母乳の出る仕組みを知ろう

第1回目は、母乳が作られる仕組みを解説します。自分の胸に、今なにが起こっているのかを知ることから始めましょう。

母乳を出すために、お母さんの体の中では、妊娠中からさまざまな準備が進んでいます。たとえば胎盤から分泌されるエストロゲン(卵胞ホルモン)やプロゲステロン(黄体ホルモン)は、妊娠を維持するだけでなく、母乳を作るために必要な乳腺組織を発達させます。この乳腺組織が、母乳を作るための「おっぱい工場」のようなところ。その工場で、脳から分泌されたプロラクチンというホルモンの働きにより、乳汁が作られます。作られた乳汁はオキシトシンというホルモンの働きで絞り出されて分泌します。

しかし、妊娠中は胎盤から分泌される多量のホルモンのために、プロラクチンの作用は抑えられているので、まだ母乳は出てきません(人によっては出ることもあります)。

お気に入りに追加

コンシェルからあなたへ

新着情報

おすすめ情報

  • Q:出産すれば誰にでもすぐに母乳が出るの?

    A:出産直後からベビーに頻繁に吸ってもらうことが大切 妊娠中から母乳を作る準備はされていますが、だからといって産後、誰もがうまく母乳が出るわけではありません。ベビーも初めはうまく吸えないので、ふたりで一緒に練習する期間が必要です。ベビーは2~3日くらいおっぱい...

  • Q:母乳とミルクの違いって?

    第2回目は、母乳育児デビューを考えている妊婦さんが不安に思いがちな疑問から、主な3つについて村上先生に聞いてみました。 A:母乳には免疫物質など、さまざまなメリットが! 母乳の成分は出始めと終わりで違い、人によっても違っています。未熟児のお母さんには、未熟児に...

  • 授乳中のお酒やたばこ、薬は?

    授乳中とはいえ、体調の悪いときや息抜きが必要な時もあります。薬やお酒は、どの程度母乳に影響するのでしょうか? 授乳中に薬はダメだから我慢し、薬を飲むときは母乳をやめなければ、と思っていませんか?ほとんどの薬は授乳を続けることができます。母乳を中断しなければなら...

パートナー紹介