妊娠中のおりものについて知りたい!

「おりもの」は女性の体の状態を教えてくれるたいせつな分泌物。妊娠中は量がふえたり、抵抗力が落ちることで状態が変化しやすくなります。おりものの変化は、体調の変化を伝える重要なサイン! 見のがさずにチェック&治療して、妊娠中を健やかに過ごしましょう。

妊娠すると、おりものはどう変わりますか?

おりものは、バイ菌から女性の体を守ってくれるもの

おりものとは、子宮の出口(子宮頸管部)や腟から分泌される粘液。口の中が唾液でうるおっているように、腟や頸管部が乾燥しないように潤滑油としての役割を果たしています。また、体内へのバイ菌の侵入を防ぐ役割もあります。腟内には、もともとデーデルライン菌(乳酸菌の一種)などの常在菌がいて、腟内をきれいに保っています。この自浄作用は、体を守るための生理的なシステムのひとつ。女性の体では、排卵が起こり、月経が始まる年齢になると、エストロゲンなどの女性ホルモンが分泌されるようになります。それによって乳酸菌がふえ、腟の中が酸性に保たれることで、雑菌やカビなどが増殖するのを防いでいるのです。

妊娠すると、ホルモンの働きでおりものがふえます

妊娠すると、女性ホルモンである黄体ホルモンの分泌が続き、エストロゲンの作用と相まってホルモンの作用はより一層強まります。そのため、おりものの量がふえる人が多いようです。ただ、黄体ホルモンが長期間分泌されることで、腟内の酸性度が変化し、バイ菌が侵入・繁殖しやすくなることがあります。また、喫煙やストレスが同様に腟内の酸性度を弱めるという説もあり、おりものの状態は、さまざまなことから影響を受けやすいといえます。体調の変化や感染症などのトラブルサインが、おりものにあらわれることもあります。正常なおりものと、心配なおりものの違いを知っておき、「いつもと違う」と思うことがあったら、早めに受診しましょう。

子宮頚管部や膣から分泌されるおりものは、膣内を酸性に保ち、外からバイ菌が侵入・繁殖するのを防ぐ役割を果たしています。

正常なおりものはどんな状態ですか?

透明で水っぽく、ややすっぱいにおいが特徴

本来、おりものは透明か白色で、水っぽい性状。腟内が酸性のため、ややすっぱいようなにおいを感じることも。量や状態には個人差があり、量が多いこと自体は異常ではありません。ただ、妊娠中期以降でおりものシートや下着がびっしょりになるほど量が多い場合や、常に水が出ている感じがする場合などは、破水している可能性もあるので受診して確認を。灰白色や黄色、緑色などのおりものが見られた場合、感染症や細菌性腟症を起こしていることが考えられます。茶褐色の場合は、出血があった可能性も。魚の腐ったようなにおいがしたり、「ポロポロしている」「泡状」など性状に異常がある、外陰部にかゆみがある場合も感染症の可能性が高いため、受診することが必要です。

CHECK POINT

・色 透明か白っぽい色が正常、色のあるおりものは要注意

黄色や緑色のおりものが見られる場合、腟炎や頸管炎の可能性が。出血がまじったピンクや茶褐色の場合、切迫流・早産などトラブルサインの可能性もあるため、早めに受診を。

・におい 「ややすっぱいようなにおい」は○、「魚が腐ったにおい」は×

正常な腟内は酸性のため、おりものはややすっぱいにおいがします。一方、自浄作用が弱まり、カビや雑菌などが増殖すると、魚が腐ったようなにおいになります。

・状態 水っぽい状態がふつうですが、感染症特有の性状に注意

水っぽいおりものは正常ですが、常に水が出ている感じがする場合は破水の可能性も。細かい泡状のおりものはトリコモナス腟炎、白くポロポロしたおりものはカンジダ腟炎に特有の性状。

・ほかの症状 外陰部のかゆみなどがある場合も感染症の可能性が

外陰部のかゆみ、ヒリヒリした痛みがある場合は炎症を起こしている可能性が。感染症の場合、排尿痛や外陰部のただれなどの症状が起こることもありますが、なかには無症状のケースも。

監修:順天堂大学医学部 産婦人科学講座教授 竹田 省先生

出典:『Pre-mo』2008年2月号

お気に入りに追加

コンシェルからあなたへ

新着情報

  • まさかの切迫早産からの結婚式

    私が絶賛現在体験中の出来事です。 妊娠26週まではつわりも軽く、元気そのもので仕事も妊娠前と変わらずに過ごしていました。 そんな中、26週にちょうど入った日の夜中に急にお腹の上部に腹痛が…! なんとも言えないキリキリする痛みが1時間余り続...

  • 安産につながる体の動かし方あれこれ

    安産のためには、適度に体を動かしたほうがいいとは、昔から言われています。そうはいっても、無理をすることも良くありません。 どんな運動が効果的なのか、実際に安産だったママの体験談から、安産に効いた体の動かし方をご紹介します。 安産体操や踏み台昇降、腹筋運...

  • さまざまな妊婦健診…超音波検査やGTT検査ってどんなもの?

    妊娠すると、産院で定期的に妊婦健診や検査を受けるようになります。妊婦健診は、赤ちゃんの成長や異常がないかを知るために必要なもの。毎回行う問診、内診、体重・血圧測定、尿検査、超音波検査に加えて血液検査も4回くらい行われます。ここでは超音波検査や尿検査について...

  • 清水克彦の「頭のいい子が育つママとパパの習慣」~第29回 学びのタネは外にある

    ←第28回 オリンピックで子どもは伸ばせる まず親が外に出よう  初夏を迎え、この連載を目にされている皆さんや皆さんのお子さんで、この春から新たな部署や新たな学校に身を置くことになった方々も、それぞれの環境に慣れてきた頃かと思います。  ...

  • 卒乳・断乳しないとどうなる?卒乳は赤ちゃんの自立の一歩

    ミルクだけに頼っていた赤ちゃんの乳離れを、断乳や卒乳といいます。離乳という呼び方もありますが、どれも意味は同じで、赤ちゃんがおっぱいも哺乳瓶も卒業すること。いつまで子どもにおっぱいをあげてもいいのか、ママも悩むところですが、もしも適当な時期に断乳しないとど...

  • 男の子女の子を伸ばす育て方は、それぞれの違いを知ることから!

    周囲に対して敏感な「女の子」、のめり込みやすい「男の子」。身長や体重、体つきだけでなく、赤ちゃんの時代から脳も違います。それぞれを伸ばし、育てていくために性差を知っておきましょう。 男の子と女の子は胎児のときから違います ママのおなかにいるとき、赤ちゃ...

  • 夜泣きがつらい?!乗り越える方法を伝授します!

    赤ちゃんを育てる毎日はとても大変ですね。普通に世話をしているだけでも疲れます。特に夜泣きのある赤ちゃんの場合、ママも泣きたくなるほどのつらさとなります。ただ耐えているだけではつらい毎日が続くことに。夜泣きのつらさを乗り越えるための方法をご紹介します。 睡...

  • いつもと違う?!妊娠中におりものの異常を感じたら

    妊娠中は体にさまざまな変化が生じることもありますが、おりものがいつもと違うと感じたら、それは受診のサイン。デリケートなことだけについ我慢しがちですが、妊娠中だからこそ、早めの処置が必要なケースもあるためです。 妊娠中のおりもの異常は気づいたら受診を! ...

おすすめ情報

  • 要チェック!妊娠中のおりものの変化  (2016.03.07)

    膣や経管部を乾燥させず、菌やカビの繁殖から防いでくれる働きをしているのがおりものです。おりものは普段から分泌されているものですが、状態を確認することで身体が発する異常のサインを見つけられることがあります。今回は、妊娠中に注意したいおりものの変化をご紹介しま...

  • おりものに異常を感じたらどうしたらいいですか?

    おりものに異常を感じたらどうしたらいいですか? 「いつもと違う」と感じたら、早めに受診を おりものの色やにおい、性状などがいつもと違うと感じたら、早めに受診することが必要です。特に、外陰部の強いかゆみやヒリヒリした痛みなどを伴う場合は、カビなどが原因の感...

  • 妊娠中のおりものトラブル体験記

    妊娠6カ月でカンジダ腟炎に。ポロポロした白いおりものが さおたんママ・沙織里ちゃん(8カ月)妊娠前にもカンジダ腟炎になったことがあり、妊娠中に再発しました。ポロポロとしたカテージチーズ状のおりものが出て、外陰部がかゆくなり産院へ。塗り薬と腟錠で症状はすぐ治ま...

パートナー紹介




おすすめ情報



gooのお知らせ
品川シーズンテラス今春、いよいよ誕生!品川駅港南口から徒歩6分。国際ビジネス拠点のランドマーク「品川シーズンテラス」
いまgooいまgoo「いま」の話題が楽しめる「いまgoo」、おもわず話したくなる話題で、楽しむ・シェアする・盛り上がる!
一番安い自動車保険は?一番安い自動車保険は?《利用者800万人突破》最大21社に無料で一括見積もり。安くなった平均額は30,597円!
goo電子書籍特集とある家庭のペットとして暮らす魔王と、その飼い主である少年の物語。ときに隣の家の勇者におびえ――。