産後の体はどう回復するの?

出産直後は「産後の肥立ち」といって、妊娠中の体が急激に元に戻ろうとします。いろんな症状が見られますが、無理をせずに乗リ切ろう。

●子宮の回復

妊娠末期には胃の高さまで膨らんでいた子宮が、分娩で胎盤が外に出ると強く収縮し、おへその下5~6センチまで小さくなります。こうして収縮することで、胎盤のはがれたあとの出血を止めることができるのです。そして、数時間後には一時的に収縮する力が弱まり、産後12時間ごろにはおへその高さまでに戻ります。その後は収縮をつづけながら、約6週間かけて、妊娠前の元の大きさに戻ります。この期間を「産褥期」といいます。

おなかの上から手でふれてみると、子宮の大きさがよくわかります。5日目でおへそと恥骨のまん中あたり、10日目には恥骨の高さに子宮を感じることができます。それが、2週間もするとわかりにくくなります。膣の周りの筋なども出産で無理をしたため、傷がついていますが、これは1週間ぐらいで治ります。

●悪露って何

産後は、子宮から出産時の出血の残りや胎児の卵膜、子宮内膜のかけらなどが出てきます。これがいわゆる「悪露」。

産後3~4日目ぐらいまでは、産褥パッドの大サイズ(新生児用おむつほどの大きさ)に見合うほどの悪露が出てきます。その後、しだいに量が少なくなり、退院のころは生理ぐらか、1カ月健診のころまでにはなくなりますが、長くても2カ月目ごろまで。 色は3日目ぐらいまでは、血液が多いので赤色ですが、その後褐色、ピンクとしだいに薄くなり、10日目ぐらいには黄色のクリーム状になります。ときには血液がまざることがありますが、退院後急に悪露の量がふえたり、血液のかたまりが出たときは、診察を受けてください。できればビニール袋に入れて持参すると、何が出てきたのかわかって安心。悪露がある間は、トイレのあとはいつも清潔に。必ず消毒綿で前から後ろに向かって拭き、同じもので二度拭きはいけません。

●子宮がギュッといたむ「後陣痛」

出産後、子宮の収縮に伴い、強い痛みを感じます。これを「後陣痛」といい、2~3日間つづきます。痛みの程度は個人差がありますが、一般的に経産婦のほうが強い傾向があり、初産婦さんの中には軽い生理程度か、全く感じないという人もいます。経産婦さんは、前回の出産時にホルモンの指令を受けるレセプターが体の中にふえているので、ホルモンの指令を敏感に感じることができます。このため、経産婦さんは分娩時間も初産婦さんよりも短いのですが、子宮の戻りも早く、そのぶん痛みが強く感じるのです。さらに、母乳を飲ませているとホルモンの分泌の関係で収縮が早まるため、痛みが強まります。痛みが強いようなら、医師に相談して、子宮収縮剤を控え、鎮痛剤を処方してもらいましょう。それでもひどい場合は、湯たんぽなどでおなかを少しあたためたりするのも、効果があります。

●会陰切開の傷

分娩中に自然裂傷があったり、会陰切開したあとは、分娩直後に傷を縫い合わせます。最初の2~3日は傷そのものが痛みますが、そのあとは縫合した糸がつるために痛みがつづきます。抜かなくてもよい糸で縫合する産院もありますが、5~6日で抜糸するまでは、痛みを伴う場合が多いようです。

特に、ベッドやいすにすわるときに、傷の部分が直接当たり、痛みを感じます。そのときはドーナツ状の座布団のようなクッションにすわると、痛みが楽になります。また、傷口が痛いときにトイレヘ行くのはつらいでしょうが、膀胱炎にならないように、まめに通うようにします。

傷口そのものは退院までにはほぼついて、1カ月健診までにはきれいに治ります。退院後も痛みやひきつれがひどい場合は、産院に行って相談をしましょう。

●産後1カ月健診で異常がなければ、元の生活に戻しても

退院後すぐに家事全般をこなすのは、体力的に無理。里帰りをしたり、ご主人の協力を得たりして、できるだけ赤ちゃんの世話を中しにします。疲れたらすぐ横になるように。産後の1ヵ月健診で異常がないことがわかれば、徐々にいままでの生活に戻しましょう。

お気に入りに追加

コンシェルからあなたへ

新着情報

  • さまざまな妊婦健診…超音波検査やGTT検査ってどんなもの?

    妊娠すると、産院で定期的に妊婦健診や検査を受けるようになります。妊婦健診は、赤ちゃんの成長や異常がないかを知るために必要なもの。毎回行う問診、内診、体重・血圧測定、尿検査、超音波検査に加えて血液検査も4回くらい行われます。ここでは超音波検査や尿検査について...

  • 清水克彦の「頭のいい子が育つママとパパの習慣」~第29回 学びのタネは外にある

    ←第28回 オリンピックで子どもは伸ばせる まず親が外に出よう  初夏を迎え、この連載を目にされている皆さんや皆さんのお子さんで、この春から新たな部署や新たな学校に身を置くことになった方々も、それぞれの環境に慣れてきた頃かと思います。  ...

  • 卒乳・断乳しないとどうなる?卒乳は赤ちゃんの自立の一歩

    ミルクだけに頼っていた赤ちゃんの乳離れを、断乳や卒乳といいます。離乳という呼び方もありますが、どれも意味は同じで、赤ちゃんがおっぱいも哺乳瓶も卒業すること。いつまで子どもにおっぱいをあげてもいいのか、ママも悩むところですが、もしも適当な時期に断乳しないとど...

  • 男の子女の子を伸ばす育て方は、それぞれの違いを知ることから!

    周囲に対して敏感な「女の子」、のめり込みやすい「男の子」。身長や体重、体つきだけでなく、赤ちゃんの時代から脳も違います。それぞれを伸ばし、育てていくために性差を知っておきましょう。 男の子と女の子は胎児のときから違います ママのおなかにいるとき、赤ちゃ...

  • 夜泣きがつらい?!乗り越える方法を伝授します!

    赤ちゃんを育てる毎日はとても大変ですね。普通に世話をしているだけでも疲れます。特に夜泣きのある赤ちゃんの場合、ママも泣きたくなるほどのつらさとなります。ただ耐えているだけではつらい毎日が続くことに。夜泣きのつらさを乗り越えるための方法をご紹介します。 睡...

  • いつもと違う?!妊娠中におりものの異常を感じたら

    妊娠中は体にさまざまな変化が生じることもありますが、おりものがいつもと違うと感じたら、それは受診のサイン。デリケートなことだけについ我慢しがちですが、妊娠中だからこそ、早めの処置が必要なケースもあるためです。 妊娠中のおりもの異常は気づいたら受診を! ...

  • 初産。医師への伝え方。順調なマタニティライフが一転、突如、入院生活へ。

    初産です。妊娠中期20週の時、突如、オリモノに血が混じり、慌てて受診すると即入院になりました。 そこで学んだ事をお伝えできたらなぁと思います。 入院時、診断は膣の細菌感染と切迫早産でした。 思い返せば、13週頃に夜横になりお腹を触ると小さ...

  • しっかり受けよう!予定日前後の健診でわかることは?

    ママにとって予定日前後の生活も慌ただしいもの。お産当日にあわてなくて済むように、入院の準備もしっかりとしておきましょう。急なことにも対応できるように、母子健康手帳や健康保険証、産院の診察券などは常に持ち歩くようにするといいですね。ここでは、予定日前後の健診...

おすすめ情報

  • 骨盤が原因で、なぜこんな症状が起こるの?

    産後のトラブルと骨盤のゆがみには、どんな関係があるの? その理由を大門先生にうかがいました! 尿もれ 骨盤内の臓器を支える「骨盤底筋」がゆるむのが原因 胎児が出てくる産道の一番外側は骨盤(骨産道)で、その内側に軟産道があります。軟産道は2層になって...

  • 日ごろの習慣でゆがみを解消!

    ふだん何げなくやっている動作をほんの少し変えるだけで骨盤のゆがみは解消できる!ここではそんな方法をご紹介します。 赤ちゃんだけでなく、自分の体も大切にしてあげて 「妊娠中は、おなかの赤ちゃんのために起きたり寝たりするのにも気を使っていたけど、今は全く気に...

  • 「骨盤体操」でゆがみを解消!

    骨盤のバランスを整えたり、骨盤底筋を鍛えるためには体操が効果的。どれも簡単な体操ばかり。ぜひ試してみて!(志村先生) 簡単動作だから、気軽にトライできる! 産後の体にも負担をかけずにできる「骨盤体操」には、ふだんは意識して使うことの少ない骨盤や股関節、周囲...

パートナー紹介




おすすめ情報



gooのお知らせ
品川シーズンテラス今春、いよいよ誕生!品川駅港南口から徒歩6分。国際ビジネス拠点のランドマーク「品川シーズンテラス」
いまgooいまgoo「いま」の話題が楽しめる「いまgoo」、おもわず話したくなる話題で、楽しむ・シェアする・盛り上がる!
一番安い自動車保険は?一番安い自動車保険は?《利用者800万人突破》最大21社に無料で一括見積もり。安くなった平均額は30,597円!
goo電子書籍特集とある家庭のペットとして暮らす魔王と、その飼い主である少年の物語。ときに隣の家の勇者におびえ――。