母乳の出る仕組みを知ろう

第1回目は、母乳が作られる仕組みを解説します。自分の胸に、今なにが起こっているのかを知ることから始めましょう。

母乳を出すために、お母さんの体の中では、妊娠中からさまざまな準備が進んでいます。たとえば胎盤から分泌されるエストロゲン(卵胞ホルモン)やプロゲステロン(黄体ホルモン)は、妊娠を維持するだけでなく、母乳を作るために必要な乳腺組織を発達させます。この乳腺組織が、母乳を作るための「おっぱい工場」のようなところ。その工場で、脳から分泌されたプロラクチンというホルモンの働きにより、乳汁が作られます。作られた乳汁はオキシトシンというホルモンの働きで絞り出されて分泌します。

しかし、妊娠中は胎盤から分泌される多量のホルモンのために、プロラクチンの作用は抑えられているので、まだ母乳は出てきません(人によっては出ることもあります)。

お気に入りに追加

コンシェルからあなたへ

新着情報

おすすめ情報

  • Q:サラサラなおっぱいがいいの?

    A:出始めのサラサラおっぱいから、脂肪分の多いおっぱいまで 「サラサラしている母乳は質がよい」という説も聞きますが、これも科学的な根拠はありません。もともと母乳は88%が水分でできています。食事内容がコッテリでも粗食でも、ママが極端な栄養失調にならない限り、母...

  • 間隔はベビーの様子に合わせて

    第5回目は、意外と知らない母乳の知識や、授乳中の薬などについて知っておきたいことを解説します。 お産が終わってひと安心、そこからが母乳育児の始まりです。出産後なるべく早く乳首を吸わせ、乳腺組織(おっぱい工場)に母乳を作る指令を出すことが大切。早期から何回も吸わ...

  • Q:出産すれば誰にでもすぐに母乳が出るの?

    A:出産直後からベビーに頻繁に吸ってもらうことが大切 妊娠中から母乳を作る準備はされていますが、だからといって産後、誰もがうまく母乳が出るわけではありません。ベビーも初めはうまく吸えないので、ふたりで一緒に練習する期間が必要です。ベビーは2~3日くらいおっぱい...

パートナー紹介




gooのお知らせ
おもいやり食堂gooヘルスケア「おもいやり食堂」今月は、「鮭ときのこのホイル焼きバター醤油」。きのこは低カロリーで食物繊維がたっぷり。旨味たっぷりのきのこで美味しくカロリーダウンできる!
いまgooいまgoo「いま」の話題が楽しめる「いまgoo」、おもわず話したくなる話題で、楽しむ・シェアする・盛り上がる!
goo恋愛&結婚goo恋愛&結婚恋愛から結婚まで、婚活情報が満載!
災害用伝言サービスから節電サポートまでNTTグループ内の災害対策リンク集で、万が一のための情報を知っておこう。
パピレスgoo電子書籍特集人間に恋した人魚姫は、黒い悪魔Jの助けで脚を手に入れたけれど…。