妊娠中のおりものについて知りたい!

「おりもの」は女性の体の状態を教えてくれるたいせつな分泌物。妊娠中は量がふえたり、抵抗力が落ちることで状態が変化しやすくなります。おりものの変化は、体調の変化を伝える重要なサイン! 見のがさずにチェック&治療して、妊娠中を健やかに過ごしましょう。

妊娠すると、おりものはどう変わりますか?

おりものは、バイ菌から女性の体を守ってくれるもの

おりものとは、子宮の出口(子宮頸管部)や腟から分泌される粘液。口の中が唾液でうるおっているように、腟や頸管部が乾燥しないように潤滑油としての役割を果たしています。また、体内へのバイ菌の侵入を防ぐ役割もあります。腟内には、もともとデーデルライン菌(乳酸菌の一種)などの常在菌がいて、腟内をきれいに保っています。この自浄作用は、体を守るための生理的なシステムのひとつ。女性の体では、排卵が起こり、月経が始まる年齢になると、エストロゲンなどの女性ホルモンが分泌されるようになります。それによって乳酸菌がふえ、腟の中が酸性に保たれることで、雑菌やカビなどが増殖するのを防いでいるのです。

妊娠すると、ホルモンの働きでおりものがふえます

妊娠すると、女性ホルモンである黄体ホルモンの分泌が続き、エストロゲンの作用と相まってホルモンの作用はより一層強まります。そのため、おりものの量がふえる人が多いようです。ただ、黄体ホルモンが長期間分泌されることで、腟内の酸性度が変化し、バイ菌が侵入・繁殖しやすくなることがあります。また、喫煙やストレスが同様に腟内の酸性度を弱めるという説もあり、おりものの状態は、さまざまなことから影響を受けやすいといえます。体調の変化や感染症などのトラブルサインが、おりものにあらわれることもあります。正常なおりものと、心配なおりものの違いを知っておき、「いつもと違う」と思うことがあったら、早めに受診しましょう。

子宮頚管部や膣から分泌されるおりものは、膣内を酸性に保ち、外からバイ菌が侵入・繁殖するのを防ぐ役割を果たしています。

正常なおりものはどんな状態ですか?

透明で水っぽく、ややすっぱいにおいが特徴

本来、おりものは透明か白色で、水っぽい性状。腟内が酸性のため、ややすっぱいようなにおいを感じることも。量や状態には個人差があり、量が多いこと自体は異常ではありません。ただ、妊娠中期以降でおりものシートや下着がびっしょりになるほど量が多い場合や、常に水が出ている感じがする場合などは、破水している可能性もあるので受診して確認を。灰白色や黄色、緑色などのおりものが見られた場合、感染症や細菌性腟症を起こしていることが考えられます。茶褐色の場合は、出血があった可能性も。魚の腐ったようなにおいがしたり、「ポロポロしている」「泡状」など性状に異常がある、外陰部にかゆみがある場合も感染症の可能性が高いため、受診することが必要です。

CHECK POINT

・色 透明か白っぽい色が正常、色のあるおりものは要注意

黄色や緑色のおりものが見られる場合、腟炎や頸管炎の可能性が。出血がまじったピンクや茶褐色の場合、切迫流・早産などトラブルサインの可能性もあるため、早めに受診を。

・におい 「ややすっぱいようなにおい」は○、「魚が腐ったにおい」は×

正常な腟内は酸性のため、おりものはややすっぱいにおいがします。一方、自浄作用が弱まり、カビや雑菌などが増殖すると、魚が腐ったようなにおいになります。

・状態 水っぽい状態がふつうですが、感染症特有の性状に注意

水っぽいおりものは正常ですが、常に水が出ている感じがする場合は破水の可能性も。細かい泡状のおりものはトリコモナス腟炎、白くポロポロしたおりものはカンジダ腟炎に特有の性状。

・ほかの症状 外陰部のかゆみなどがある場合も感染症の可能性が

外陰部のかゆみ、ヒリヒリした痛みがある場合は炎症を起こしている可能性が。感染症の場合、排尿痛や外陰部のただれなどの症状が起こることもありますが、なかには無症状のケースも。

監修:順天堂大学医学部 産婦人科学講座教授 竹田 省先生

出典:『Pre-mo』2008年2月号

お気に入りに追加

コンシェルからあなたへ

新着情報

  • 個人差は大きい、けど知りたい離乳食のステップアップの仕方

    離乳食のステップアップの速度は、個人差が大きいものです。お子さんはペースが速いタイプなのか、ゆっくり進むタイプなのかを見極め、お子さんに合った進み方でステップアップしていくことが離乳食をスムーズに進める鍵にもなります。 1回食のタイミングと調理形態 離...

  • 突然の切迫診断→寝たきり

    そろそろ産休が近付いてきたとワクワクし始めた頃突然の切迫診断。産休前に1ヶ月ほど有給をプラスし自宅安静になりました。 私の両親は亡くなっており、義母も入院中で夫と二人で頑張りました。 夫が帰宅してから家事をして私のご飯まで作ってくれる...

  • できれば我慢!妊娠中に避けたい食べ物や飲み物

    妊娠中に食べてはいけない!はっきりと定められているものはありませんが、お腹の赤ちゃんのためにもできれば避けたほうがいいというものはいくつかあります。加工食品など塩分や脂肪分、糖分の多いものには注意が必要です。 調味料に気を付けて! 調理に使用する砂糖や...

  • 清水克彦の「頭のいい子が育つママとパパの習慣」~第33回 ご先祖さまを大切に

    ←第32回 季節感や地域の行事を大切に 親子できちんとお墓参り  前回、私は、この連載の中で、お父さんやお母さんは「季節感や季節の行事を大切に」と述べました。  そうすることによって、仕事や家事に追われる日々に、ホッとできる瞬間が...

  • 9月中旬出産ママのおすすめ出産準備マストアイテム&ウエアの着せ方教えます!

    3人目ベビーを9月中旬に出産したママは、お下がりを活用しながらお気に入りを買い足して、かしこい出産準備をしていました! 退院後すぐに涼しくなるけど、室内はあたたかいこの時期。ウエアや肌着選びも参考にしてみてくださいね♪ 【9月12日生まれ】3人目Baby...

  • 食事が赤ちゃんを作る!妊娠中に積極的に食べたいもの

    妊娠中は、お母さんが食べたものがお腹の赤ちゃんの体を作るため、なるべく栄養のあるものを意識して食べることが大切です。カロリーの計算や栄養学の知識がないという人は、ヘルシーで栄養バランスの優れた食材を意識して摂るようにしましょう。 主食は未精製のものに変え...

  • 保育士しながら妊婦生活。ハードな環境だったけれど、子どもたちから元気をもらって頑張れた!

    私は、障がいを持ったお子さんや、発達に心配のあるお子さんの療育施設で働いております。 妊娠がわかったのは、昨年4月半ばでした(妊娠2ヶ月)。 新年度を迎えたばかりで、とにかくバタバタ。 私は主任保育士でしたので、日々の保育の他、毎日...

  • 赤ちゃんの夜泣きも楽になる?「小児はり」でママの笑顔も増える!

    赤ちゃんの夜泣きが続くとママもつらいものですよね。実はほとんどの赤ちゃんは夜泣きをします。夜泣きの原因は熱いと眠れないとかいろいろですが、言葉をしゃべることのできない赤ちゃんは泣くことで、必死に訴えてる訳ですね。昔から夜泣きをする子供をかんの虫といって、大...

おすすめ情報

  • いつもと違う?!妊娠中におりものの異常を感じたら  (2016.06.23)

    妊娠中は体にさまざまな変化が生じることもありますが、おりものがいつもと違うと感じたら、それは受診のサイン。デリケートなことだけについ我慢しがちですが、妊娠中だからこそ、早めの処置が必要なケースもあるためです。 妊娠中のおりもの異常は気づいたら受診を! ...

  • おりものの異常からわかる感染症

    おりものの異常からわかる感染症について教えてください。 感染症の予防は難しいもの早期発見・治療がたいせつ 本来は、常在菌の働きによって酸性に保たれている腟内ですが、なんらかの原因で常在菌の働きが弱まり、酸性度が弱まると、バイ菌やカビなどが繁殖し、炎症を起...

  • 要チェック!妊娠中のおりものの変化  (2016.03.07)

    膣や経管部を乾燥させず、菌やカビの繁殖から防いでくれる働きをしているのがおりものです。おりものは普段から分泌されているものですが、状態を確認することで身体が発する異常のサインを見つけられることがあります。今回は、妊娠中に注意したいおりものの変化をご紹介しま...

パートナー紹介




おすすめ情報



gooのお知らせ
あなたの好きなデザインテーマは1~12月までの季節感テーマのデザインや、環境活動に貢献できる緑のgooなど、好きなデザインテーマを設定しよう
gooをスタートページに設定しようタイムリーなニュースやメール、天気など、便利な情報が集約! 地震や津波など防災情報もお知らせするgooトップページを設定しよう
一番安い自動車保険は?一番安い自動車保険は?《利用者800万人突破》最大21社に無料で一括見積もり。安くなった平均額は30,597円!
goo電子書籍特集とある家庭のペットとして暮らす魔王と、その飼い主である少年の物語。ときに隣の家の勇者におびえ――。