たかが貧血とあなどらないで! おなかの赤ちゃんやお産に影響します




ウィミンズ・ウェルネス銀座クリニック
板津寿美江 先生

PART2 妊娠中の健康管理について

たかが貧血とあなどらないで! おなかの赤ちゃんやお産に影響します

 妊娠中は血液の水分量が増えるので、貧血になる妊婦さんも少なくありません。「ちょっと体を動かしただけで心臓がドキドキする」「全身がいつもだるい」「朝なかなか起きられない」「疲れやすい」などの自覚症状があったら、貧血の可能性が考えられます。

 貧血になるとおなかの赤ちゃんへの影響と出産時の出血が心配。おなかの赤ちゃんは胎盤を通しておかあさんの血液から酸素や栄養を受け取って育ちます。ですから妊娠中のおかあさんが貧血だと、おなかの赤ちゃんも貧血になったり体の発育が悪くなることがあるのです。またお産に出血はつきものですがおかあさんが貧血だと少量の出血でも血圧が下がりやすく出血量も増えてしまいがち。出産のときに多量に出血すると輸血も必要になりますし、産後の回復が遅れたり、母乳の出が悪くなることもあります。貧血というとあまり心配のない軽いトラブルのように思いがちですが、赤ちゃんや出産への影響も小さくありません。ですから妊娠初期・中期・後期の健診で血液検査を行い、貧血かどうかのチェックを行うのです。

 貧血になったのが初期であれば食事療法で対処しますが、中期になっても治らないようであれば鉄剤を処方されるのが一般的。妊娠後期や出産まぎわで貧血の場合は鉄剤(内服)の処方だけでなく、点滴が行われることもあります。



便秘は不快&ストレスのもと
 医師に薬をもらってOK


 妊娠すると多くの人が便秘がちになります。初期であればつわりで食事がきちんととれないので便の回数が減ることとホルモンの影響、後期であれば大きくなったおなかに腸管が圧迫されて腸の動きが悪くなること、排便のときに腹圧がかけにくいことなどが原因と考えられます。

 排便のリズムには、個人差があるので、毎日出なくても、それが正常の硬さの便で、本人が不快に感じなければ、便秘ではありません。反対に便通が毎日あっても、排便に時間がかかり硬かったりすれば、便秘です。要するに、便秘かどうかは、便を出す時の不快感をチェックします。

 一般的に3日間以上便通がない状態を便秘といいますが、人によっては1週間以上出ないということもあるよう。便秘がつづくと大腸にたまった便がどんどん水分をとられて硬くなり、より排泄されにくくなってしまいます。子宮のすぐ近くにある大腸に便がたまっていると赤ちゃんに影響がないか心配でしょうが、便秘そのものがおなかの赤ちゃんの健康や発育に影響を与えることはありません。でも便秘でスッキリしないのは精神衛生上よくありませんし、それがストレスになることもあるので、できるだけ早めに解消したいもの。

 規則正しい生活、バランスのとれた食事、たっぷり水分を摂る、適度な運動をするなどが便秘予防&解消の基本ですが、どうしても出ないときは薬を使ってもOK。便秘が続くとおなかが張って苦しいだけでなく、硬くなった便を出そうといきみつづけることが原因で痔になってしまうこともあります。つらいときは我慢せず、恥ずかしがらずに、かかりつけの産婦人科医に相談をして、おなかの赤ちゃんに影響のない薬を処方してもらいましょう。



たかが貧血とあなどらないで! おなかの赤ちゃんやお産に影響します

 おなかの赤ちゃんが大きくなってくるとその重みが負担になり、腰痛を感じる妊婦さんが増えてきます。腰痛がひどくなってしまったら安静にして過ごすしかありませんが、体操や姿勢の工夫で腰痛の予防&症状をやわらげることができます。医師の許可を受ければ市販の湿布薬や鎮痛剤などを使ってもかまいません。でも薬で一時的に痛みがおさまっても妊娠中はいつぶり返すかわからないことを忘れないで。

 次に腰痛になりにくい生活のポイントをいくつかあげましたので、妊娠初期から心がけておくとよいでしょう。

1. ストレッチや腰痛体操など適度な運動で腹筋・背筋を動かす
2. 体重が増えすぎないよう気をつける
3. 寝るときはやわらかい布団より、かための布団を選ぶ
4. 椅子にすわるときは足を組まず、背筋を伸ばして座る
5. 横ずわり、おしりをべったり床につけて両足を外側に曲げるおばあちゃんずわりはNG
6. 腰を冷やさないようにする。腰痛を感じたらカイロなどで温める
7. 寝ている状態から起き上がるときは、横を向いてから、両手を使って起き上がること

などです。腰痛はなってしまうとツライので、できるだけならないよう予防することが大切です。

お気に入りに追加

コンシェルからあなたへ

新着情報

  • 尿もれ&セックス、だれにも言えない産後の下半身のお悩み解決法

    出産が終わってほっとしたのもつかの間。産後のママは、尿もれやパパとのセックスなど、まわりに相談しにくい悩みを抱えることも多いもの。そんなお悩みを解決するヒントをご紹介します。 尿もれに効く骨盤底筋体操 産後1カ月のママの8~9割に、尿もれ体験がある...

  • 2人目の妊娠…ママの体はどうケアする?

    2人目の妊娠は、何もかも初めての経験の初産と違って慣れていることもありますが、まだ小さい赤ちゃんのお世話をしながら対処しなければいけないので結構たいへんです。ここでは、上の子の年齢によって、2人目を妊娠したママが気を付けたいことをご紹介します。 上の子の...

  • スキンシップが大事!上の子と上手にコミュニケーションをとる方法

    2人目の妊娠がわかったら、上の子のお世話が今までのようにできなくなる心配が出てきますよね。安定期に入るまでは、重いものを持つなど無理は禁物。ではどのようにコミュニケーションをとってあげると良いのでしょうか。 抱っこができない時期を乗り越えるには? 上の...

  • 切迫早産

    妊娠してからの検診は、赤ちゃんの様子が見られるので毎回楽しみでした。 今まで何にも言われなかったのに、25週の検診で先生から 「安静にしておいた方がいいですよ」 と言われ、仕事も辞め、お家でのんびりと過ごしました。 次の検...

  • どうしても気になる。。。妊娠に気づく前にしちゃったこんなこと大丈夫?

    妊娠していることに気が付かず、何の気なしに薬やお酒を飲んでしまった、ということがある方もいらっしゃると思います。薬やお酒などは妊娠初期の胎児に悪影響はないのでしょうか。やってしまいがちなケースをピックアップしますので、確認してくださいね。 妊娠に気付かず...

  • 帝王切開するしかない?逆子のままお産する方法

    臨月の定期健診で逆子と診断されたら不安なものですね。お産の方法は一概に帝王切開だけではなく、逆子の状態によっては自然分娩も可能です。担当医師がママと赤ちゃんへのリスクを考えて決定しますので、お産までの注意点などをよく伺っておきましょう。 お産の方法は安全...

  • 妊娠中のストレス対策に!心の健康につながる栄養レシピ

    ひじき入り豆腐ハンバーグ カロリー:357kcal/1人分・調理時間:30分 鶏ひき肉にも多く含まれるビタミンB6は、神経の働きを正常に保つために必要な酵素。また、ひじきは鉄分が豊富で貧血予防にも効果的。「ひじき入り豆腐ハンバーグ」のレシピを見る 豚...

  • マッサージで解消◎赤ちゃんの軽い便秘はこのアイテムで刺激

    赤ちゃんが時々なってしまう、軽い便秘。まだ自分では大きく体を動かすことのできない「ねんね期」では、運動不足になってしまいがちなのもその原因のひとつなんです。どこの家にもあるアイテムを使って、ママの手で刺激してあげる方法を見ていきましょう! 即効性のある刺...

おすすめ情報

パートナー紹介




おすすめ情報



gooのお知らせ
品川シーズンテラス今春、いよいよ誕生!品川駅港南口から徒歩6分。国際ビジネス拠点のランドマーク「品川シーズンテラス」
いまgooいまgoo「いま」の話題が楽しめる「いまgoo」、おもわず話したくなる話題で、楽しむ・シェアする・盛り上がる!
一番安い自動車保険は?一番安い自動車保険は?《利用者800万人突破》最大21社に無料で一括見積もり。安くなった平均額は30,597円!
goo電子書籍特集とある家庭のペットとして暮らす魔王と、その飼い主である少年の物語。ときに隣の家の勇者におびえ――。