妊娠中のおりものについて知りたい!

「おりもの」は女性の体の状態を教えてくれるたいせつな分泌物。妊娠中は量がふえたり、抵抗力が落ちることで状態が変化しやすくなります。おりものの変化は、体調の変化を伝える重要なサイン! 見のがさずにチェック&治療して、妊娠中を健やかに過ごしましょう。

妊娠すると、おりものはどう変わりますか?

おりものは、バイ菌から女性の体を守ってくれるもの

おりものとは、子宮の出口(子宮頸管部)や腟から分泌される粘液。口の中が唾液でうるおっているように、腟や頸管部が乾燥しないように潤滑油としての役割を果たしています。また、体内へのバイ菌の侵入を防ぐ役割もあります。腟内には、もともとデーデルライン菌(乳酸菌の一種)などの常在菌がいて、腟内をきれいに保っています。この自浄作用は、体を守るための生理的なシステムのひとつ。女性の体では、排卵が起こり、月経が始まる年齢になると、エストロゲンなどの女性ホルモンが分泌されるようになります。それによって乳酸菌がふえ、腟の中が酸性に保たれることで、雑菌やカビなどが増殖するのを防いでいるのです。

妊娠すると、ホルモンの働きでおりものがふえます

妊娠すると、女性ホルモンである黄体ホルモンの分泌が続き、エストロゲンの作用と相まってホルモンの作用はより一層強まります。そのため、おりものの量がふえる人が多いようです。ただ、黄体ホルモンが長期間分泌されることで、腟内の酸性度が変化し、バイ菌が侵入・繁殖しやすくなることがあります。また、喫煙やストレスが同様に腟内の酸性度を弱めるという説もあり、おりものの状態は、さまざまなことから影響を受けやすいといえます。体調の変化や感染症などのトラブルサインが、おりものにあらわれることもあります。正常なおりものと、心配なおりものの違いを知っておき、「いつもと違う」と思うことがあったら、早めに受診しましょう。

子宮頚管部や膣から分泌されるおりものは、膣内を酸性に保ち、外からバイ菌が侵入・繁殖するのを防ぐ役割を果たしています。

正常なおりものはどんな状態ですか?

透明で水っぽく、ややすっぱいにおいが特徴

本来、おりものは透明か白色で、水っぽい性状。腟内が酸性のため、ややすっぱいようなにおいを感じることも。量や状態には個人差があり、量が多いこと自体は異常ではありません。ただ、妊娠中期以降でおりものシートや下着がびっしょりになるほど量が多い場合や、常に水が出ている感じがする場合などは、破水している可能性もあるので受診して確認を。灰白色や黄色、緑色などのおりものが見られた場合、感染症や細菌性腟症を起こしていることが考えられます。茶褐色の場合は、出血があった可能性も。魚の腐ったようなにおいがしたり、「ポロポロしている」「泡状」など性状に異常がある、外陰部にかゆみがある場合も感染症の可能性が高いため、受診することが必要です。

CHECK POINT

・色 透明か白っぽい色が正常、色のあるおりものは要注意

黄色や緑色のおりものが見られる場合、腟炎や頸管炎の可能性が。出血がまじったピンクや茶褐色の場合、切迫流・早産などトラブルサインの可能性もあるため、早めに受診を。

・におい 「ややすっぱいようなにおい」は○、「魚が腐ったにおい」は×

正常な腟内は酸性のため、おりものはややすっぱいにおいがします。一方、自浄作用が弱まり、カビや雑菌などが増殖すると、魚が腐ったようなにおいになります。

・状態 水っぽい状態がふつうですが、感染症特有の性状に注意

水っぽいおりものは正常ですが、常に水が出ている感じがする場合は破水の可能性も。細かい泡状のおりものはトリコモナス腟炎、白くポロポロしたおりものはカンジダ腟炎に特有の性状。

・ほかの症状 外陰部のかゆみなどがある場合も感染症の可能性が

外陰部のかゆみ、ヒリヒリした痛みがある場合は炎症を起こしている可能性が。感染症の場合、排尿痛や外陰部のただれなどの症状が起こることもありますが、なかには無症状のケースも。

監修:順天堂大学医学部 産婦人科学講座教授 竹田 省先生

出典:『Pre-mo』2008年2月号

お気に入りに追加

コンシェルからあなたへ

新着情報

  • 【野菜の栄養とうまみがたっぷり。具もスープも使える 野菜スープの作り方】

    離乳食はごく薄味に仕上げるため、だしや野菜スープでうまみを補うと赤ちゃんの食欲もUP!うまみと栄養がたっぷりの野菜スープは、煮てこすだけの簡単ステップ。おすすめ野菜や便利な保存方法とあわせ、料理研究家の中村陽子先生に教えていただきます。 ■野菜スープの作...

  • 赤ちゃんのあせも対策 ~春&初夏編~

    赤ちゃんをあせもから守るために 春になり気温が上昇してくると、増えるのが赤ちゃんのあせも。赤ちゃんは大人より体温が高く、汗っかき。だから、赤ちゃんにとってあせもは夏場だけの肌トラブルではないんです。 そこで、今の季節からしっかりを対策を行っておきましょ...

  • 首がすわる頃の赤ちゃんは?

    生まれたばかりの赤ちゃんは、まだ首がふらふらしていて、抱っこするのも大変で気を使いますよね。赤ちゃんの首がすわったかどうかは、成長をはかる上で最初に来る、わかりやすい大きなステップです。ここでは、首がすわる頃までの赤ちゃんについて、簡単にまとめてみました。...

  • 清水克彦の「頭のいい子が育つママとパパの習慣」~第25回 親は時代の変化に敏感になろう

    ←第24回 けんかの作法を教えよう 大学入試が大きく変わる  新年度を迎え、保育所や幼稚園、小中学校にも活気が戻ってきました。  今回は、そういう入園および入学の時期だからこそ、お父さんやお母さんに、是非とも知っておいていただきたい話をさ...

  • 赤ちゃんから幼児へ、大変だった子育ても一段落の12か月

    毎日その成長を見守ってきた赤ちゃんも、1歳の誕生日を迎えることになりました。生後12か月の赤ちゃんは、いったいどのようなことができるようになっているのでしょうか。体の動きについて詳しくまとめてみたので、ぜひ参考にしてみてください 一人で立てるようになる ...

  • 言葉や動作、11ヶ月の赤ちゃんの成長と変化を知ろう!

    ハイハイでの移動が速くなったり、食事も母乳から離乳食がメインに変化する頃が11か月の赤ちゃん。動作によっては危険なこともあるので、ますます目が離せません。月齢11ヶ月の赤ちゃんの知っておきたい成長と変化、コミュニケーションの取り方などをご紹介します。 動...

  • お姉ちゃんが教えてくれた!

    二人目の妊活中、当事あまり体調がよくなくそのせいか生理周期が乱れ、排卵日の予測がしにくく、生理が遅れるたびにフライングで検査してはだめ、遅れて生理が来るたびに毎月がっくりしてました。毎月生理予定日が来るたびに2才の娘に「お母さんのお腹に赤ちゃんいるかな?」...

  • 自己主張をするようになり、移動もお手の物になる10カ月

    ついこの前までやっとハイハイをしていたのに、気が付けば猛スピードでハイハイをしたり、伝い歩きで移動したりと著しい成長を遂げるこの時期。身体面だけでなく、情緒面も自己主張が激しくなるなど発達が進みます。そんな10カ月の赤ちゃんについて解説していきます。 伝...

おすすめ情報

  • 妊娠中のおりものQ&A

    長いつきあいの「おりもの」ですが、意外と知らないことは多いもの。ふだん気になっているあれこれを、竹田先生に教えていただきました。 Q.おりものの量が多くて気持ちが悪いとき、腟の中まで洗ってもいいですか? A.シャワーなどのお湯でさっと流す程度が○ おりも...

  • おりものに異常を感じたらどうしたらいいですか?

    おりものに異常を感じたらどうしたらいいですか? 「いつもと違う」と感じたら、早めに受診を おりものの色やにおい、性状などがいつもと違うと感じたら、早めに受診することが必要です。特に、外陰部の強いかゆみやヒリヒリした痛みなどを伴う場合は、カビなどが原因の感...

  • おりものの異常からわかる感染症

    おりものの異常からわかる感染症について教えてください。 感染症の予防は難しいもの早期発見・治療がたいせつ 本来は、常在菌の働きによって酸性に保たれている腟内ですが、なんらかの原因で常在菌の働きが弱まり、酸性度が弱まると、バイ菌やカビなどが繁殖し、炎症を起...

パートナー紹介




おすすめ情報



gooのお知らせ
品川シーズンテラス今春、いよいよ誕生!品川駅港南口から徒歩6分。国際ビジネス拠点のランドマーク「品川シーズンテラス」
いまgooいまgoo「いま」の話題が楽しめる「いまgoo」、おもわず話したくなる話題で、楽しむ・シェアする・盛り上がる!
一番安い自動車保険は?一番安い自動車保険は?《利用者800万人突破》最大21社に無料で一括見積もり。安くなった平均額は30,597円!
goo電子書籍特集とある家庭のペットとして暮らす魔王と、その飼い主である少年の物語。ときに隣の家の勇者におびえ――。