ホルモンの影響でシミやソバカスができやすくなります






産婦人科医編 第三回
植野産婦人科医院 植野 信水 先生
『妊娠』は神秘的で、すばらしい奇跡。
妊娠できた喜びをいつも心に留めて、
ゆったりと毎日を過ごしてほしいですね。



ホルモンの影響でシミや
ソバカスができやすくなります

 つわりによる吐き気や食欲不振、おなかのはり、貧血、腰痛、頻尿、便秘、足がつる、などなど、妊娠に伴って体にはさまざまなマイナートラブルや不調が出てきます。治療や生活習慣の改善などでよくなるものもありますが、妊娠に伴う生理的現象であることも多く、妊娠中はある程度仕方のない場合も…。
シミやそばかすができやすいのも、妊娠に伴う悩みのひとつですね。ドクターへの相談には直接上がってくることは少ないものの、美白ブームの昨今、多くの妊婦さんが日焼け、シミ、ソバカス対策には気を使っているようです。

 多くの妊婦さんが経験しているように、妊娠中はシミやソバカスができやすくなります。それは妊娠に伴うホルモンの影響だと考えられています。シミ、ソバカスはメラニン色素が集まってできるもの。メラニン色素というのは、皮膚の表面(表皮)にあるメラノサイトという色素細胞が働いて生成されます。この細胞の数というのは妊娠したからといって変わらないのですが、妊娠して分泌量が増えるエストロゲン、プロデステロンというホルモンの影響によって、その活動が活発になり、メラニン色素の生成が促進されてしまうのです


 つまり、このメラノサイトという色素細胞の活動を抑えればメラニン色素の生成が抑えられる=シミ、ソバカスが予防できる、というわけ。そして、メラノサイトが活発に活動するのは紫外線があたったときなので、紫外線の予防が大事になってくるわけです。

 また妊娠中はふだんよりも肌が過敏になっています。日光に対する過敏性も増加しているので、日に当たるだけで発疹ができてしまうこともあるので、肌の健康を守るという意味でも妊娠中はしっかりと紫外線対策をするとよいでしょう。

 とくに5月から8月は紫外線が非常に強い時期です。晴れた日の紫外線の強度を見ると、真夏よりも6月、7月の今ごろが最も強いのだそうです。ですから梅雨時でも油断は禁物。雨の降っている日はともかく、あまり晴れていないと感じるときでも、真夏に外出するときと同じように紫外線対策をするとよいでしょう。また時間帯でいうと、10〜13が要注意。この時間帯をなるべく避けて外出するほうがよいでしょう。



肌が敏感になるので
  紫外線吸収剤を含まないものを

 外出時に紫外線を浴びないようにするには、物理的に日光を遮断します。つまり日傘や日よけの帽子をかぶる、日焼け止めクリームを使う、紫外線をカットするファンデーションを使うなどが一般的な方法です。ただし、先ほども言ったように妊娠中は肌が敏感になっていますので、刺激になる物質、薬物は使わないほうがベター。たとえば、日焼け止めクリームには有機化合物である紫外線吸収剤を配合したものと、ノンケミカルの紫外線散乱剤のみを使ったものとがありますが、妊娠中は紫外線吸収剤を含まないものを選ぶとよいでしょう。

 シミ、ソバカスができやすい人、日焼けしやすい人などは化粧水、乳液など基礎化粧品もホワイトニング効果のあるものを使うのもよいかもしれません。


肌が敏感になる妊娠中は
スキンケア用品選びも配慮して

 妊娠中は肌が過敏になる人が多いので、それまでと同じスキンケアをしていると、トラブルが起こることがあります。こういうときは、これまで使っていた化粧品の使用をストップして、場合によっては敏感肌用のより刺激の少ない化粧品に切り替えたほうがよいかもしれません。次に、妊婦さんのスキンケアで気をつけるべきポイントを簡単にあげておきましょう。

1・
肌にかゆみを感じたり、肌荒れがする
→これまで使っていた化粧品の使用をストップ。様子を見て、少量ずつ使って本当に化粧品が原因かどうか確認を。化粧品が合わないようであれば、より低刺激の化粧品に替えてみましょう。

2・つわりで化粧品のにおいがイヤ
→無香料の化粧品や自分で大丈夫だと思えるよりおだやかな化粧品を使いましょう。

3・シミ、ソバカスが増えた!
→サンスクリーンなどで、紫外線をカットして、増加を防ぐようにします。できてしまったシミ、ソバカスには、そのケア用の美容液などでケアを。また肌の回復を助けるためビタミンCやタンパク質を積極的に摂るよう心がけましょう。

4・肌が荒れてしまった
→妊娠中だからと手ぬきせず、化粧水と乳液の両方を使って、水分と油分をしっかり補給しましょう。肌あれがひどいときは、より保湿力の高いクリームに切り替えても。

5・ニキビや吹き出物ができてしまった
→ニキビ用のスキンケア用品を用いてみましょう。思春期にできるニキビと違って、皮脂過剰を伴わない場合もあるので、過度に脂分を取り除きすぎないで、モイスチャーバランスを維持するよう心がけましょう。



お気に入りに追加

コンシェルからあなたへ

新着情報

  • こんな時どうすれば良い?お腹が張った時の検査や対処法

    多くの妊婦さんが経験するお腹の張り。妊娠経過に特に問題がない場合でも、お腹の張りを感じることはあります。そんな時、病院ではどのような検査をするのかを知っておくと安心ですよね。また、どのような対処法があるのかについても紹介します。 お腹の張りがある場合の検...

  • 妊娠2週で妊娠兆候!

    妊娠出産経験の無い初めての妊娠中です(現在8週4日) 普段は便秘が悩み位の至って健康な人間です。生理中は1日目だけ生理痛が激しく、痛み止めを飲んでいます(かれこれ5年以上)。後はちょっと肥満気味です(笑)。 1週3日で、主人が女の子が産まれる夢...

  • 産まれて間もない赤ちゃんの睡眠って?寝かしつけ、皆どうしてるの?

    産まれて間もない赤ちゃんってよく寝ると聞いていたのに、実際に生まれてみたら全然寝ない。。。そんな悩みを持つママも多いのではないでしょうか?ここでは、そんなママに向けて赤ちゃんの睡眠の実態とママたちの体験談をまとめてみました。 産まれて間もない赤ちゃんって...

  • 散歩しながらおなかを引き締め! 毎日続けられるバギーウォーキング

    産後、ぽっこりしたままでスッキリしないおなかまわり。実はそれ、筋力の低下が影響しています。ここでは、体幹を安定させる「腹横筋」をリカバリーするバギーウォーキングをご紹介!ポイントは5つ。姿勢がよくなり歩く姿もダンゼン美しくなります! これはダメ! 疲れた...

  • 気持ち悪いだけじゃない!?つわりにも色々な種類が。。。

    つわりの症状といえば、吐き気や嘔吐が代表的ですが、そのほかにも眠くなったり頭痛になったり様々な症状が現れます。それらの症状のまとめ&体験談をお届けします。 つわりとは?? つわりとは、妊娠初期から始まる妊娠期特有の生理現象をさしています。症状も胃がムカ...

  • リラックス効果もあるレモン&ビタミンたっぷり食材で熱中症予防

    塩レモン カロリー:7kcal/1人分・調理時間:60分以上 ビタミンC、クエン酸が豊富なレモン。皮にはリモネンという精神をリラックスさせる成分が含まれています。「塩レモン」のレシピを見る 豚肉と塩レモンのマリネソテー カロリー:332kcal/1...

  • 頭痛、微熱?あなたの妊娠初期の症状は??

    もしかして妊娠しているかも?と感じるような妊娠初期の症状には、ドラマで見るようなつわりだけでなく、頭痛や微熱、倦怠感、めまいを感じる、おりものが多い、下痢や便秘しがちになるなど様々な症状が現れます。皆さんの体験談をもとに良くある症状と対策をまとめてみました...

  • 赤ちゃんのおでかけに適した時間帯は? 虫よけ対策は? 夏の外出はココに注意!

    旅行、レジャーなど夏はおでかけの予定が盛りだくさん! でも暑さや強い日ざし、紫外線や虫刺されなど、心配なこともいろいろ……。そんなママたちの不安やギモンをドクターに質問! ベビーとの快適なおでかけのために、ぜひチェックを! Q おでかけや外遊びに避けたほ...

おすすめ情報

パートナー紹介




おすすめ情報



gooのお知らせ
あなたの好きなデザインテーマは1~12月までの季節感テーマのデザインや、環境活動に貢献できる緑のgooなど、好きなデザインテーマを設定しよう
gooをスタートページに設定しようタイムリーなニュースやメール、天気など、便利な情報が集約! 地震や津波など防災情報もお知らせするgooトップページを設定しよう
一番安い自動車保険は?一番安い自動車保険は?《利用者800万人突破》最大21社に無料で一括見積もり。安くなった平均額は30,597円!
goo電子書籍特集とある家庭のペットとして暮らす魔王と、その飼い主である少年の物語。ときに隣の家の勇者におびえ――。