あなたは何kgまで太ってだいじょうぶ?

体重管理は妊娠中の一大テーマ。でも病院によって増加の目安が異なっていたり、「妊娠前の体形は関係ないの?」「体重を守れれば絶対安産?」など、妊婦さんにとっては疑問がいっぱい。そこでドクターや先輩ママたちに調査を実施。体重管理の真実に迫ります。

太りすぎには確かにリスクが。

でも、妊婦さんの8割は安産できるので心配しすぎないでください

埼玉医科大学総合医療センター
総合周産期母子医療センター教授
竹田 省先生
順天堂大学医学部卒業。東京大学医学部産婦人科をへて、昭和60年より埼玉医科大学総合医療センター周産期母子医療センターに在職。あたたかな人柄が、妊婦さんに人気。

医師が体重増加を厳しくチェックするわけ

お産がスムーズに進むかどうかは、赤ちゃんの状態や、陣痛が効果的にきているかなど、いくつかの要素によって決まります。したがって、妊娠中に太った人は全員難産、太らなかったら必ず安産というわけではありません。だからといって「どんどん太っていい」というわけではありません。体重が増えすぎて肥満になると、お産の際、普通は300cc程度の出血量が、増えることも。帝王切開になった場合、麻酔がむずかしくなるとか、血栓症になりやすいということも起こりえます。また、糖尿病や妊娠中毒症の率もアップします。産婦人科ドクターが体重に厳しいのは、少しでもこういったリスクを避けるため。特に血栓症は妊産婦死亡率の第二位ですから。

体重増加の目安としては妊娠前のBMIが役立ちます。この数値が20~24だったら7~8kg。26・4以上の肥満の人は増加ゼロかせいぜい5kgまで。この程度に体重がおさえられれば、帝王切開などの割合が標準体重の人と同じくらいになります。と言ったものの実は、○kgにしろ、などとうるさく指導するのは日本人だけ。欧米の医師はあまり言いません。太ると難産というのは確率の問題で、帝王切開率が数%増えるという程度の話なのです。妊婦さんの8割以上は、安産するもの。心配しないで。

標準体重の出し方

標準体重(kg)=(身長)2×22

まずは、妊娠前の自分の体重が標準体重の圏内かどうか、チェックしてみましょう。身長が160cmの人なら、1.6×1.6×22=56.32kg。これが妊娠前の標準体重になります。さらに(実測体重-標準体重)÷標準体重×100で、肥満度も計算できます。肥満度が20%以上と出た人は、もともと太りすぎということ。妊娠をきっかけに、食生活を見直してみて。

BMIの出し方  

体重   kg / 身長 m×身長 m=あなたのBMI

BMIとは肥満度をあらわす数値。妊娠前の身長、体重を当てはめ、数値が20未満は「やせぎみ」、20~24未満が「普通」、24~26.4未満が「太りぎみ」、26.4以上が「肥満」です。

乳房・血液増加1.7~2.5kg
赤ちゃん3kg
胎盤・羊水1kg


計 5.7~6.5kg

※このほか、育児に使うエネルギーとして脂肪が2kgくらいつくのが標準的。この値から見ても、7~8kgの増加が目安、というのは納得できるはず。

「安産体重」には個人差が。身長と妊娠前の体重から判断します

真中医院副院長
真中千明先生
昭和61年3月杏林大学医学部卒業。 同年、自治医科大学病院産婦人科入局。 自治医科大学産婦人科学教室医局長をへて、平成8年4月より群馬県館林市に開業、現在にいたる。

妊娠前が標準体重でも、油断してはダメ

妊娠中の体重増加は、一律に「どの妊婦さんも10kgまで」というものではありません。体重増加は、その人の身長や妊娠前の体重から判断します。以前私が行った調査で、妊娠前のBMIとお産のときのBMIの差が大きい人、つまりたくさん太った人ほど帝王切開になる確率が高くなることがわかりました。また、体重が増えていない人ほど低体重児を産む率は多くなります。このことから、「帝王切開率と低体重児を産む率のどちらも低くするには、BMIをどの程度増やせばよいか」、ということを計算した結果、4・0くらい増やせばよい、ということがわかりました。具体的に、どのくらいの体重にすればよいのかを計算したのが上の式。自分のBMIを当てはめれば、簡単に計算できます。

一般的に、妊娠前に標準体重だった人のほうが「自分には関係ない」と考えて体重増加が著しくなりがちなので要注意。元々太めの人は、食べすぎの傾向があるので、食品のカロリーを確認するクセをつけて。

分娩時の安産体重

(妊娠前のBMI×0.88+6.65)×(身長m)2

例えば身長155cmの場合、妊娠前50kgなら理想体重は59.97kg、60kgなら68.76kg、70kgなら77kg。やはり7~10kg増が理想的ということになります。

体重を気にするあまりの過激なダイエットは危険。バランスよく栄養をとって

愛育病院産婦人科部長
中林正雄先生
千葉大学医学部卒業。三楽病院産婦人科部長、
東京大学医学部産婦人科科学教室講師、
東京女子医科大学総合医療センター教授などをへて、現在にいたる。

単に食べないのは危険。 栄養をよく考えて

妊娠中の太りすぎがまねくリスクについて、知識がある妊婦さんが増えたのはうれしいのですが、最近、必要以上に体重増加を気にしている妊婦さんが見受けられます。でも妊婦さんが体重をおさえすぎると、生まれてくる赤ちゃんの体重も低めになってしまいます。ここ数年、低体重児の出生率が増える傾向に。肥満の人を除き、体重は「増やしすぎてはいけない」のであって、「増やしてはいけない」わけではありません。妊娠中に過激なダイエットは、行わないでください。

妊娠中に限らず、食事はバランスよくとるのが基本。甘いもののとりすぎなどで、体重が増えすぎてしまったら、肉や野菜、低脂肪乳やヨーグルト、果物をしっかりとり、ご飯やパンなどの穀類、菓子類、油を半分に減らすのがコツ。特にミネラルや食物繊維を増やし、ビタミン類やポリフェノールなどの抗酸化食品が不足しないようにします。塩分は1日に10g以下に。1日の総カロリーの目安は、妊娠初期で30kcal×標準体重+200kcal、後期で+350kcalです。

ドクターたちの結論

1 太りすぎは難産、妊娠中毒症などの確率をアップさせる
2 やせすぎも×。低体重児を防ぐためにも、きちんと食べて。
3 塩分は太るもと。妊娠中はなるべく薄味の食事を心がけて。
4 減らすなら穀類、菓子。ミネラル、タンパク質はしっかりとる。
5 元々太りすぎの人は、全く増やさなくても赤ちゃんは十分育つ。

撮影:柴田和宣 取材・文:雨宮あかり
イラスト:オノデラエイコ

コンシェルからあなたへ

新着情報

おすすめ情報

  • 体重増加別、お産体験教えます(1)

    0~6kg台増加ママ お産の時間は総じて短かめ。体力不足を感じたママも 体重管理は妊娠中の一大テーマ。でも病院によって増加の目安が異なっていたり、「妊娠前の体形は関係ないの?」「体重を守れれば絶対安産?」など、妊婦さんにとっては疑問がいっぱい。そこでドクターや...

  • 体重増加別、お産体験教えます(2)

    7~10kg台増加ママ 安産実感派が多数。これも体重管理に励んだおかげ? 体重管理は妊娠中の一大テーマ。でも病院によって増加の目安が異なっていたり、「妊娠前の体形は関係ないの?」「体重を守れれば絶対安産?」など、妊婦さんにとっては疑問がいっぱい。そこでドクター...

パートナー紹介




gooのお知らせ
おもいやり食堂gooヘルスケア「おもいやり食堂」「牛肉ときのこの塩麹和え」。主菜は油を使わない調理法で。さっぱりとヘルシーに、旨みを引き立てる調味料でおいしく…
いまgooいまgoo「いま」の話題が楽しめる「いまgoo」、おもわず話したくなる話題で、楽しむ・シェアする・盛り上がる!
SIM入門スマホをお得に!SIMフリー端末、格安SIM情報あなたのスマホライフに使える、役立つ、得する情報をお届けします
災害用伝言サービスから節電サポートまでNTTグループ内の災害対策リンク集で、万が一のための情報を知っておこう。
パピレスgoo電子書籍キャンペーン期間中、毎月先着10万名の新規入会者様に、100円分のチケットもしくはポイントをプレゼント!