズム 月のリズムは約29・5日周期。...

  • 女性の体は月と同じサイクルを内包しているのです

    助産師の加瀬さんが話してくれたとおり、私たちの体内で起こる「月経」の周期は約28日。月の満ち欠けとほぼ同じリズムを持っています。「月経もお産と同様で、満月または新月のころに起こるという人が多いんです。体の中で何かが満ちたり、排出されていく感覚は女性特有のもの」...

パートナー紹介




おすすめ情報



gooのお知らせ
品川シーズンテラス今春、いよいよ誕生!品川駅港南口から徒歩6分。国際ビジネス拠点のランドマーク「品川シーズンテラス」
いまgooいまgoo「いま」の話題が楽しめる「いまgoo」、おもわず話したくなる話題で、楽しむ・シェアする・盛り上がる!
一番安い自動車保険は?一番安い自動車保険は?《利用者800万人突破》最大21社に無料で一括見積もり。安くなった平均額は30,597円!
goo電子書籍特集とある家庭のペットとして暮らす魔王と、その飼い主である少年の物語。ときに隣の家の勇者におびえ――。