ホルモンの影響でシミやソバカスができやすくなります






産婦人科医編 第三回
植野産婦人科医院 植野 信水 先生
『妊娠』は神秘的で、すばらしい奇跡。
妊娠できた喜びをいつも心に留めて、
ゆったりと毎日を過ごしてほしいですね。



ホルモンの影響でシミや
ソバカスができやすくなります

 つわりによる吐き気や食欲不振、おなかのはり、貧血、腰痛、頻尿、便秘、足がつる、などなど、妊娠に伴って体にはさまざまなマイナートラブルや不調が出てきます。治療や生活習慣の改善などでよくなるものもありますが、妊娠に伴う生理的現象であることも多く、妊娠中はある程度仕方のない場合も…。
シミやそばかすができやすいのも、妊娠に伴う悩みのひとつですね。ドクターへの相談には直接上がってくることは少ないものの、美白ブームの昨今、多くの妊婦さんが日焼け、シミ、ソバカス対策には気を使っているようです。

 多くの妊婦さんが経験しているように、妊娠中はシミやソバカスができやすくなります。それは妊娠に伴うホルモンの影響だと考えられています。シミ、ソバカスはメラニン色素が集まってできるもの。メラニン色素というのは、皮膚の表面(表皮)にあるメラノサイトという色素細胞が働いて生成されます。この細胞の数というのは妊娠したからといって変わらないのですが、妊娠して分泌量が増えるエストロゲン、プロデステロンというホルモンの影響によって、その活動が活発になり、メラニン色素の生成が促進されてしまうのです


 つまり、このメラノサイトという色素細胞の活動を抑えればメラニン色素の生成が抑えられる=シミ、ソバカスが予防できる、というわけ。そして、メラノサイトが活発に活動するのは紫外線があたったときなので、紫外線の予防が大事になってくるわけです。

 また妊娠中はふだんよりも肌が過敏になっています。日光に対する過敏性も増加しているので、日に当たるだけで発疹ができてしまうこともあるので、肌の健康を守るという意味でも妊娠中はしっかりと紫外線対策をするとよいでしょう。

 とくに5月から8月は紫外線が非常に強い時期です。晴れた日の紫外線の強度を見ると、真夏よりも6月、7月の今ごろが最も強いのだそうです。ですから梅雨時でも油断は禁物。雨の降っている日はともかく、あまり晴れていないと感じるときでも、真夏に外出するときと同じように紫外線対策をするとよいでしょう。また時間帯でいうと、10〜13が要注意。この時間帯をなるべく避けて外出するほうがよいでしょう。



肌が敏感になるので
  紫外線吸収剤を含まないものを

 外出時に紫外線を浴びないようにするには、物理的に日光を遮断します。つまり日傘や日よけの帽子をかぶる、日焼け止めクリームを使う、紫外線をカットするファンデーションを使うなどが一般的な方法です。ただし、先ほども言ったように妊娠中は肌が敏感になっていますので、刺激になる物質、薬物は使わないほうがベター。たとえば、日焼け止めクリームには有機化合物である紫外線吸収剤を配合したものと、ノンケミカルの紫外線散乱剤のみを使ったものとがありますが、妊娠中は紫外線吸収剤を含まないものを選ぶとよいでしょう。

 シミ、ソバカスができやすい人、日焼けしやすい人などは化粧水、乳液など基礎化粧品もホワイトニング効果のあるものを使うのもよいかもしれません。


肌が敏感になる妊娠中は
スキンケア用品選びも配慮して

 妊娠中は肌が過敏になる人が多いので、それまでと同じスキンケアをしていると、トラブルが起こることがあります。こういうときは、これまで使っていた化粧品の使用をストップして、場合によっては敏感肌用のより刺激の少ない化粧品に切り替えたほうがよいかもしれません。次に、妊婦さんのスキンケアで気をつけるべきポイントを簡単にあげておきましょう。

1・
肌にかゆみを感じたり、肌荒れがする
→これまで使っていた化粧品の使用をストップ。様子を見て、少量ずつ使って本当に化粧品が原因かどうか確認を。化粧品が合わないようであれば、より低刺激の化粧品に替えてみましょう。

2・つわりで化粧品のにおいがイヤ
→無香料の化粧品や自分で大丈夫だと思えるよりおだやかな化粧品を使いましょう。

3・シミ、ソバカスが増えた!
→サンスクリーンなどで、紫外線をカットして、増加を防ぐようにします。できてしまったシミ、ソバカスには、そのケア用の美容液などでケアを。また肌の回復を助けるためビタミンCやタンパク質を積極的に摂るよう心がけましょう。

4・肌が荒れてしまった
→妊娠中だからと手ぬきせず、化粧水と乳液の両方を使って、水分と油分をしっかり補給しましょう。肌あれがひどいときは、より保湿力の高いクリームに切り替えても。

5・ニキビや吹き出物ができてしまった
→ニキビ用のスキンケア用品を用いてみましょう。思春期にできるニキビと違って、皮脂過剰を伴わない場合もあるので、過度に脂分を取り除きすぎないで、モイスチャーバランスを維持するよう心がけましょう。



お気に入りに追加

コンシェルからあなたへ

新着情報

  • 1才6カ月~3才ごろの甘え泣き、イヤイヤ泣きとどうつきあう?

    赤ちゃんに逆戻りしたような甘え泣き、気分屋のようなイヤイヤ泣きは、大人がじょうずにつきあってあげることが大切です。時にはとことんつきあい、時には作戦をとり入れて乗り切っていきましょう。 【1才6カ月~2才ごろの甘え泣き】赤ちゃんがやりたいことと親の都合が...

  • パパと一緒に乗り越えよう!赤ちゃんの夜泣きの対策

    新米のママにとって、赤ちゃんの夜泣きが始まると、どう対応すればいいのか分からずオロオロしてしまうことも。なかなか泣き止まないと、ママの睡眠時間も短くなってしまい体力が消耗してしまいます。ここでは、赤ちゃんの夜泣きの原因と対処法をご紹介します。 夜泣きって...

  • 清水克彦の「頭のいい子が育つママとパパの習慣」~第27回 お父さん、お母さんの情報とのつき合い方が重要

    ←第26回 バラエティー番組派?ニュース番組派? 活字を読む習慣を  子どもに、思考力や判断力、表現力をつけさせるには、家庭環境も重要なカギとなります。幼少期や学童期の子どもは、お父さんやお母さんの姿勢を見ていますから、知らずしらずのうちに...

  • 詳しく知りたい!出生前診断で分かることとリスクについて

    出生前診断には何種類かの方法があり、受けることで染色体異常や先天性の病気などが分かります。妊娠9週位から18週位までの間に行いますが、いろいろなリスクがあることも事実です。診断の結果、赤ちゃんに異常が認められた場合どう受け止めるか、夫婦でよく話し合っておく...

  • 尿もれ&セックス、だれにも言えない産後の下半身のお悩み解決法

    出産が終わってほっとしたのもつかの間。産後のママは、尿もれやパパとのセックスなど、まわりに相談しにくい悩みを抱えることも多いもの。そんなお悩みを解決するヒントをご紹介します。 尿もれに効く骨盤底筋体操 産後1カ月のママの8~9割に、尿もれ体験がある...

  • 2人目の妊娠…ママの体はどうケアする?

    2人目の妊娠は、何もかも初めての経験の初産と違って慣れていることもありますが、まだ小さい赤ちゃんのお世話をしながら対処しなければいけないので結構たいへんです。ここでは、上の子の年齢によって、2人目を妊娠したママが気を付けたいことをご紹介します。 上の子の...

  • スキンシップが大事!上の子と上手にコミュニケーションをとる方法

    2人目の妊娠がわかったら、上の子のお世話が今までのようにできなくなる心配が出てきますよね。安定期に入るまでは、重いものを持つなど無理は禁物。ではどのようにコミュニケーションをとってあげると良いのでしょうか。 抱っこができない時期を乗り越えるには? 上の...

  • 切迫早産

    妊娠してからの検診は、赤ちゃんの様子が見られるので毎回楽しみでした。 今まで何にも言われなかったのに、25週の検診で先生から 「安静にしておいた方がいいですよ」 と言われ、仕事も辞め、お家でのんびりと過ごしました。 次の検...

おすすめ情報

パートナー紹介




おすすめ情報



gooのお知らせ
品川シーズンテラス今春、いよいよ誕生!品川駅港南口から徒歩6分。国際ビジネス拠点のランドマーク「品川シーズンテラス」
いまgooいまgoo「いま」の話題が楽しめる「いまgoo」、おもわず話したくなる話題で、楽しむ・シェアする・盛り上がる!
一番安い自動車保険は?一番安い自動車保険は?《利用者800万人突破》最大21社に無料で一括見積もり。安くなった平均額は30,597円!
goo電子書籍特集とある家庭のペットとして暮らす魔王と、その飼い主である少年の物語。ときに隣の家の勇者におびえ――。