母乳の出る仕組みを知ろう

第1回目は、母乳が作られる仕組みを解説します。自分の胸に、今なにが起こっているのかを知ることから始めましょう。

母乳を出すために、お母さんの体の中では、妊娠中からさまざまな準備が進んでいます。たとえば胎盤から分泌されるエストロゲン(卵胞ホルモン)やプロゲステロン(黄体ホルモン)は、妊娠を維持するだけでなく、母乳を作るために必要な乳腺組織を発達させます。この乳腺組織が、母乳を作るための「おっぱい工場」のようなところ。その工場で、脳から分泌されたプロラクチンというホルモンの働きにより、乳汁が作られます。作られた乳汁はオキシトシンというホルモンの働きで絞り出されて分泌します。

しかし、妊娠中は胎盤から分泌される多量のホルモンのために、プロラクチンの作用は抑えられているので、まだ母乳は出てきません(人によっては出ることもあります)。

お気に入りに追加

コンシェルからあなたへ

新着情報

おすすめ情報

  • 間隔はベビーの様子に合わせて

    第5回目は、意外と知らない母乳の知識や、授乳中の薬などについて知っておきたいことを解説します。 お産が終わってひと安心、そこからが母乳育児の始まりです。出産後なるべく早く乳首を吸わせ、乳腺組織(おっぱい工場)に母乳を作る指令を出すことが大切。早期から何回も吸わ...

  • Q:乳首(乳頭)の形って、おっぱいに影響するの?

    A:ベビーに吸ってもらえば大丈夫 陥没乳首(引っ込んでいる)や扁平乳首(平らで出っ張っていない)の場合は、妊娠中に矯正する手入れが必要だという考え方もあります。しかしその方法が有効であるというはっきりしたデータはありません。妊娠10ヶ月になると、乳首の組織は伸...

  • Q:母乳ばかりだと、哺乳瓶を嫌がるようになるの?

    A:少し練習すれば大丈夫。スプーンやコップでも 保育園などに預けて働き始める場合、哺乳瓶で飲めるように練習をしてください、と言われることが多いですね。しかし、そのために早い時期から哺乳瓶を使うのはおすすめしません。母乳とは飲み方が違うためにベビーが混乱すること...

パートナー紹介




gooのお知らせ
おもいやり食堂gooヘルスケア「おもいやり食堂」夏は冷たい飲み物やエアコンで身体を冷やしすぎになりがち。熱いクッパで夏バテを予防しましょう!
いまgooいまgoo「いま」の話題が楽しめる「いまgoo」、おもわず話したくなる話題で、楽しむ・シェアする・盛り上がる!
SIM入門スマホをお得に!SIMフリー端末、格安SIM情報あなたのスマホライフに使える、役立つ、得する情報をお届けします
災害用伝言サービスから節電サポートまでNTTグループ内の災害対策リンク集で、万が一のための情報を知っておこう。
パピレスgoo電子書籍特集私は大人になる為の一歩を踏み出す踏み入れてはいけない禁断の地へ…倉科遼×ハヅキが届ける物語!!