ホルモンの影響でシミやソバカスができやすくなります






産婦人科医編 第三回
植野産婦人科医院 植野 信水 先生
『妊娠』は神秘的で、すばらしい奇跡。
妊娠できた喜びをいつも心に留めて、
ゆったりと毎日を過ごしてほしいですね。



ホルモンの影響でシミや
ソバカスができやすくなります

 つわりによる吐き気や食欲不振、おなかのはり、貧血、腰痛、頻尿、便秘、足がつる、などなど、妊娠に伴って体にはさまざまなマイナートラブルや不調が出てきます。治療や生活習慣の改善などでよくなるものもありますが、妊娠に伴う生理的現象であることも多く、妊娠中はある程度仕方のない場合も…。
シミやそばかすができやすいのも、妊娠に伴う悩みのひとつですね。ドクターへの相談には直接上がってくることは少ないものの、美白ブームの昨今、多くの妊婦さんが日焼け、シミ、ソバカス対策には気を使っているようです。

 多くの妊婦さんが経験しているように、妊娠中はシミやソバカスができやすくなります。それは妊娠に伴うホルモンの影響だと考えられています。シミ、ソバカスはメラニン色素が集まってできるもの。メラニン色素というのは、皮膚の表面(表皮)にあるメラノサイトという色素細胞が働いて生成されます。この細胞の数というのは妊娠したからといって変わらないのですが、妊娠して分泌量が増えるエストロゲン、プロデステロンというホルモンの影響によって、その活動が活発になり、メラニン色素の生成が促進されてしまうのです


 つまり、このメラノサイトという色素細胞の活動を抑えればメラニン色素の生成が抑えられる=シミ、ソバカスが予防できる、というわけ。そして、メラノサイトが活発に活動するのは紫外線があたったときなので、紫外線の予防が大事になってくるわけです。

 また妊娠中はふだんよりも肌が過敏になっています。日光に対する過敏性も増加しているので、日に当たるだけで発疹ができてしまうこともあるので、肌の健康を守るという意味でも妊娠中はしっかりと紫外線対策をするとよいでしょう。

 とくに5月から8月は紫外線が非常に強い時期です。晴れた日の紫外線の強度を見ると、真夏よりも6月、7月の今ごろが最も強いのだそうです。ですから梅雨時でも油断は禁物。雨の降っている日はともかく、あまり晴れていないと感じるときでも、真夏に外出するときと同じように紫外線対策をするとよいでしょう。また時間帯でいうと、10〜13が要注意。この時間帯をなるべく避けて外出するほうがよいでしょう。



肌が敏感になるので
  紫外線吸収剤を含まないものを

 外出時に紫外線を浴びないようにするには、物理的に日光を遮断します。つまり日傘や日よけの帽子をかぶる、日焼け止めクリームを使う、紫外線をカットするファンデーションを使うなどが一般的な方法です。ただし、先ほども言ったように妊娠中は肌が敏感になっていますので、刺激になる物質、薬物は使わないほうがベター。たとえば、日焼け止めクリームには有機化合物である紫外線吸収剤を配合したものと、ノンケミカルの紫外線散乱剤のみを使ったものとがありますが、妊娠中は紫外線吸収剤を含まないものを選ぶとよいでしょう。

 シミ、ソバカスができやすい人、日焼けしやすい人などは化粧水、乳液など基礎化粧品もホワイトニング効果のあるものを使うのもよいかもしれません。


肌が敏感になる妊娠中は
スキンケア用品選びも配慮して

 妊娠中は肌が過敏になる人が多いので、それまでと同じスキンケアをしていると、トラブルが起こることがあります。こういうときは、これまで使っていた化粧品の使用をストップして、場合によっては敏感肌用のより刺激の少ない化粧品に切り替えたほうがよいかもしれません。次に、妊婦さんのスキンケアで気をつけるべきポイントを簡単にあげておきましょう。

1・
肌にかゆみを感じたり、肌荒れがする
→これまで使っていた化粧品の使用をストップ。様子を見て、少量ずつ使って本当に化粧品が原因かどうか確認を。化粧品が合わないようであれば、より低刺激の化粧品に替えてみましょう。

2・つわりで化粧品のにおいがイヤ
→無香料の化粧品や自分で大丈夫だと思えるよりおだやかな化粧品を使いましょう。

3・シミ、ソバカスが増えた!
→サンスクリーンなどで、紫外線をカットして、増加を防ぐようにします。できてしまったシミ、ソバカスには、そのケア用の美容液などでケアを。また肌の回復を助けるためビタミンCやタンパク質を積極的に摂るよう心がけましょう。

4・肌が荒れてしまった
→妊娠中だからと手ぬきせず、化粧水と乳液の両方を使って、水分と油分をしっかり補給しましょう。肌あれがひどいときは、より保湿力の高いクリームに切り替えても。

5・ニキビや吹き出物ができてしまった
→ニキビ用のスキンケア用品を用いてみましょう。思春期にできるニキビと違って、皮脂過剰を伴わない場合もあるので、過度に脂分を取り除きすぎないで、モイスチャーバランスを維持するよう心がけましょう。



お気に入りに追加

コンシェルからあなたへ

新着情報

  • さまざまな妊婦健診…超音波検査やGTT検査ってどんなもの?

    妊娠すると、産院で定期的に妊婦健診や検査を受けるようになります。妊婦健診は、赤ちゃんの成長や異常がないかを知るために必要なもの。毎回行う問診、内診、体重・血圧測定、尿検査、超音波検査に加えて血液検査も4回くらい行われます。ここでは超音波検査や尿検査について...

  • 清水克彦の「頭のいい子が育つママとパパの習慣」~第29回 学びのタネは外にある

    ←第28回 オリンピックで子どもは伸ばせる まず親が外に出よう  初夏を迎え、この連載を目にされている皆さんや皆さんのお子さんで、この春から新たな部署や新たな学校に身を置くことになった方々も、それぞれの環境に慣れてきた頃かと思います。  ...

  • 卒乳・断乳しないとどうなる?卒乳は赤ちゃんの自立の一歩

    ミルクだけに頼っていた赤ちゃんの乳離れを、断乳や卒乳といいます。離乳という呼び方もありますが、どれも意味は同じで、赤ちゃんがおっぱいも哺乳瓶も卒業すること。いつまで子どもにおっぱいをあげてもいいのか、ママも悩むところですが、もしも適当な時期に断乳しないとど...

  • 男の子女の子を伸ばす育て方は、それぞれの違いを知ることから!

    周囲に対して敏感な「女の子」、のめり込みやすい「男の子」。身長や体重、体つきだけでなく、赤ちゃんの時代から脳も違います。それぞれを伸ばし、育てていくために性差を知っておきましょう。 男の子と女の子は胎児のときから違います ママのおなかにいるとき、赤ちゃ...

  • 夜泣きがつらい?!乗り越える方法を伝授します!

    赤ちゃんを育てる毎日はとても大変ですね。普通に世話をしているだけでも疲れます。特に夜泣きのある赤ちゃんの場合、ママも泣きたくなるほどのつらさとなります。ただ耐えているだけではつらい毎日が続くことに。夜泣きのつらさを乗り越えるための方法をご紹介します。 睡...

  • いつもと違う?!妊娠中におりものの異常を感じたら

    妊娠中は体にさまざまな変化が生じることもありますが、おりものがいつもと違うと感じたら、それは受診のサイン。デリケートなことだけについ我慢しがちですが、妊娠中だからこそ、早めの処置が必要なケースもあるためです。 妊娠中のおりもの異常は気づいたら受診を! ...

  • 初産。医師への伝え方。順調なマタニティライフが一転、突如、入院生活へ。

    初産です。妊娠中期20週の時、突如、オリモノに血が混じり、慌てて受診すると即入院になりました。 そこで学んだ事をお伝えできたらなぁと思います。 入院時、診断は膣の細菌感染と切迫早産でした。 思い返せば、13週頃に夜横になりお腹を...

  • しっかり受けよう!予定日前後の健診でわかることは?

    ママにとって予定日前後の生活も慌ただしいもの。お産当日にあわてなくて済むように、入院の準備もしっかりとしておきましょう。急なことにも対応できるように、母子健康手帳や健康保険証、産院の診察券などは常に持ち歩くようにするといいですね。ここでは、予定日前後の健診...

おすすめ情報

パートナー紹介




おすすめ情報



gooのお知らせ
品川シーズンテラス今春、いよいよ誕生!品川駅港南口から徒歩6分。国際ビジネス拠点のランドマーク「品川シーズンテラス」
いまgooいまgoo「いま」の話題が楽しめる「いまgoo」、おもわず話したくなる話題で、楽しむ・シェアする・盛り上がる!
一番安い自動車保険は?一番安い自動車保険は?《利用者800万人突破》最大21社に無料で一括見積もり。安くなった平均額は30,597円!
goo電子書籍特集とある家庭のペットとして暮らす魔王と、その飼い主である少年の物語。ときに隣の家の勇者におびえ――。