お宮参り

ところ変われば?! 日本の赤ちゃんの歳時記
お宮参り
 お宮参りとは、赤ちゃんが生まれた土地の守り神「産土神(うぶすながみ)」に初めてお参りし、氏子の仲間入りをさせてもらうという、鎌倉・室町時代から続く風習です。さんは穢れたものと考えられていたため、お宮参りは「忌明け」ともされていました。
 お宮参りを行う日は、男の子は生後31日目、女の子は32日目、というのが一般的ですが、地域のしきたりによって男女ともに50日目、100日目とするところもあります。ただし、何よりも赤ちゃんやママの健康状態が一番。その前後の休日にしたり、体調・天候を考慮していくのがよいでしょう。
 当日は父方、または母方の祖母が、白羽二重のうち儀を着た赤ちゃんを抱き、その上に、祝い着を羽織らせて、結びひもで抱いている祖母の首に回して止めます。産後間もない母親は、そばに付き添うだけです。
 祝い着は、男の子には黒や紺の地色の羽二重地に染め抜き五つ紋。松や鶴、鷹や武者などの図柄を配したもの。女の子にや、ピンクや朱色のりんずやちりめん地に、花や超、手まりなどの友禅模様のもの。母方の実家が贈るのがしきたりとされています。しかし現在では、レンタルを利用したり、のちのち外出着に使えるベビードレスが人気のようです。家族の服装も本来は、色無地の紋付や留袖などの正装ですが、赤ちゃんがドレスなら、両親や祖母もスーツやワンピースを着ることが多いようです。
 神社では、神主の祝詞とお払いを受け、玉串をささげて、子どもの健やかな成長を祈願し、その際、「御初穂料」の表書きで祈祷料を収めます。神社からいただいたお神酒やお札、お守りは自宅の神棚に供え、その後親戚やお世話になった家へ、お礼の挨拶に回り、内祝いの品を配り、帰宅後近親者で祝いの膳を囲みます。ただ、赤ちゃんとママには大きな負担にもなるので、内祝いはデパートから配送し、レストランで会食することが多いようです。
 両家の家族でお祝いしたよという人、パパとママと赤ちゃんだけでお祝いしたよという人、写真館でバッチリ記念撮影した人、地域や家庭によって祝い方もさまざまでしょうね。




●写真館で家族全員で記念撮影!
でも、主役の息子はzzz……

東京都・まーたんママ

お宮参りは、双方の両親と夫婦で行きました。場所は、私のお宮参りをした神田明神。当日、家族全員で写真を撮ろうと写真館へ向かったら、気持ちよく寝てしまった息子は、写真屋さんが起そうと大きな音を耳元で鳴らしても、びくともせずzzz……。結局、息子は寝顔の写真になってしまいました。今となっては笑える思い出です。


●上の子もいるから夫婦二人で
てんてこ舞いのお宮参りに!!

埼玉県・プンさん

おじいちゃん、おばあちゃんが遠方の為、家族だけで八幡宮で行いました。服装は、赤ちゃんはベビードレス、両親はスーツで。撮影は別の日に写真館にて済ませました。費用は、写真代が1万5000円、祈祷料に5000円を納めました。何しろ家族だけなので、記念のスナップやビデオ撮影をしっかりしたいのに、夫婦のうち1人は赤ちゃんを抱いているし、上の子はいるしで手が足りないので、毎回行事の際はてんてこ舞いです。そういうことも考えて、おばあちゃん、おじいちゃんが一緒に行なうのが一般的なのかな……と思いました。「赤ちゃんを抱いている人が首にかける帯」を、間違えて「赤ちゃんの首にかけて」祈祷してもらっていたのには赤面でした(笑)。






●夫の転勤で生後6カ月まで延期に
「思い立ったが吉日」で出かけました

静岡県・冬馬ちゃんさん

冬に産まれたので、1カ月で外に連れ出すのも心配だったため、首も座る春頃にお宮参りする予定だったのですが……。急きょ主人の仕事の関係で引越しが決まり、それどころじゃなくなってしまい、結局、6カ月になってから行きました。しかも、「あ! 今日行くか!」って感じで。主人の実家の近くの神社に行こうと決めていたので、行きは普段着で、現地に着いたら車の中で着替えようと、スーツを持って出かけました。偶然にも大安で天気も良くホッとしていたら、なんと、2人とも運動靴で来てしまいました! まあ、行事は屋内だったので助かりましたけど。



●おばあちゃんお手製!!
愛情たっぷりのセレモニードレスで

千葉県・こあらくだぱんだ

生後1カ月めの日曜が、ちょうど大安吉日だし……。ということで、双方の両親と共に、普段から主人実家がよく使っている、市川市の中山法華経寺というお寺にお宮参りに行ってきました。安産の御祓いもしていただいていたので、その御札も返してきましたよ。暑い日(7月2日)だったこともあり、カジュアルな服装で。みんなちょっとだけおめかしして(コンサートに行くくらい……かな?)。赤ちゃんは、3年ほど前に甥が生まれた際に私の母が作った、お手製のセレモニードレス。購入すると数万円かかるものもあるようですが、それにも負けない素敵なもので、しかも愛情のこもったドレス。着せる私もとても嬉しかったです。掛かった金額は御祓いに5000円、それから主人の実家に帰ってからいただいた仕出しのお弁当代くらいでしょうか(まだ赤ちゃんが小さく、あまり外食には行きたくなかったので……)。写真はスナップ写真にしました。息子は最初から最後までずっと眠りこけていましたが(笑)。また涼しくなった頃に、息子にはもう一度セレモニードレスを着せて私と主人と3人で、スタジオで記念写真を撮ってもらおうかと思っています。










●お宮参り当日は乳児湿疹がひどく、
100日祝いに写真館で記念撮影☆

福岡県・macky0516さん

生後31日目に家族3人でお宮参りは済ませたものの、当日スゴイ強風だったため、かなり簡単にお参りをして帰って来ました。また本当は写真館で撮影も考えていたのですが、その頃息子は乳児湿疹がひどく、また目も見えていない時期だったので後日に延期…(+_+)
先月100日祝いがあったので、再度家族3人でお参りに行き、写真も3人で撮って来ましたぁ☆ そして、夜はお食い初めも無事しませましたょ〜!!

お気に入りに追加

コンシェルからあなたへ

新着情報

  • さまざまな妊婦健診…超音波検査やGTT検査ってどんなもの?

    妊娠すると、産院で定期的に妊婦健診や検査を受けるようになります。妊婦健診は、赤ちゃんの成長や異常がないかを知るために必要なもの。毎回行う問診、内診、体重・血圧測定、尿検査、超音波検査に加えて血液検査も4回くらい行われます。ここでは超音波検査や尿検査について...

  • 清水克彦の「頭のいい子が育つママとパパの習慣」~第29回 学びのタネは外にある

    ←第28回 オリンピックで子どもは伸ばせる まず親が外に出よう  初夏を迎え、この連載を目にされている皆さんや皆さんのお子さんで、この春から新たな部署や新たな学校に身を置くことになった方々も、それぞれの環境に慣れてきた頃かと思います。  ...

  • 卒乳・断乳しないとどうなる?卒乳は赤ちゃんの自立の一歩

    ミルクだけに頼っていた赤ちゃんの乳離れを、断乳や卒乳といいます。離乳という呼び方もありますが、どれも意味は同じで、赤ちゃんがおっぱいも哺乳瓶も卒業すること。いつまで子どもにおっぱいをあげてもいいのか、ママも悩むところですが、もしも適当な時期に断乳しないとど...

  • 男の子女の子を伸ばす育て方は、それぞれの違いを知ることから!

    周囲に対して敏感な「女の子」、のめり込みやすい「男の子」。身長や体重、体つきだけでなく、赤ちゃんの時代から脳も違います。それぞれを伸ばし、育てていくために性差を知っておきましょう。 男の子と女の子は胎児のときから違います ママのおなかにいるとき、赤ちゃ...

  • 夜泣きがつらい?!乗り越える方法を伝授します!

    赤ちゃんを育てる毎日はとても大変ですね。普通に世話をしているだけでも疲れます。特に夜泣きのある赤ちゃんの場合、ママも泣きたくなるほどのつらさとなります。ただ耐えているだけではつらい毎日が続くことに。夜泣きのつらさを乗り越えるための方法をご紹介します。 睡...

  • いつもと違う?!妊娠中におりものの異常を感じたら

    妊娠中は体にさまざまな変化が生じることもありますが、おりものがいつもと違うと感じたら、それは受診のサイン。デリケートなことだけについ我慢しがちですが、妊娠中だからこそ、早めの処置が必要なケースもあるためです。 妊娠中のおりもの異常は気づいたら受診を! ...

  • 初産。医師への伝え方。順調なマタニティライフが一転、突如、入院生活へ。

    初産です。妊娠中期20週の時、突如、オリモノに血が混じり、慌てて受診すると即入院になりました。 そこで学んだ事をお伝えできたらなぁと思います。 入院時、診断は膣の細菌感染と切迫早産でした。 思い返せば、13週頃に夜横になりお腹を...

  • しっかり受けよう!予定日前後の健診でわかることは?

    ママにとって予定日前後の生活も慌ただしいもの。お産当日にあわてなくて済むように、入院の準備もしっかりとしておきましょう。急なことにも対応できるように、母子健康手帳や健康保険証、産院の診察券などは常に持ち歩くようにするといいですね。ここでは、予定日前後の健診...

おすすめ情報

  • お七夜・命名式

    赤ちゃんの生後7日目が「お七夜」です。昔は生後すぐの死亡率が高かったため、1週間たてば一安心と、盛大にお祝いを行ったようです。法律上は、生後14日間のうちに赤ちゃんの名前を届け出ればOKです。  赤ちゃんが生まれた家の当主は、親戚などを招き、一族の長...

  • お食い初め

     「お食い初め」とは、生後100日目に赤ちゃんに初めて食べ物を与える儀式のことです。地域によっては110日目、120日目などに行うところもあり、「箸ぞろえ」「箸始め」「歯固め」とも呼ばれます。このころは、離乳食の開始時期で、早い子は歯の生え始める時期であ...

  • ところ変われば?! 日本の赤ちゃんの歳時記 - 満1才

    ●一升餅でお祝い! 泣きながら担いでハイハイ 埼玉県・りんたのママ 私たち家族と、両家の祖父母、主人の弟一家と一緒にお祝いしました。料理はいつもより少し豪勢にして、ケーキは4000円くらいのものを、プレゼントはサッカーボールでした。一升餅...

パートナー紹介




おすすめ情報



gooのお知らせ
品川シーズンテラス今春、いよいよ誕生!品川駅港南口から徒歩6分。国際ビジネス拠点のランドマーク「品川シーズンテラス」
いまgooいまgoo「いま」の話題が楽しめる「いまgoo」、おもわず話したくなる話題で、楽しむ・シェアする・盛り上がる!
一番安い自動車保険は?一番安い自動車保険は?《利用者800万人突破》最大21社に無料で一括見積もり。安くなった平均額は30,597円!
goo電子書籍特集とある家庭のペットとして暮らす魔王と、その飼い主である少年の物語。ときに隣の家の勇者におびえ――。